HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2018年2月21日 配信

【女ゴコロ】Vol.182「世界よりも私の台所」

 

◆◇…女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.182:2018.2.21)…◇◆

 

 

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

・女ゴコロを学ぶ Vol.182

「世界よりも私の台所」

 

・セミナーのお知らせ

1.3/23 福井県×女性活躍推進セミナー 追加募集開始!

2.4/13 関西宿屋塾「女性視点マーケティング」セミナー

3.6/21.22 女性マーケター養成講座

・編集後記

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Vol.182「世界よりも私の台所」

 

─────────────────────────────────

 

 

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。

 

メーカーや販売店さまと女性に対する商品の売り方を模索しているとき

必ずと言っていいほど、過去のある場面を思い出します。

 

もう10年以上前のことでしょうか…。

 

私は、ある携帯電話会社からのご依頼で

女性ユーザーのグループインタビューをしていました。

 

 

「この携帯電話は海外でも使えるんです!」

 

 

当時は海外でも使える携帯電話は希少な時代。

 

「凄いですね!」

「最先端ですね!」

という反応が当然返ってくるだろうと踏んでいた担当者。

 

ところが

 

「そんなことよりうちの台所でちゃんと通話できるかが問題!」

 

と、女性ユーザーは一蹴してしまいます。

 

 

他社よりも優位に立つための大きな特長に対して

関心を持つばかりか「そんなこと」と言われてしまった

担当者の驚きと落胆の顔が今でも忘れられません。

 

 

もちろん使う人のライフスタイルによって

その機能が必要か必要でないかが

かわってくるというのは分かっています。

 

しかし、メーカーが行う女性ユーザー対象のグルインでは

しばしばこのようなやり取りが繰り返されるのです。

 

 

「これは業界NO.1の吸水性を誇る素材でできてます」

 

「それって(私にとって)何がいいんですか?」

 

 

 

「これはスマホでリモートコントロールができて…」

 

「それって(私が)どんな時に、どんな風に便利なんですか?」

 

 

そして悲しいかな

 

女性ユーザーの質問に対して(彼女自身が)納得できる答えを

即座にできる企業担当者はとても少ないのです。

 

 

機能・性能が高ければ売れるという時代は終わった

と言われて久しいですが

 

 

こういったボタンの掛け違えはなかなか減りません。

 

その一つの要因に

 

男性脳は、客観的評価や社会、世界といった視点を重視し

女性脳は、自分を中心とした身近な関係性、感情を重視する

 

 

という傾向があるのではないかと思います。

 

企業の開発、営業、マーケティング等

企画立案し決裁権を握るのはまだまだ男性が多い中で

 

 

もっともっと意識しなければいけないことだと思います。

 

 

 

▼女性客への最強の営業トークを身につける!▼

「SVFセールス話法研修」はコチラ

http://www.onnagokoro.com/training/

 

 

 

ご意見、ご感想はフェイスブックにいただき

皆さんとシェアさせていただけるとうれしいです!

 

▼フェイスブックページ『木田理恵と女性視点について話そう!』▼

http://www.facebook.com/onnagokoro

 

 

 

 

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

 

セミナーのお知らせ

 

───────────────────────────────

 

■1■ 3/23 福井県×女性活躍推進セミナー 追加募集開始!

 

───────────────────────────────

 

福井県女性活躍推進課さまが主催するマーケティングセミナーに登壇。

テーマは「女性視点を活かす!マーケティング戦略の立て方と実践」

質疑応答の時間もたっぷりあります。

 

※2/8開催の予定が大雪のため延期となり3/23に開催の運びとなりました。

 

<お申込み・お問い合わせは>

福井県 総合政策部 ふるさと県民局 女性活躍推進課 女性活躍グループ

http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/joseikatuyaku/genkijyoshi-wil.html


 

 

───────────────────────────────

 

■2■ 4/13 関西宿屋塾「女性視点マーケティング」セミナー

 

───────────────────────────────

 

昨年11月に東京宿屋塾で登壇させていただいたセミナー

 

「ホテル・旅館のための女性視点マーケティング

~女ゴコロをつかんで女性の集客・クチコミを増やす秘訣とは~」

 

ご好評につき関西でも開催が決定しました!

ホテル・旅館業以外の方々にも女ゴコロをつかむ秘訣満載のセミナーと

なっておりますので是非、会場に足をお運びください!

 

<お申込み・お問い合わせは>

関西宿屋塾

http://yadoyadaigaku.com/program/JK_K1801.html

 

 

 

───────────────────────────────

 

■3■ 6/21.22 女性マーケター養成講座

 

───────────────────────────────

 

お待たせしました!次回開催は東京です!

女性の感性、価値観、女性ならではの体験を活かして

ヒットを飛ばすマーケターになりませんか?

毎回満席の人気講座です。お早目にお申込みください。

 

<お申込み・お問い合わせは>

女ゴコロマーケティング研究所

http://www.onnagokoro.com/course/

 

 

 

━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

男は誰しもウルトラマンだ。地球の平和を守るためあれやこれや

と思いを巡らせ視点は外へ外へと向かっている。そして自分の

気持ちや体のことにはあまり神経がいかない。会社や仲間、

その先にあるものには一生懸命になるのにどうして身近な家族や

私のことは後回しになるの?と言ってみても、それが男と

いうものだから仕方ない。後回しにされることに対して

「私は、それほどに彼にとって身内、内側の人間になったのね」

と喜んでいた方がむしろ心がラクになるというもの…。

これは人工知能の開発者で脳科学に関する著書をたくさん出して

おられる黒川伊保子さんの言葉。まったく共感できるし、傍らで

レゴで作った戦闘機を動かしながら宇宙だの敵の襲来だの

ブツブツ言っている息子を見て激しく納得。幕末モノや

プロジェクトX(古いっw)、みんなが大好きな池井戸潤に代表

される戦うビジネスマンの熱血ドラマ。カッコいいなぁ!

彼らのお蔭で歴史が変わった!技術が革新した!日本のみならず

世界で救われた人たちがいた!と感動を覚えつつも

彼の奥様や子ども家族は幸せだったのか?そこが気になる~と

つい思ってしまう自分は女脳だなと思うのです。木田

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽購読変更・配信の停止を希望される方は…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/

 

▽このメルマガのバックナンバーは…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/backnumber/

─────────────────────────────────

■発行責任■

株式会社女ゴコロマーケティング研究所 所長 木田 理恵

http://www.onnagokoro.com/

〒541-0046 大阪市中央区平野町2-2-12

TEL: 06-7178-0525

☆このメルマガに関する感想・お問合せは info@onnagokoro.com まで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

\ お気軽にご相談・お問い合わせください /

女性マーケティング・
企業研修・コンサルティングのお問合せは

06-7178-0525 お問合せフォーム

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪

「女ゴコロをつかむメルマガ講座」をご登録ください! メルマガ講座登録!