HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2020年6月10日 配信

【女ゴコロ】 Vol.233「新しい売り方」

 

◆◇…女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.233:2020.6.10)…◇◆

 

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

・女ゴコロを学ぶ Vol.233

「新しい売り方」

 

・残席わずか!

「Withコロナ、Afterコロナの時代を考える座談会」に参加しませんか?

 

・編集後記

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Vol.233「新しい売り方」

 

─────────────────────────────────

 

 

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。

 

緊急事態宣言が解除されて

元通りとはいきませんが、街はすこ~しずつ動き出してきましたね。

 

皆さんも、外出する機会が少し増えてきたのではないでしょうか?

 

私も、この自粛中に伸びてしまった髪を切りに美容室に行きたい!

 

自粛中に春を飛ばして一足飛びに冬から夏になってしまったので

気分を変えるためにも化粧品を新調したい!

 

などと考えているのですが、これがなかなかできないで困っています。

 

まず、美容室。

 

いつもは出張のついでに東京の青山にあるプライベートサロンに

通っていたのですが、出張が激減し通いたくても通えない。

 

近所のサロンはというと…。

 

初めて行くときに付きまとう

「好みの髪形にしてくれるかしら?」という不安以上に

「ちゃんとマスクして感染予防に気を付けてくれているかしら?」が

気になるわけで…

 

店に入ってからでは聞きにくいし

ダメだと思ってからでは店を出にくいし…

電話で聞くのも失礼かしら…?

 

とか思うとなかなか重い腰が上がらずに困っています。

 

美容室も飲食店もそうですが

しばらくはメニューと共に、感染対策について

「私たちはこうしています!」と店頭やHPに高々と掲げていただけると

お店選びの基準になってとてもありがたいのですが…。

 

 

また、このコロナの影響で売り上げが下がった商品

ベスト10のうち5つを「化粧品」が占めるという衝撃!

 

在宅勤務や自粛の影響で、すっぴんで過ごす時間が増えたとか

マスクをするので頬紅、口紅はしなくて済むようになったとか

 

さもありなんな理由はありますが

 

自粛が明けると

季節が移り替わると

 

メイクだって変えたくなるのは女の性(サガ)

 

無理くりにでも気分を上げるために

自分に自信を取り戻すために

コスメを新調して

いざ街へ!と、繰り出したいのですよ。

 

だけど…やっとお店が開いた!と思ったら

店頭のテスター(実際の化粧品を顔や手に塗って色味を試すもの)は

全て使用禁止。

 

そりゃそうです。そうなんですけど…。

 

 

私「このアイシャドウ、実際つけたらどんな感じになるのかしら?」

 

店「そうですね~。今、テスター使えないですし

つけてみないと感じ分からないですよね…」

 

私「せめてモデルさんでもいいのでこの品番の色でメイクしてる

写真とか動画とかないですかね…?」

 

店 (しばらく他のスタッフと相談している…)

 

店「ないですね…」

 

 

おお~い!!

 

コロナのお陰で約3か月もお店は自粛してたんですよ。

時間はたっぷりあったんですよ。

 

で、お店が開けられたとしても

この先もしばらくは、お客様の不安や衛生観念の高まりで

いろんな人が触るテスターを実際に使う人は激減する。

 

そんなことは分かっていたわけで

なぜにその対策をして来なかったのか?

 

総数は減ったのは事実。

けれども、目の前に「買う気満々のお客様」がいるのに

売れないのは

 

環境に合わせて「売る」工夫を怠ってきたせいではないかと思うのです。

 

そのお店で、欲しかったアイシャドウの品番を控え

自宅に帰ってネットでメイク動画がないか調べてみましたが

 

これまた、メーカーサイドでも

外国人モデルのブランドイメージを訴求する

30秒動画は発見できたものの

 

各品番(色味)に合わせた

使用イメージの写真やメイク動画は全くなく

 

なぜに?どうして?と疑問がわくばかり…。

 

コロナのせいで…と諦めたり

コロナ退散して!と神頼みしたりするだけではなく

 

そんな中でも「きれいでいたい」「気分を上げたい」と思う

女性たちの心の灯をどうか冷めさせることのないよう

 

苦しいかもしれないけれど頑張って欲しい!

そうです。こんな時こそ、頑張って欲しいのですよ!

 

全ての美容業界にいる方々にエールを!

 

ああ…、美容室に行きたい。化粧品買いたい。

夏物のバックも、仕事服も新調したい…!

 

 

 

 

 

Withコロナ、Afterコロナの時代

女性たちの価値観、ライフスタイルはどうかわるのか?

どんな商品・サービス、売り方が求められるのか?

 

私と一緒に考えませんか?

 

女ゴコロマーケティング研究所では

 

「Withコロナ、Afterコロナで女性たちの衣食住はどうかわる?」

 

と、題して女性限定のオンライン座談会を開催します。

 

既に素敵な方々にお申し込みいただき

とても楽しく有意義な2時間になると思っています。

 

両日とも定員12名までとなっておりますので

お申し込みがまだお済みでない方はお急ぎください。

 

ご職業、年齢、お住まいの地域などは問いません。

オンライン上ですが皆様にお会いできることを楽しみにしています。

 

 

第一回座談会 残席3となりました!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「Withコロナ、Afterコロナで女性たちの衣食住はどうかわる?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

・実施日:2020年6月13日(土)10:00~12:00

 

・開催場所:オンライン

 

・参加費:500円

 

■詳細・お申し込みはこちら↓

 

https://peatix.com/event/1505552/view

 

 

第二回座談会 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「Withコロナ、Afterコロナで女性たちの衣食住はどうかわる?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Part2

・実施日:2020年6月20日(土)10:00~12:00

 

・開催場所:オンライン

 

・参加費:500円

 

■詳細・お申し込みはこちら↓

 

https://peatix.com/event/1505682/view

 

 

女性限定の座談会です。

 

ZOOMやJAMボードなどを使ったディスカッションやワークをします。

みんなで描いたワークシートは後で共有させていただきますので

今後のマーケティング活動に活用してください。

 

お申し込みいただいた皆様には

後日へのアクセスURLをご案内いたします。

 

当日は共有ファイルを使用したワークを行いますので

デバイスはパソコンを推奨いたします。(スマホ不可)

 

 

 

━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

私の住む町では今週いっぱいで小学校の分散登校が終わり

来週から通常授業と給食が始まります。家から学校まで25分の

道のり…。今日は家からマスクをしていく、していかないで

子どもともめました(^^;)。「人と近づかないなら熱中症の方が

心配だからマスクを外して学校に入る前につけなさい。」と主張

する母。「友達と会うかもしれないし、家からしていかないと

先生に叱られるからつけていく。」と主張する息子。厚生労働省の

偉い人もママと同じことを言ってて、学校の先生もそれに従う立場

の人なんだから問題ないと説得してなんとか学校へ行かせました。

コロナ対策については情報が錯綜し、二転三転しています。

また、その受け止め方や感染対策についても人それぞれ。

未知のウィルスなんだから仕方のないことですが、学校や組織では

やはりその長となる方が、その都度、考え方やガイドラインを

明示し周囲にわかるように発信しないと、そこに属する

人々の間で分断が起こりがちです…。既にそのような光景を

私たちは見飽きるほどテレビやネットで観てきました。

危うく木田家でも分断がおこるとこでした。危ない危ない…w。木田

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽購読変更・配信の停止を希望される方は…▽

☆コチラから ⇒  https://www.onnagokoro.com/mailmag/

 

▽このメルマガのバックナンバーは…▽

☆コチラから ⇒  https://www.onnagokoro.com/mailmag/backnumber/

─────────────────────────────────

■発行責任■

株式会社女ゴコロマーケティング研究所 所長 木田 理恵

https://www.onnagokoro.com/

〒541-0046 大阪市中央区平野町2-2-12

TEL: 06-7178-0525

☆このメルマガに関する感想・お問合せは info@onnagokoro.com まで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

\ お気軽にご相談・お問い合わせください /

女性マーケティング・
企業研修・コンサルティングのお問合せは

06-7178-0525 お問合せフォーム

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪

「女ゴコロをつかむメルマガ講座」をご登録ください! メルマガ講座登録!