HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2018年6月 6日 配信

【女ゴコロ】Vol.189「女の家に上がるということ」

 

◆◇…女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.189:2018.6.6)…◇◆

 

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

・女ゴコロを学ぶ Vol.189

「女の家に上がるということ」

 

・女性マーケター養成講座6/21.22 受講生募集中! 

・編集後記

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Vol.189「女の家に上がるということ」

 

─────────────────────────────────

 

 

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。

 

1週間前のこと

 

「こんにちは!○○ガスです。お宅のガス警報器の取り換えに

伺いたいのですが、ご都合の良い日を教えてください。」

 

突然のことに驚いた。

○○ガスなど、記憶にない。

 

消防や水道局を装った詐欺か何かの一種か?

交換とか言ってなんか高いもの売りつけられたり?

いや?そうやって家に上がりこんで盗聴器かなんかしこんだり?

 

このご時世だ。

いきなりかかってきた名も知らない会社に

家に上がらせる約束をしてもいいものかと戸惑った。

 

聞くと、5年前、今の家に引っ越ししてきた時に

契約をした会社だそうだが

 

全面リフォームし家具家電もすべて新調して、その引渡しや

電気、水道、ガス、インターネット開設等々が一時に重なって

とにかくバタバタしていたので何も記憶に残ってない。

 

どのような会社か聞いても社名を繰り返すのみの相手に

 

「突然かかってきた電話に不信や不安が否めないことを説明し

今、即答できないので、一旦、メールで再連絡くれないか。

確認後、こちらから日程の返信をするので」

 

とお願いし、電話を切った。

 

数日後、メールが来て

確かに会社が存在すること、以前、契約をしていたことを確認し

返信をしようとしていた矢先、玄関のインターホンが鳴った。

 

「こんにちは!○○ガスです。警報器の交換に来ました。

よろしければ、今から作業をさせていただきます。

ご無理でしたら、出直しますが…」

 

 

今から?

キッチン片づけてないし…

でも、アポ取り直して予定空けるの面倒だな…

今なら時間なくはない…

 

 

ぐずぐす悩んでいるうちに

作業員さんの圧にも負けて家に上がってもらうことにした。

 

作業はすぐに済んだ。

 

「こちらのiPadにサインをお願いします。」

 

「分かりました」と、iPadに目線をやるとギョッとした。

 

ボロボロだ…。

こんなにボロボロなiPadケースは見たことがない。

朽ちている…。

 

サインをするためにiPadを指先で触れた。

 

ベタベタしている…。気のせいか?

 

名前を書いて目線を上げると作業員さんのメガネも

ベタベタした感じに曇っていた。

 

 

急に背中あたりがゾワゾワしだすのを感じながら

最後の締めに必ずやれと言われているのであろう

ガスと電気のおまとめ割引のセールスを聞いていた。

 

前から気になっていたやつだ。割引は魅力だが

結局、どこと契約するのがお得なのかよくわからないし

手続きの仕方もわからないし

第一、めんどくさいなぁと放置していた。

 

彼は続ける

 

「今、こちらのiPadにサインしていただくだけで

面倒な手続きは不要で、××円もお得になりますよ!」

 

一瞬、「なら、この際!!」と乗りかけた。が…、

また、あのiPadに触らないといけないのかと思うと

拒否反応の方が勝った。

 

 

彼は

 

「興味を持ったはずなのになぜ今、サインをしないんだ?」

 

と言わんばかりの怪訝な表情を浮かべて

自分の名刺を置いて帰っていった。

 

 

彼が帰った後のキッチンには

彼の体臭らしき臭いが漂っていた。

もう無理、生理的に無理!

 

 

もうすぐ、夕飯の支度だ。

こんなキッチンで食事つくれない…。

 

換気扇全開!!

 

 

これ、ここまで極端な事例は少ないかもしれませんが

近しい経験をされた方は多いのではないでしょうか?

 

 

「身だしなみ」や「清潔感」は

仕事やお客様に対する姿勢の表れ

誠実さや敬う気持ちとイコールなのだと思います。

 

これは、営業マン個人の問題ではなく

会社の姿勢の表れだと思います。

それが大事だと教育し、徹底した指導をしていないのですから

 

現にアポ取りの時に感じた違和感も、作業員に対する違和感も

そう考えるとすべては一つに繋がっている。

 

このご時世、特に女性が一人でいるときに

見知らぬ他人を家に上げるという心理的なハードルを

訪問する側の方たちはもっと真摯に受け止め、配慮すべきです。

 

出入り禁止になるか

グッと信頼を得て新たなビジネスチャンスにつなげるかは

セールストークの出来云々の前に重要なことに

真摯に取り組んでいるかどうかだと思うのです。

 

 

 

 

 

 

※残席3名となりました!

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

「女性マーケター養成講座」6/21.22 

http://www.onnagokoro.com/course/

 

─────────────────────────────

 

女性視点の商品づくり、店づくり、販促をしたい企業さま

女性プロジェクトを進めておられる企業さまにおすすめします。

 

2日間で「発想力」「企画力」「プレゼン力」が確実に変わります!!

 

 

日時:2018年6月21日(木)13:00~17:30

2018年6月22日(金)10:00~17:30 の全2日間

 

場所:ラーニングスクエア新橋

 

費用:68,000円 

 

定員:18名(女性対象)

女性視点マーケティングを習得したい女性であれば

経験は問いません。

 

詳細・お申込みはこちら ↓

http://www.onnagokoro.com/course/

 

 

【導入企業様の推薦コメント】

 

女性を対象としたビジネスでありながら、まだまだ女性社員の意見を

活用できていない企業が多いと思います。また、女性社員自身も

特に男性の多い職場の中では、自分の意見をどのように伝え

反映させればよいのか分からない方が多いように思います。

女性社員がマーケター養成講座でそのノウハウを学び

企業のプロジェクトに積極的に参画する事は

今後ますます重要になると思います。

 

 

 

<その他の導入企業様の声>はコチラから↓

http://www.onnagokoro.com/course/recommend.html

 

 

━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

体臭や身だしなみ、清潔感などで気になると感じる人は男性に多い。

これは女性の方がそういうことに敏感で、男性が気にならなくても

女性は気になってしまうという差が生み出しているともいえるが、

これから梅雨、暑い夏と一層気を付けなくてはいけない時期、

お客様と接する機会のある会社は、ビジネスチャンスばかりなく

会社の信頼を失墜しないためにも今一度、対策してほしい。

女性で気になるのはネイル…。長い爪で使いづらそうな手つきで

iPaDや商品をを触りながら説明されると、プロ意識より

自分のおしゃれが優先なのか?とがっかりする。特に子育てに

忙しい女性を相手に接客するときは、家事、育児で手を荒らし、

ネイルに時間とお金をかける贅沢が許されないであろう多くの母親

の心情を逆なでする可能性があることを頭に入れておいてほしい。

あと、なんたって女性の長い爪は凶器だから…。当たると痛い。

当たらなくとも、近くで見ていると「美しい」と思ったとしても

心理的安心感は与えない。安心感を抱けない人にはやはり

心は開けないもの。当然、売れない。売れないからモチベーション

下がる。モチベーション下がるから接客も横柄に…。悪循環だ。

木田

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽購読変更・配信の停止を希望される方は…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/

 

▽このメルマガのバックナンバーは…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/backnumber/

─────────────────────────────────

■発行責任■

株式会社女ゴコロマーケティング研究所 所長 木田 理恵

http://www.onnagokoro.com/

〒541-0046 大阪市中央区平野町2-2-12

TEL: 06-7178-0525

☆このメルマガに関する感想・お問合せは info@onnagokoro.com まで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

\ お気軽にご相談・お問い合わせください /

女性マーケティング・
企業研修・コンサルティングのお問合せは

06-7178-0525 お問合せフォーム

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪

「女ゴコロをつかむメルマガ講座」をご登録ください! メルマガ講座登録!