HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2017年8月 2日 配信

【女ゴコロ】Vol.169「定年女子」

 

◆◇…女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.169:2017.8.02)…◇◆

 

 

 

 

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

・女ゴコロを学ぶ Vol.169

「定年女子」

 

・12月7日、8日「女性マーケター養成講座」大阪開講決定!!

 

・編集後記

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Vol.169「定年女子」

 

─────────────────────────────────

 

 

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。

 

“定年”と“女子”をくっつけるなんて何と言うインパクト!

「30代は女子とは言いません!」なんて言葉もよく聞くけれど

それをはるかに超えているではないか…。

 

実はこれ、現在NHKのBSプレミアムで放送されている連続ドラマの

タイトルで、この枠では史上最高の視聴率を誇っているという。

 

脚本は田渕久美子。

芯のある魅力的な女性を描くのに定評のある脚本家だ。

 

物語は一流企業のCSR部長としてバリバリ働く53歳の女性主人公が

企業合併の折に役職定年を言い渡され

子会社の閑職に飛ばされるところから始まる。

 

彼女の後釜に着いたのは38歳、3歳の子持ちの女性だ。

若い人たちにチャンスを…という理由からだそうだが

実際は女性に役職をといってもポストがない。

どうせなら小さな子持ちの女性をポストにつけた方が広報効果は高い。

なんていう事情も見えてきたりして胸が痛い。

 

さて、話を主人公に戻して…。

 

新しい職場でなんとか頑張ろうとするも

全く必要とされずむしろ邪魔者扱いをされながら

このまま定年まで勤めあげるのかと思い悩む日々。

 

「いや、私はまだまだできるはず!」

 

主人公は意を決して会社を辞める決断をする。

 

これまでやってきた仕事への自負もあり

新しい仕事はすぐに見つかる

自分を必要としてくれる会社は必ずあるはずと

転職活動をするもことごとく不採用で…と

物語は主人公が仕事を転々としながらも自分が世の中に対して

何ができるのかを悟り、再出発をしていくという流れだ。

 

50代半ば…。

仕事だけを見れば、

定年までのカウントダウンを静かに後じまいしていく人たちと

定年後を見据えて新しいことにチャレンジしていく人たちと

2通りに分かれるように思う。

 

そして、女性の50代はそれに専念できるほど穏やかではない。

 

●親の介護(精神的、肉体的にきついのに主に行っているのは女性)

●孫の世話(特にフルタイムワーカーの娘と近居、あるいは離婚して

出戻ってきたりしていたら子育ての第一線に復帰せざるを得ない)

●更年期障害(重い人は仕事なんてやってらんないくらい辛い)

 

それらに加えて人生80年時代を生きていくための

これからの「仕事」について向き合っていかなければばらない。

 

 

子育て×仕事×家事の30代、40代を抜けてちょっと楽になるのかな…?

と、50代をイメージしていたら

まだまだ続くよ“女性のマルチタスク人生”。

しかも、50代に入ってからの方がなかなかにヘビィそうじゃないか!!

 

 

50代なんてまだ先のこと…。なんて思っていたが

「定年女子」と言うキャッチ―なタイトルのドラマのお蔭で

ちょっと心の準備をすることができ

またさらに自分の母を尊敬するようになった。

 

ドラマに出てくる主人公や、実際に自分の先輩・友人を見ていて

救われるのはとにかく「明るい」ことだ。

 

いろんな問題に直面しているはずなのに

自分の意志だけではままならないことが多いはずなのに

 

歳を重ねるごとに

女はなんてしなやかで、強いんだろうと思う。

 

 

 

▼フェイスブックページ『木田理恵と女性視点について話そう!』▼    

http://www.facebook.com/onnagokoro

 

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

 

12月7日、8日「女性マーケター養成講座」募集開始!!

 

■ 大阪開催です!■

 

───────────────────────────────

 

たった2日で女性視点マーケティングの極意が身につく!!

今年最後の開講です!少人数制で行いますのでお申込みはお早めに!

 

 

日時:2017年12月7日(木)13:00~17:30

2017年12月8日(金)10:00~17:30 の全2日間

 

場所:大阪産業創造館

 

費用:68,000円 

<早期申込み特典> 10/6までのお申し込みは65,000円

 

定員:12名(女性対象)

女性視点マーケティングを習得したい女性であれば

経験は問いません。

 

プログラム:

 

1.女性視点を身につける

・女性マーケターの必要性と資質に気づく

・女性脳、男性脳の違いとアプローチ手法

・多様化する女性のライフコースとライフスタイルを知る

・女ゴコロをつかむキーワード

 

2.事例研究

・女性視点マーケティング成功事例からオムニチャネル最新事例まで

 

3.女性マーケターの基礎トレーニング

・情報収集、発想法

・マーケティングの基本的な考え方

・論理的思考法、プレゼンテーション法

 

4.自社商品の企画

・自社商品(店舗)の強み・弱み分析

・女ゴコロをつかむ自社商品(店舗)の企画

・プレゼンテーショントレーニングとフィードバック

 

詳しくはこちら↓

http://www.onnagokoro.com/course/

 

 

<受講者の声>

 

木田さん、みなさん、2日間大変お世話になりました。

本当に目から鱗の落ちる2日間でした。グループワークが多いので

ステキな参加者のみなさんからたくさんの刺激を受けました。

2日目の帰り道には次から次に発想が広がっていくので、

忘れないようにメモしながら帰りました。

夜になっても眠れないくらい!

モノの見方がちょっと変わると、ネタはどこにでも見つかる

ものなんですね。興奮さめやらぬうちに翌日企画書をまとめて、

社長に伝えました。そして4つの企画のうち3つはすぐに

進めようということになりました!

本当に素晴らしい講座でした。

すでに周囲にクチコミしています(^^)(住宅メーカー)

 

 

弊社スタッフがお世話になりました。帰ってきてからの二人は

以前にも増して仕事に対する意識が高くなっています。

本当にすごいです。とても貴重な2日間だったようで

(これは私自身も実感したこと)、

毎日の生活そのものまで変わりそうと言っております。

無意識を意識化するという点においては、生活そのものですからね。

そして、毎日の生活からいろんなヒントを得て、大きなものに

変えていきたいという思いが二人から伝わってきます。

本当にありがとうございました。

次回またうちの社員がお世話になります。

よろしくお願いします!(制作会社)

 

 

その他の声はコチラから↓

http://www.onnagokoro.com/course/voice.html

 

 

 

━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

前回の編集後記の続き…。とうとう夏休みに突入してしまった。

しょっぱなに夏休みのメインともいうべき家族旅行に行って

しまったわが家…。今ようやく落ち着いて宿題の確認や、日々の

スケジュールを埋めていっている最中だ。先日、仕事の調整のつく

日はできるだけ子どもと…と書いた矢先。調べまくった子ども関連

のイベントで行きたったものはほぼ定員オーバーで断念。まぁ、

うちの場合は車なし、子どもが食物アレルギーという事情があるの

で余計大変なのだが…。情報収集していると同じように夏休みの

子どもの過ごさせ方に悩み奔走する母親たちの声をたくさん見かけ

る。夏はお盆休みの影響や暑さで自分自身のマネジメントも結構

きついのに、それに加えて子どものマネジメントも加わるという。

多分、世のお母さんが一番きつい時期なのではないだろうか…。

とりあえず今週は溜まっていた習い事の振替と、夏休みの読書の

宿題のため図書館に連れて行くことでスケジュールを埋めた。

さて、来週はどうしよう…。  木田

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽購読変更・配信の停止を希望される方は…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/

 

▽このメルマガのバックナンバーは…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/backnumber/

─────────────────────────────────

■発行責任■

株式会社女ゴコロマーケティング研究所 所長 木田 理恵

http://www.onnagokoro.com/

〒541-0046 大阪市中央区平野町2-2-12

TEL: 06-7178-0525

☆このメルマガに関する感想・お問合せは info@onnagokoro.comまで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【女ゴコロ】Vol.168「スーパーのレジ係」

【女ゴコロ】Vol.170「職業体験」

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪