HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2019年3月22日 配信

【女ゴコロ】 Vol.207「誰か、買い方を教えてください(購入編)」

 

◆◇…女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.207:2019.3.22)…◇◆

 

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

・女ゴコロを学ぶ Vol.207

「誰か、買い方を教えてください(購入編)」

 

・MCEI定例研究会“4月11日”登壇!

「女性マーケティングの現場から」

 

・編集後記

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Vol.207「誰か、買い方を教えてください(購入編)」

 

─────────────────────────────────

 

 

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。

 

前回は、急に壊れて使えなくなってしまった電子レンジを

家電売場へ買いに行く悪戦苦闘のお話を書きました。

 

今回はその後編です。

 

前回をお読みになっていない方はこちらから↓

 

http://www.onnagokoro.com/mailmag/backnumber/2019/03/vol206.html

 

女性スタッフから電子レンジの機能や性能

設置場所の条件に合うサイズ感のモノなどを紹介されながら

かれこれ30分以上経つというのに私は決めきれないで焦っていました。

 

スタッフからの

「決まらないのなら、早く他のお客の対応がしたいのだけど」

という圧も感じます。

 

いろいろ見ているうちに、最近の電子レンジは

 

上位機種になるほど

1.温度感知センサーの性能がよくなり(自動でおいしく温め)

2.作れるメニュー数が多くなり(温め、焼く、蒸す)

3.過熱水蒸気機能が必須になる(蒸気で美味しく仕上がる)

 

ということがわかりました。

 

そして、いろいろ考えているうちに私は

 

今できていることを、もっと簡単に手間なく

今電子レンジでやっているものを、もっと美味しく仕上げられたらいい。

 

ということが第一優先であることに気づきました。

 

 

要は、1.だけ突出していればいいということがわかってきたのですが

なかなかそういう商品がありません。

ほとんどが1~3のセットで機能、性能が高くなっていくのです。

 

そして、流行りの過熱水蒸気機能は

水の交換と、排水トレイの掃除が定期的に必要となることを知り

一気にトーンダウン…。

 

今だって家事に割く“時間”も“気遣い”もいっぱいいっぱいなのに

また仕事が増えるのか?

 

それにラップをせずに食材を入れ

庫内に水蒸気を充満させて温めるってことは

庫内に残った汚れやにおいは水蒸気と一緒になって食材に付着しないのか?

 

その違和感がどうしても拭えず

 

結局、消去法で過熱水蒸気機能のついていない電子レンジの中で

一番温めが得意なモノだと紹介された商品に決めました。

 

売場では実際に試せないし

上位機種でなければ単独のカタログもない

スタッフの説明を信じるしかない状況。

 

100%納得しての購入ではなかったですが…。

(時間に余裕があれば、一旦帰ってネットで調べることもできたのに…)

 

3日後、家に電子レンジが届きました。

 

思ったより大きい…。

 

ドキドキしながら、まずは冷凍ご飯を自動温め…。

ん?なんかちょっと違う…。

 

あと10秒追加しようかな…。

 

あれ?自動温めが終わったら、そのままダイヤルを回すだけで

追加温めが簡単にできるとスタッフから聞いたけど…。

 

できない…。いちいち、メニューと温度と時間を設定しなおし…。

 

「ワンタッチで美味しくなんてならな~い!」

 

それから2週間。

 

未だ新しい電子レンジの素晴らしさを享受できないまま過ごしてます。

 

取扱説明書?

 

読む時間がない…。

いや、正直なところ読みたくない。

いろいろ覚えなきゃならないのめんどくさい。

 

時間かけずに簡単に美味しく調理したいが

動機となる商品なのに

 

そうするために

時間かけて、面倒なこと覚えなきゃいけないなんて…

と、心のどこかで抵抗しているようです。

 

電子レンジを買ってみて、失敗して

本当に欲しかった電子レンジのカタチがわかりました。

 

「ご飯温め」を自分の好みの温度、時間で温めて

ベストができら電子レンジに覚えさせ

次からワンタッチで同じことができる機能があるもの。

 

「根菜」や「クイックメニュー」「ホットドリンク」も

同じようにカスタマイズからのワンタッチ操作ができるといいな。

 

自分が本当によく使うものだけをチョイスして

マイメニューをつくる感じで。

 

そして、掃除やお手入れがラクなのがいい。

 

あとは、自分の価値観やライフスタイル、課題をしっかり聞いてくれて

ベストチョイスを提案してくれる「家電コンシェルジュ」がいてくれれば

どんなに良いだろうと思う。商品説明員ではなく…。

 

商品の機能・性能よりもその手前

自分が本当は何をしたいのか、何が課題なのかをわかっていない

お客様が大多数だと思います。

 

ここがクリアになっていない状態

あるいはスタッフと共有できていない状態で

商品を奨められて買っても結局は不満や不信が残ります。

 

その先のメーカーや販売店へも不満や不信の矛先は向けられます。

 

長い目で見て、誰も幸せになれないな…と思うのです。

 

 

 

▽ 過去のメルマガバックナンバーはこちら ▽

http://www.onnagokoro.com/mailmag/backnumber/

 

 

 

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

MCEI定例研究会“4月11日”登壇!

 

「女性マーケティングの現場から」

http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html

 

─────────────────────────────

 

テーマ: 「女性マーケティングの現場から」

 

(紹介文より)

一貫して「女性市場」「女性視点」「女性の心をつかむ」を

テーマに活動をされてきた木田さん。多くのメーカーやサービス業の

女性視点マーケティングプロジェクトのコンサルティング、

女性マーケター育成のサポートをされてきた中で、見えてきた企業の

課題や女性マーケティング成功の秘訣があるとおっしゃいます。

2019年度最初の定例会は、長年女性マーケティングの前線にいる

木田さんをお招きし、今、現場ではどのような課題があり、

さらに今後、企業はどう進化していくべきかを実例を交えながら

お話ししていただきます。

 

 

日時:2019年4月11日(木)18:00~20:30

 

第2部(懇親会):19:50~20:30 同会場

 

場所:大阪府男女共同参画・青少年センター4F

(ドーンセンター) 大会議室3

 

費用:一般 5,000円(MCEI会員は無料)

 

<詳細・お申込み>はこちら ↓

http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html

 

 

━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

実は、電子レンジを買った後、他に自分にぴったりのものが本当に

なかったのかと、別の家電量販店に行ってみました。やっぱり

見てるだけではよくわからなくて、しばらく売り場をキョロキョロ

していたら、ベテランそうなスタッフに声をかけられました。

接客を受けても買った後だし、スタッフの時間を奪っても売上には

貢献できない…。申し訳ないなと思い、正直に話すと「そうだったん

ですね。よろしければお話だけでも…」と言ってくださり、

いろいろと疑問に答えてくださいました。買う前に知っておきた

かったと思うことも…。新調したばかりで、しばらくは電子レンジ

買えませんと伝えたにも関わらず親切に教えてくれ、「もしまた何か

お困りのことがあれば訪ねてきてくださいね」と名刺をいただき

ました。最初に買った量販店より面積も小さく、品数も少ない

量販店。でも、次からこっちの店に来た方が後悔しない買い物が

できそうだと思いました。結局は、たくさん商品があっても自分に

ピッタリをそこから選べなければ意味がないのですから。木田

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽購読変更・配信の停止を希望される方は…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/

 

▽このメルマガのバックナンバーは…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/backnumber/

─────────────────────────────────

■発行責任■

株式会社女ゴコロマーケティング研究所 所長 木田 理恵

http://www.onnagokoro.com/

〒541-0046 大阪市中央区平野町2-2-12

TEL: 06-7178-0525

☆このメルマガに関する感想・お問合せは info@onnagokoro.com まで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

\ お気軽にご相談・お問い合わせください /

女性マーケティング・
企業研修・コンサルティングのお問合せは

06-7178-0525 お問合せフォーム

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪

「女ゴコロをつかむメルマガ講座」をご登録ください! メルマガ講座登録!