HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2021年6月 2日 配信

【女ゴコロ】 Vol.256「バッグを買ったら社会貢献してた件」

 

◆◇…女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.256:2021.6.2)…◇◆

 

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

・女ゴコロを学ぶ Vol.256

「バッグを買ったら社会貢献してた件」

 

・編集後記

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Vol.256「バッグを買ったら社会貢献してた件」

 

─────────────────────────────────

 

 

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。

 

最近、ビジネスバッグを新調しました。

 

そろそろ買い換えたいと思い始めて1年とちょっと。

 

やっとやっと実現しました。

 

そんな大げさなと思われる方もいらっしゃると思いますが

 

女性向けの荷物がたくさん入って

ファッション性の高いビジネスバッグを探すのは至難の業。

 

しかも普段よく新入荷をチェックしていたブランドのお店が

退店するという不運も重なり途方にくれていたのです。

 

ある日、ふらりと立ち寄った商業施設。

 

なんだか気になると足を止めた店舗には

普段あまり目にしないような

機能的でおしゃれなビジネスバックが

たくさん並んでいました。

 

・豊富な色やデザインの展開

・インナーにクッション付きのパソコン収納ポケット

・大容量だけどエレガントに見える工夫

・スマホやICカードなど小物を入れられる複数のポケット

・バッグの中身が外から見えない工夫

 

などなど

 

今まで探しても探しても

なかなか巡り合えなかったニーズを満たすバッグたちに出会い

軽く衝撃を受けながら

 

何度も何度も手持ちの荷物を入れて収納性や形を確認したり

 

肩から下げて鏡の前に立ち

クローゼットの服たちとコーディネイトしやすいかなどを想像し

 

吟味に吟味を重ねてお気に入りの1点を無事購入することができました。

 

そして

 

雨や汚れの染み込みを防ぐため

プロテクトクリームを塗ってくれるというので

 

ソファに掛けてテーブルのリーフレットを手に取り初めて

 

そのお店が「マザーハウス」だったということに気づきました。

https://www.mother-house.jp/

 

マザーハウスといえば代表の山口絵理子さんが

滞在先のバングラディッシュの貧困を目の当たりにし、2006年に

「途上国から世界に通用するブランドをつくる」という理念を掲げて

立ち上げたブランド。

 

この店がそうだったのか…。

 

 

以前、山口さんが何かの取材でこんなことをおっしゃっていました。

 

 

「バングラデシュへの同情やマザーハウスへの応援の気持ちではなく

ほかのアパレルブランドと同じようにファッションとして

バッグを買ってもらうために、クオリティには徹底的にこだわりました。

そうすることが、「援助」ではなくビジネスとして発展的に

「働く先を作る」こと、そしてバングラデシュ人が誇りを持つことに

つながると信じたからです。」

 

 

今、企業の社会貢献、SDGsへの取り組みが盛んです。

 

そうすることが正しくても、結果

 

不便だったり、おしゃれじゃなかったり、美味しくなかったりだと

世の中に根付き、広まることは難しいでしょう。

 

 

同じ品質、価格なら社会貢献につながる方を選ぶ。

もちろんそういう消費者は増えてきてはいますが

 

 

「買いたい!」と思う動機のはじめに来るものは

 

便利!おしゃれ!おいしい!というニーズを満たすもの。

 

そこへのこだわりに深い共感があって「欲しい」という動機に繋がり

 

さらに「買う」ことがただの消費ではなく

よりよい世の中をつくる一助にもつながるという感覚が

今、広がりつつある「消費することへの罪悪感」から消費者を開放し

背中を押すのだと思うのです。

 

欲求を満たすために買い物をしたら、結果、社会貢献していた。

だからその買い物を肯定できる。自分自身を肯定できる。

 

そういう感覚が重要だと思うのです。

 

 

▽ 過去のメルマガバックナンバーはこちら ▽

http://www.onnagokoro.com/mailmag/backnumber/

 

 

 

女ゴコロマーケティング研究所では

『女性向け商品開発プロジェクトのコンサルティング』を行っています。

 

女性マーケティングや女性プロジェクトの進め方に関するご相談や社内研修

プロジェクトに伴走しながら適宜アドバイスを行うコンサルティング等

課題に合わせてサポートをいたしますのでご相談ください。

 

■ご相談は

https://www.onnagokoro.com/inquiry/

 

 

 

 

━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

今回のメルマガを書きながら10数年前に訪れた沖縄のカフェのことを

思い出しました。沖縄の海の絶景を望むそのカフェのカレーが衝撃を

受けるほど美味しくずっと記憶に残っていたら、たまたまANAの

機内誌でそのカフェの経営母体、ウコンなど健康食品を製造販売する

会社の社長インタビューを見かけたのです。そこには、提供している

メニューをことさら「健康にいい」と訴求することはしていない。

食べて一人でも健康になって欲しいと考えた時、一番にすべきことは

おいしさを追求すること。健康にいいからが一番の動機になっては

続かないし、広がらない。驚くほどおいしくて、結果、身体にも

よければ、自然と何度でも食べたくなって、たくさんの人に広まって

より多くの人の健康に寄与できると考えています。そんな内容だった

と思います。当時はまだまだ「身体にいいもの=おいしくない」

という商品が多かった中でとても印象に残った記事でした。

仕事柄、商品開発や販売促進の相談をよくいただくのですが

商品を目の前にし、その価値を考えるとき、ふとその社長の言葉を

思い出します。 木田

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽購読変更・配信の停止を希望される方は…▽

☆コチラから ⇒  https://www.onnagokoro.com/mailmag/

 

▽このメルマガのバックナンバーは…▽

☆コチラから ⇒  https://www.onnagokoro.com/mailmag/backnumber/

─────────────────────────────────

■発行責任■

株式会社女ゴコロマーケティング研究所 所長 木田 理恵

https://www.onnagokoro.com/

〒541-0046 大阪市中央区平野町2-2-12

TEL: 06-7178-0525

☆このメルマガに関する感想・お問合せは info@onnagokoro.com まで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

\ お気軽にご相談・お問い合わせください /

女性マーケティング・
企業研修・コンサルティングのお問合せは

06-7178-0525 お問合せフォーム

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪

「女ゴコロをつかむメルマガ講座」をご登録ください! メルマガ講座登録!