HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2018年5月23日 配信

【女ゴコロ】Vol.188「女の活きる道」

 

◆◇…女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.188:2018.5.23)…◇◆

 

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

・女ゴコロを学ぶ Vol.188

「女の活きる道」

 

・女性マーケター養成講座6/21.22 受講生募集中! 

・編集後記

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Vol.188「女の活きる道」

 

─────────────────────────────────

 

 

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。

 

今日は1ヵ月後に開催の迫った「女性マーケター養成講座」のお話を…。

 

「女性マーケター養成講座」は今から10年前に立ち上げ

以降、オープン講座、企業内研修と述べ800名近くの方々に

受講いただいる講座です。

 

当時から女性視点マーケティングのご相談で企業をご訪問する機会が

多かったのですが、伺うたびに

 

「うちは企画やマーケティングをさせられる女性の人材がいない」

 

という声を聞いてきました。

 

 

会社を見渡すと女性社員はたくさんいるのに

彼女らはそのような職種で採用した人材ではないし

教育も受けていないから企画やマーケティングには関わらせられない

というのです。

 

もったいないなぁ…と思います。

 

会社を一歩出れば、彼女らは立派な「消費者」です。

女性向けの消費財をつくって、売っている企業にとってはお客様。

 

女性を取り巻くたくさんの情報に触れ

友人・知人・家族のリアルな女性のネットワークを持ち

競合他社の商品や施設を比較してシビアにモノを買っています。

 

これは、いくら男性が女性視点マーケティングを学んでも

体感できないこと。

 

このことをアドバンテージとして活かしきれないなんて

企業にとっても、女性自身にとっても

とてももったいないことだと思いませんか?

 

 

逆に、女性だから女性向けの企画ができて当然と

 

いきなり既存の考え方、やり方の組織に女性を一人放り込んだり

女性ばかりの兼業チームをつくったりして

 

何か今までにないものを提案してみろと無茶振りしたあげく

 

カタチにならなければ「やっぱり女はダメだな…」と烙印を押す。

 

 

 

これもやはり

企業にとっても、女性自身にとっても

とても不幸なことだと思います。

 

 

女性向けの企画やマーケティングを考えるのに

女性であることは、アドバンテージにはなりますが

それだけで「できる」となるわけではなく

やはり、そこには訓練が必要なのは言うまでもありません。

 

 

・女性だからこそ体験できる日常の暮らしの中から気づきを得る視点

・女性を客観的に見て分析できるスキル

・マーケティングの基本的な考え方

・気づきをアイデアに、アイデアからから企画に発展させる方法

・企業の中でのプレゼンテーション力(管理職の9割が男性を踏まえ)

 

 

こういったことをきちんと学習する機会を与えられず

結果が出せず追い込まれ、自信をなくしていく女性のなんと多いことか…。

 

 

今、女性マーケットはビジネスチャンスに溢れています。

 

 

企業も、女性自身も「女」を活かしきることができれば

 

企画やマーケティングに関わる女性に限らず

販売や営業などお客様接点を持つ人たちが

女性を活かしたマーケティング視点で考え、行動するようになれば

 

企業にとっても

働く女性にとっても

お客様にとっても

 

もっともっと素晴らしい結果が得られることは間違いありません。

 

 

 

※残席5名となりました!

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

「女性マーケター養成講座」6/21.22 

http://www.onnagokoro.com/course/

 

─────────────────────────────

 

女性視点の商品づくり、店づくり、販促をしたい企業さま

女性プロジェクトを進めておられる企業さまにおすすめします。

 

2日間で「発想力」「企画力」「プレゼン力」が確実に変わります!!

 

 

日時:2018年6月21日(木)13:00~17:30

2018年6月22日(金)10:00~17:30 の全2日間

 

場所:ラーニングスクエア新橋

 

費用:68,000円 

 

定員:18名(女性対象)

女性視点マーケティングを習得したい女性であれば

経験は問いません。

 

詳細・お申込みはこちら ↓

http://www.onnagokoro.com/course/

 

 

【導入企業様の推薦コメント】

 

■受講のきっかけ

 

高感度な女性のライフスタイル提案を行うお買い場を作ることとなり

女性の考え方や感性に寄り添ったプランを立案、実行するために

プロジェクトメンバーを女性だけで構成しました。

彼女たちの思いをプランに反映させ、社内承認も得てプランを

実現させるために、マーケティングの基本やセオリーを学ばせたいと思い

受講を決めました。

 

■受講後、社員にどんな変化がありましたか?

 

ミーティングの中で、以前より積極的に発言するようになり

別のプロジェクトでも、今回のセミナーで学んだマーケティング手法を

活用し、率先して議論を活性化させる役割を担うようになりました。

 

 

■受講を検討されている方へのメッセージ

 

女性を対象としたビジネスでありながら、まだまだ女性社員の意見を

活用できていない企業が多いと思います。また、女性社員自身も

特に男性の多い職場の中では、自分の意見をどのように伝え

反映させればよいのか分からない方が多いように思います。

女性社員がマーケター養成講座でそのノウハウを学び

企業のプロジェクトに積極的に参画する事は

今後ますます重要になると思います。

 

 

 

<その他の導入企業様の声>はコチラから↓

http://www.onnagokoro.com/course/recommend.html

 

 

━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

「女性マーケター養成講座」をしていると、受講される方の悩みが

大きく二分されている気がします。一つは男性組織の中で期待され

期待に応えようと頑張っている間に視点や考え方が「男性化」して

しまっている方。これではなかなか女性のココロをつかむ企画は

できません。もう一つは、着想やアイデアはいいのに

プレゼンテーションが弱く、決済権を持つ男性管理職を説得できず

提案しては玉砕し…。を繰り返してすっかり自信をなくしてしまって

いる方。自分が組織で働いていた頃、どちらも陥ってしまったこと

があるので、どうしてそうなってしまうかということと、

その弊害がよくわかります。また、どうやって克服するかも…。

まず、大事なのは既存の土俵で勝負しないということ。

そして、郷に入れば郷に従え。

一見、矛盾することのように感じると思うのですが

要は女性脳、男性脳を意識的に使い分け、ハイブリット化

しましょうということ。これができると本当に鬼に金棒です。木田

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽購読変更・配信の停止を希望される方は…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/

 

▽このメルマガのバックナンバーは…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/backnumber/

─────────────────────────────────

■発行責任■

株式会社女ゴコロマーケティング研究所 所長 木田 理恵

http://www.onnagokoro.com/

〒541-0046 大阪市中央区平野町2-2-12

TEL: 06-7178-0525

☆このメルマガに関する感想・お問合せは info@onnagokoro.com まで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

\ お気軽にご相談・お問い合わせください /

女性マーケティング・
企業研修・コンサルティングのお問合せは

06-7178-0525 お問合せフォーム

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪

「女ゴコロをつかむメルマガ講座」をご登録ください! メルマガ講座登録!