HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2020年4月22日 配信

【女ゴコロ】 Vol.230「居心地のよい社会」

 

]◆◇…女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.230:2020.4.22)…◇◆

 

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

・女ゴコロを学ぶ Vol.230

「居心地のよい社会」

 

・編集後記

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Vol.230「居心地のよい社会」

 

─────────────────────────────────

 

 

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。

 

都市部に緊急事態宣言が出されて約2週間が経ちました。

 

医療や介護現場の皆様

物流はじめ生活インフラを支えるために前線で働いてくださっている皆様。

また感染防止のため営業自粛や休業要請への協力

雇用を守るため尽力されている事業者様。すべての皆様に感謝いたします。

 

 

人との接触を8割減らし医療崩壊を防ぐ。

8割減らすことができればGW明けには一旦解除もありうるか?

 

という仮説もありましたが

どうやら長期化することも視野に入れていかなければ

ならないかも知れません。

 

私の自宅は防災センターのすぐ近くということもあって

 

「大阪府に緊急事態宣言が出されています。

今、感染爆発の危機が迫っています。

外出を控え、人との交流を減らしてください。」

 

という防災アナウンスが朝、昼、夕、夜と1日4回大音量で流れます。

 

結構、切迫感がある内容と声質なので

聞くたびにピリッと身が引き締まる思いです。

 

とはいえ、ふと思うのです。

 

新型コロナの影響が大きくなってからのここ1か月。

 

確かに人との物理的な交流はかなり減ったけれども

オンラインを通じて心理的な交流はかなり増えたなと。

 

私はこの10年、子育てと仕事の両立をしてきました。

また、同時に生活の拠点を東京から大阪へ移しました。

 

マーケティングの仕事や講演・セミナーはどうしても東京に集中しがちです。

自分が登壇するにしても、知見のある方々と交流するにしても

人、モノ、金、情報の集中する東京へ移動は必然で

 

小さな子どもを抱えて長時間かけての移動や宿泊の伴う出張は

独身時代に比べるとどうしても控えなければいけない現状がありました。

 

ところが今、新型コロナの影響で

皆に外出規制がかかり

一斉に自宅にいながらオンラインを活用しての

コミュニケーションが主流となりました。

 

休校中の息子が家に常時いる状態の中でも

オンラインを通じて活発に人と交流できるようになったのです。

 

女性活躍推進を語るとき

「子育て」と「仕事」の両立は大きな課題となっています。

その課題の中の根っこには「時間」と「場所」の問題があります。

 

 

そのためテレワーク導入について度々議論されても来ましたが

これまでの企業組織の価値観や仕事のやり方の中ではハードルが高く

フレックスや時短勤務などと比べ、導入率も低かったのが現実です。

 

しかし、Withコロナが長引けば

企業組織の価値観や仕事のやり方は変えざるを得ません。

 

多くの識者はAfterコロナの世界になったとしても

もう新型コロナ以前の状況に戻ることはできない。

とも言っています。

 

大きな変革期では、たくさんの痛みが伴うと思いますが

一つ、希望が持てるならば

 

これまで、既存の価値観や組織のあり方の中で

弱者であり、不利であった何らかの制約を抱える人たち…

 

例えば、子育てや介護などを抱えながら仕事を両立する人たちにとって

地方にいて物理的距離が不利に働いていた人たちや、若者にとって

 

働きやすく、生きやすい世の中に向かっていくのではないだろうか?

 

ということです。

 

大好きな絵本作家に「五味太郎」さんという方がいらっしゃいます。

 

新型コロナの影響で社会も大人も子どもも不安定が渦巻く今、

子どもたちにメッセージをという主旨のインタビューを受け

開口一番、こうおっしゃったそうです。

 

 

「逆にその前は安定してた?

コロナ禍じゃなかったときは、居心地がよかった?」

 

 

ハっとしました。

 

今は一度前提を疑って

居心地のよい社会って何だろうと考える機会なのかもしれません。

 

生き延びましょう。

そしてその先の未来に希望を持って…。

 

 

 

↓↓↓ オンラインでの開催も対応いたします ↓↓↓

------------------------------------------------------------------

 

女ゴコロマーケティング研究所では講演・企業研修を承っております。

 

「女性マーケティング」「女性向け営業」をテーマにした実績多数。

 

------------------------------------------------------------------

 

■講演実績

https://www.onnagokoro.com/director/lecture.html

 

■講演・研修のご相談は

https://www.onnagokoro.com/inquiry/

 

※ご要望にあわせカスタマイズいたします。

 

 

▽ 過去のメルマガバックナンバーはこちら ▽

http://www.onnagokoro.com/mailmag/backnumber/

 

 

━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

4月16日、何気なくNHKを観ていたら三浦春馬とJUJUがMCを務める

「世界は欲しいモノにあふれている」という番組に出会った。

その道のプロ。バイヤーさんがファッション、グルメ、インテリア

雑貨と世界各地に眠るきら星のような素敵なモノを探し求める旅を

リポートする番組で、その日は老舗文具店の社長が新店を出すため

に日本未上陸の逸品を求めてドイツ・オーストリアに買い付けの

旅をするというもの。職人の手仕事。美しく、遊び心があって

手触り、書き味の良い筆記具や紙。香りや音…。

その空間、その時間その人だけのとっておきの体験。

五感を刺激する“リアル”と“アナログなモノのすばらしさ”。

デジタル化が加速する中でオアシスのような甘美な時間を

この番組と共に過ごした。そして、この新店を何が何でも探し出し

いつか訪れて自分の五感で体感したいと思いました。 木田

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽購読変更・配信の停止を希望される方は…▽

☆コチラから ⇒  https://www.onnagokoro.com/mailmag/

 

▽このメルマガのバックナンバーは…▽

☆コチラから ⇒  https://www.onnagokoro.com/mailmag/backnumber/

─────────────────────────────────

■発行責任■

株式会社女ゴコロマーケティング研究所 所長 木田 理恵

https://www.onnagokoro.com/

〒541-0046 大阪市中央区平野町2-2-12

TEL: 06-7178-0525

☆このメルマガに関する感想・お問合せは info@onnagokoro.com まで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

\ お気軽にご相談・お問い合わせください /

女性マーケティング・
企業研修・コンサルティングのお問合せは

06-7178-0525 お問合せフォーム

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪

「女ゴコロをつかむメルマガ講座」をご登録ください! メルマガ講座登録!