HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2018年11月21日 配信

【女ゴコロ】 Vol.199「どうやったら企画通りますか?」

 

◆◇…女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.199:2018.11.21)…◇◆

 

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

・女ゴコロを学ぶ Vol.199

「どうやったら企画通りますか?」

 

・12月13.14日開催「女性マーケター養成講座」残席僅かです!

 

・編集後記

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Vol.199「どうやったら企画通りますか?」

 

─────────────────────────────────

 

 

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。

 

先日、ある企業の「女性マーケティングフォーラム」にて講演を

させていただいた。

 

女性脳、男性脳の違いからくるものの見方、感じ方の違い。

コミュニケーションの特性。

そこから考えるチームビルディングや女性マーケティングの方向性など。

 

また、そこには女性の活躍とそれを支える上司、管理職の役割も

必要不可欠であることをお伝えしました。

 

“女性視点マーケティングと女性活躍推進は両輪である”

 

は、私がこの仕事を始めて以来、ずっと掲げているテーマです。

 

さて、その講演の後、受講されていた女性社員の方から

こんな質問を受けました。

 

「企画をつくっても、なかなか上司を説得できません。男性上司に

納得してもらえる企画書の描き方のコツはありますか?」

 

まず、前提として重要なのは

企画そのものが的を得ていて有効性が高く、魅力的だということ。

 

また、企画書の描き方自体、これが正解というものはなく

究極を言えば、相手に合わせて体裁を変えるくらいの柔軟性があって

よいものだ。その相手に企画を通したければ寧ろそうすべきだ。

 

ということを踏まえた上で

私が、これまでたくさんの女性の企画書を見てきて

特に注意すべきと思う代表的な4つをお伝えしたい。

 

 

1.結論を先に!

 

その結論に至るまでのプロセスを知ってもらわなければ、

提案の素晴らしさを理解してもらえないと思いがちな女性脳。

まず、ゴールを意識できないと興味を持てない、集中できない男性脳。

特に忙しい管理職はせっかちだ。何が手に入るのかわからない

先の見えない話には1分だって付き合ってくれない。

 

 

2.ストーリーは1本の筋に通す

 

ゴールを示したら、そこに至る経緯や必要な情報を筋道立てて

展開していく。できるだけシンプルに。破綻なく。

スペースが開いたからといって必要のない言葉やビジュアルで

飾らない。イメージが膨らむだろうとよかれと思って足したものが

ノイズとなり、かえって男性脳を混乱させる。

 

 

3.主観ではなくデータで

 

自分の感じ方“感性”磨くことは大切だが、相手を説得する

ときには相手の好む表現に変換することが大事。男性脳的な人が

女性脳的な感性に共感することは無理なのだ。逆もしかり。

なので、男性脳的な管理職にプレゼンするときは、感性ではなく

客観的に評価できるデータや事例などを用いての説明を心がける。

 

 

4.何が得られるのかを明確にする

 

1にも通ずるが、女性の企画書を見ていると“ふわっ”としたものが

多い。これをすると「お客様が喜ぶ」「笑顔になる」というのが

企画の目的として描かれていたりする。確かにそれは大切なことだが

そのために必要な人材と、コストと、時間を割こうというジャッジは

できない。短期的、中長期的に何が得られるのか?その投資に見合う

リターンは期待できるのかが明確でなければ、企業の中で企画は通せない。

 

 

他にも、多々、伝えたいことはあるが今日はこの辺で…

上司の皆さんも、部下から出てきた企画書をただ突っ返すのではなく

適切なアドバイスをお願いしますね!

 

 

企画書が下手 = 企画が通らない = 私の全部がダメ

 

 

と思い込んで、委縮し、気づく力、豊かな発想力までつぶして

しまっている女性にたくさん会ってきました。

 

会社にとっても大きな損失です…。

 

 

12月13.14日に開催する「女性マーケター養成講座」では

そのあたりの講義や実習も組み入れていますので

気になる方は是非!!

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

「女性マーケター養成講座」12/13.14 

http://www.onnagokoro.com/course/

 

女ゴコロマーケティング研究所×くらしHOW研究所

 

─────────────────────────────

 

『女性をターゲットとする企業のマーケティングに女性の力を!』

 

女性特有の感性を活かし、企画、提案、実行できる人材を育成する

女性マーケター養成講座。

 

今回は、サンケイリビング新聞社&リビングくらしHOW研究所との

コラボバージョンです。

 

参加者全員に女性視点の企画や実践にすくに使える

“女性マーケットデータ集" "女ゴコロをつかむ広告・販促事例集"を

プレゼントいたします。

 

 

日時:2018年12月13日(木)13:00~17:30

2018年12月14日(金)10:00~17:30 の全2日間

 

場所:サンケイリビング新聞社本社

東京都千代田区紀尾井町3-23

 

費用:75,000円 

 

定員:18名(女性対象)※募集枠を広げました!

女性視点マーケティングを習得したい女性であれば

経験は問いません。

 

特典:①女性マーケットデータ集

②女ゴコロをつかむ広告・販促事例集

 

詳細・お申込みはこちら ↓

http://www.onnagokoro.com/course/

 

講師:女ゴコロマーケティング研究所 所長 木田理恵

 

 

プログラム:

 

1.女性視点を身につける

・女性マーケターの必要性と資質に気づく

・女性脳、男性脳の違いとアプローチ手法

・女性のライフコースとライフスタイルを知る

・女ゴコロをつかむキーワード

 

2.女性マーケターの基礎トレーニング

・情報収集、発想、論理的思考、プレゼンテーション法

 

3.女性視点を取り入れた事例から学ぶ

・商品開発、店舗サービス、 セールスプロモーション など事例を研究

 

4.自社商品の企画

・自社商品(店舗)の強み・弱み分析

・女ゴコロをつかむ自社商品(店舗)の企画

・プレゼンテーショントレーニングとフィードバック

 

 

<受講者の声>はこちら ↓

http://www.onnagokoro.com/course/voice.html

 

<導入企業様の推薦コメント>はこちら ↓

http://www.onnagokoro.com/course/recommend.html

 

<講師プロフィール>はこちら ↓

http://www.onnagokoro.com/director/

 

<詳細・お申込み>はこちら ↓

http://www.onnagokoro.com/course/

 

 

 

━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

先日、出張帰りに老舗のハンバーグレストランに立ち寄った。

軽く夕飯をと思ったのだが、どこのお店も飲みメニューメインで

女性が気兼ねなく一人食事ができる雰囲気ではない…。さんざん、

歩いて店の雰囲気とメニューを見て回った挙句、その店に決めた。

ちょっと重いかなと思ったのだが、店内に女性の一人客が見える。

テーブルもゆったりしていて人気を気にしなくていい。

中に入ると厨房に男性が一人。調理も接客も一人でこなしている

らしい。一人客なのに、広めのテーブルを案内し、とても親切に

メニューの説明をしてくれ、彼はまた、厨房へ調理の続きをしに

戻っていった。しばらくメニュー見て、さて注文するために

厨房にいるスタッフに声をかけようと顔を上げ目線をオープン

キッチンの方に向けたそとの時。「はい。少しお待ちください」

と向こうから声をかけられた。私は店内で大きな声を出さずに

済んだ。彼は、調理をしながら私の気配をずっと感じていたのか?

と思うと感動した。その後も、女性の一人客や2人組の客が後を

絶たなかった。みんな居心地のいい店を知っているのだなぁと

妙に納得してしまった。 木田

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽購読変更・配信の停止を希望される方は…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/

 

▽このメルマガのバックナンバーは…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/backnumber/

─────────────────────────────────

■発行責任■

株式会社女ゴコロマーケティング研究所 所長 木田 理恵

http://www.onnagokoro.com/

〒541-0046 大阪市中央区平野町2-2-12

TEL: 06-7178-0525

☆このメルマガに関する感想・お問合せは info@onnagokoro.com まで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

\ お気軽にご相談・お問い合わせください /

女性マーケティング・
企業研修・コンサルティングのお問合せは

06-7178-0525 お問合せフォーム

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪

「女ゴコロをつかむメルマガ講座」をご登録ください! メルマガ講座登録!