HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2017年7月19日 配信

【女ゴコロ】Vol.168「スーパーのレジ係」

 

◆◇…女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.168:2017.7.19)…◇◆

 

 

 

 

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

・女ゴコロを学ぶ Vol.168

「スーパーのレジ係」

 

・編集後記

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Vol.168「スーパーのレジ係」

 

─────────────────────────────────

 

 

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。

 

先日、スーパーのレジ係がその接客力を競うコンテストを見学した。

 

このために何か月も訓練をし

会社の代表として大きなホールの舞台に立つ。

 

みんなとてつもなく緊張しているはずなのに

精一杯の笑顔と明るい声を発している。

 

競技時間はわずか5分。

そのわずか5分の間に2人のお客様の接客を行う。

 

笑顔で出迎え、商品をスキャンし、カゴの中に整然と並べる。

金銭の授受、商品に合った袋の受け渡し。

 

それ以外にも、高齢者や体の不自由な方、子ども連れの方への気配り

お客様から質問されたことへの的確な対応など…。

 

私も主婦として週に3回はスーパーへ行く。

もちろんその都度、スーパーのレジ係の人にお世話になっている。

 

今まで「この方、感じがいいなぁ…」とか「処理が速いなぁ…」とか

感心することは多々あっても

 

わずか数分という短い時間の中に

技術や好感度、ホスピタリティ、柔軟な対応力を求められる

とても高度な仕事なんだということまで気づいていなかった。

 

そして、同時にいろんなことを察して、考え、動くことのできる

マルチタスクな女性脳を活かすからこそ

成立する仕事だなぁとも思った。

 

人手不足や効率化のため

セルフレジ導入の波がやってきている。

 

ただ正確に、速く精算するだけなら

いずれ機械がとってかわるだろう。

 

しかし、レジの仕事はそれだけなのか…?

 

それでなくとも、スーパーの売場にはスタッフがいない。

 

売場や商品、サービスについて聞こうにも誰もいないので

レジ係の人に伝える。

 

仕事と家事、育児でクタクタになっているときに

明るく声を掛けられたり、

 

連れていた子どもが粗相をしでかしたときに

「大丈夫ですよ!」と笑顔で対応されたりすると

 

涙が出そうなくらい救われる。

 

スーパーに安くて新鮮でおいしいものがたくさんあるのは当然魅力だが

レジ係が明るくて、優しくて、柔軟に対応してくれるのも

店の大きな魅力だ。

 

半径数キロ圏内に同じようなスーパーが数軒あったとして

「また、会いたい」と思えるレジ係がいるかどうかは

店を選ぶ理由になりえるのではないかと思うのだ。

 

レジは、セルフ販売店にとって

人と人のコミュニケーションの最後の砦。

お客様の大小さまざまな要望を吸い上げるマーケティングの出城。

 

そこを削ぎ落とすのか、高めるのか

リアル店舗の強みやあり方を問われているような気がする。

 

 

 

▼フェイスブックページ『木田理恵と女性視点について話そう!』▼    

http://www.facebook.com/onnagokoro

 

 

 

 

━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

夏休みがやってくる。わが息子は小学3年生。親が働いているので

夏休み期間中も学童保育のお世話になるつもりだ。昨日、

学童保育の夏休みの出欠予定表に記入をしていたら、用紙に大きく

太字で「子どもたちが楽しみにしている夏休みです。お仕事のない

日はお子様と過ごす時間として、有意義な夏休みを過ごして

いただければと思います」と書かれていた。一瞬、予定表に

書き込む手が止まった…。成長と共に親離れしていく子ども。

いつまで夏休みを親と一緒に出掛けたい、何かしたいと思って

くれるだろう…。幸い、今年の夏は頑張れば少しはスケジュールを

空けられそうだ。子どものため、いや…、親として悔いが残らない

ように子どもと過ごす夏休みの計画を立ててみようと思った。

木田

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽購読変更・配信の停止を希望される方は…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/

 

▽このメルマガのバックナンバーは…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/backnumber/

─────────────────────────────────

■発行責任■

株式会社女ゴコロマーケティング研究所 所長 木田 理恵

http://www.onnagokoro.com/

〒541-0046 大阪市中央区平野町2-2-12

TEL: 06-7178-0525

☆このメルマガに関する感想・お問合せは info@onnagokoro.comまで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【女ゴコロ】Vol.167「父へのプレゼント」

【女ゴコロ】Vol.169「定年女子」

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪