HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2018年10月 4日 配信

【女ゴコロ】Vol.196「勝手に結論づけないで!」

 

◆◇…女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.196:2018.10.4)…◇◆

 

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

・女ゴコロを学ぶ Vol.196

「勝手に結論づけないで!」

 

・「女性マーケター養成講座」募集開始!

 

・編集後記

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Vol.196「勝手に結論づけないで!」

 

─────────────────────────────────

 

 

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。

 

10月に入り、そろそろ服装も秋めいた深い色を着る時期に…。

 

そうなると、当然、メイクの雰囲気も変えたくなるわけで

私は半年ぶりにいつも愛用している口紅を扱っている

ブランドショップへ行った。

 

平日の5時半を回ったところ

百貨店の化粧品売り場は若い女性でごった返している。

 

しばらく順番待ちをして「お待たせしました」と通された

カウンセリングカウンターに立っていたのは男性の美容部員さんだった。

 

一瞬、身構え、緊張が走る。

 

美容室や整体院などで男性に施術されるのは慣れているけれど

 

男性の美容部員さんは初めてだ。

 

メイクをオフしてすっぴんの顔を晒したり、口紅を塗ってもらったり…

意識をするなと言われても最初はやはり身構える。

 

こんな気分でよい買い物ができるのか?

担当を変えてもらおうか…。

いやいや、男性というだけで先入観でそんなことを言うのはよくない。

第一、場の雰囲気が悪くなっても嫌だ。

 

数十秒の間に頭の中でクルクルと思いがよぎり

結局、流されてというか腹をくくってカウンターに腰かけた。

 

いざっ!!!

 

「秋っぽい雰囲気の色味で、顔なじみがよく悪目立ちしない感じの…」

 

男性美容部員は、話を聞きつつ私の顔を見ながら

1本の口紅を差し出した。

 

「これですね。」

 

「これですか…」

 

しばらく、テーブルの上に置かれた口紅を二人で見つめる。

 

つけてみないと発色がわからないのになかなかつけてみますかと言わない。

こちらもまだ、男性に口紅を塗られるのに抵抗があって言い出しにくい…。

 

結局、埒があかずこちらから「つけてみてもいいですか?」と切り出した。

 

つけてみた印象がなんだかしっくりこず

他にはないのか…と聞くと渋々、プラス2本の口紅を目の前に置いて

色味の特徴を説明した。

 

そこからまたしばらく、テーブルの上の口紅と睨めっこ。

 

彼曰く

 

「お客様の好みとお顔や髪の色味、目鼻立ち、全体のメイクの印象で

結局は似合う色は1~2色に絞られる」

 

のだそうだ…。

 

ほぉ~。こんなにたくさんの色があるのにそんなものなの?

 

理屈はわかったけれども

せっかくお試しできるカウンターにいるんじゃない?

本当にどれが似合うのか、つけたらどんな印象になるのか

やっぱり試して、納得して買いたいじゃない?

 

ここまできたら意地だわ!と思って

「全部、試したいのだけれど」と切り出し

3本の中から結局は彼の一押しでないものを選んで買った。

 

「アイシャドーも切れかかっているし

せっかくだから、この口紅に合うものを買いたいのだけど」

 

そう切り出してみたら

 

「残念ながら、お客様のお好みに合うアイシャドーは

今、このブランドにはありません。」

 

と言われてしまった。

今のトレンドで全部色味が濃く出るからだそうだが

 

やっぱり、つけてみなとわかんないし、納得できないじゃないの~!

 

「そうかもしれないけど、何も今のメイクがベストだって

思っているわけではないし、このまんまを再現したい訳ではないのよ。

つけて似合えば、今と雰囲気が変わってもOKなんだし…」

 

そこまで言っても

頑としてお勧めしてくれず

「これはどうかな?」と投げかけた商品もことごとく

なんだかんだとダメな理由を説明され、結局試させてはくれなかった。

 

「わかりました。他で探すしかないですね…。困ったなぁ…」

と言いながら私は店をあとにした。

 

なんだろう…。

すごく面白い体験だったと思うのと同時に

すごくフラストレーションが溜まる買い物だった。

 

彼は終始、真摯に接客をしてくれていたので

その態度には敬意を表しつつも

 

一言、言っていいですか?

 

「あなたのロジックで導き出した結論を私に押し付けないでよ!」

 

もちろん、正しい商品選びにはロジック大事かもしれません。

 

しかし、買い物の価値ってそれだけではないはず。

 

思わぬ出会いや、思わぬ化学反応、思わぬ発見。

それを試した時の驚き、楽しい、うれしいといった感情。

いろいろ試したけれどやっぱりこれが私にピッタリと思う納得感。

 

そんな買い方をしたからこそ生まれる商品への愛着や

それを身につける自分自身への愛おしさ、誇らしさ、自信。

 

そんな素敵な体験をサポートしてくれる販売員さんに

また会いたい、また相談に乗ってもらいたいと思うものなのです。

 

大切なのは正しいかどうかより

心が喜んだかどうかなのではないでしょうか?

 

 

 

▼バックナンバー▼

 

女性視点・女性活躍推進に関する過去の記事はこちらから

http://www.onnagokoro.com/mailmag/backnumber/

 

 

▼フェイスブックページ『木田理恵と女性視点について話そう!』▼    

http://www.facebook.com/onnagokoro


ご意見、ご感想はフェイスブックにいただき

皆さんとシェアさせていただけるとうれしいです!

 

 

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

「女性マーケター養成講座」12/13.14 

http://www.onnagokoro.com/course/

 

女ゴコロマーケティング研究所×くらしHOW研究所

 

─────────────────────────────

 

今回の女性マーケター養成講座は

サンケイリビング新聞社&リビングくらしHOW研究所とのコラボVer.。

参加者全員に女性視点の企画や実践にすくに使える

"女性マーケットデータ集" "女ゴコロをつかむ広告・販促事例集"を

プレゼントいたします。

 

 

日時:2018年12月13日(木)13:00~17:30

2018年12月14日(金)10:00~17:30 の全2日間

 

場所:サンケイリビング新聞社本社

東京都千代田区紀尾井町3-23

 

費用:75,000円 

 

定員:24名(女性対象)

女性視点マーケティングを習得したい女性であれば

経験は問いません。

 

詳細・お申込みはこちら ↓

http://www.onnagokoro.com/course/


 

<導入企業様の声>はコチラから↓

http://www.onnagokoro.com/course/recommend.html

 

 

 

━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

ここ数週間、週末ごとにやってくる台風。我が家では先週の土曜日

が、小学4年の息子の運動会の予定でしたが、雨で中止。

今週水曜日が振替日となっていました。今年は、大好きな沖縄の

エイサー。「ミルクムナリ」という民謡に合わせてかっこよく踊る

姿を一目見たかったのですが、その日、私は東京でのセミナーが

入っていてどうしても行けませんでした。代わりに応援に行って

くれている家族がLINEで逐一、状況を知らせ写真を送ってくれて

いましたが、ちょうど私が東京で本番を迎えているころ、息子は

大阪で演技の本番を迎えていました。母も息子も全力で!

離れていてもお互いにエールを!!

(息子は母のことなど忘れていたとは思いますが…w)

こちらの仕事が終わって、帰路につく頃。「今終わりました」と

息子と祖母(私の母)の写真が送られてきました。

二人とも満面の笑み。考えたら、赤ちゃんの時から仕事で

不在がちな母。息子はこうやっていろんな人に支えられて、

愛されてここまで大きくなったんだなぁとしみじみ…。

うん!大丈夫というのと感謝の気持ちを再認識したのでした。木田

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽購読変更・配信の停止を希望される方は…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/

 

▽このメルマガのバックナンバーは…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/backnumber/

─────────────────────────────────

■発行責任■

株式会社女ゴコロマーケティング研究所 所長 木田 理恵

http://www.onnagokoro.com/

〒541-0046 大阪市中央区平野町2-2-12

TEL: 06-7178-0525

☆このメルマガに関する感想・お問合せは info@onnagokoro.com まで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

\ お気軽にご相談・お問い合わせください /

女性マーケティング・
企業研修・コンサルティングのお問合せは

06-7178-0525 お問合せフォーム

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪

「女ゴコロをつかむメルマガ講座」をご登録ください! メルマガ講座登録!