HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2017年7月 5日 配信

【女ゴコロ】Vol.167「父へのプレゼント」

 

◆◇…女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.167:2017.7.5)…◇◆

 

 

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

・女ゴコロを学ぶ Vol.167

「父へのプレゼント」

 

・編集後記

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Vol.167「父へのプレゼント」

 

─────────────────────────────────

 

 

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。

 

先月、父の日のプレゼントを買いに百貨店に行った。

 

定年後、これといって趣味のない父に贈るプレゼントと言えば

いつも決まってお酒。

 

でも待てよ…。

毎年毎年、捻りがないよな。

 

お酒を贈るにしても

ディスカウント酒店はプレゼントを買う場にしてはちょっとだし

ネットで買うよりちゃんと接客をうけて納得して贈りたい…。

 

そう。

プレゼントってどこで、どうやって買うかプロセスも大事!

 

ということで、百貨店に行けば

「父の日フェア」なんかしていて

「これいい!」と、贈る私も楽しい気分になれるモノと

出会えるんじゃないかと思い、行ってきた。

 

そこは母の日に、母へのプレゼントを買った百貨店。

 

父の日まであと1週間に迫ったその日は

母の日ほどの賑わいも特別な提案のある売場もあまりなかった。

 

 

2015年に発表された日本記念日協会の推計によると

母の日の市場規模1120億円に対して、父の日の市場規模は420億円ほど。

 

バレンタインデーやハロウィンの市場規模に匹敵する母の日とは

おのずと力の入れ方が違うということか…。

 

 

新たな発見は期待できないなと悟った私は

そそくさとお酒の売場に直行した。

 

芋焼酎専門の酒蔵が催事をしていて声を掛けられたが

「父の日のプレゼントで、父は麦しか飲まないので」と伝えると

残念そうな顔をして、ならばこの棚の裏にありますと答えられた。

 

裏の棚には確かに麦焼酎が20本ほど。

 

「少ない!」と驚くとともに、商品名と酒蔵、価格しか表示がなく

早速、どれを選ぶべきか途方に暮れた。

 

何度か足早に横を通り過ぎる販売員に声を掛けて聞こうかと思ったが

客の存在を全く意識していないその人をわざわざ呼び止めても

期待する対応をしてもらえるのか不安になり気持ちが萎えた…。

 

スマホで自分で調べよう!

と棚にある焼酎の商品名を検索し始めてはたと気づく…。

 

私、何やってるんだろう…。

 

こんなだったら、自宅にいて

ネットで「父の日 麦焼酎」と検索すれば早いじゃない?

 

バックから出したスマホを仕舞いそそくさと店をでる。

 

「ああ、わざわざ来て損しちゃった」という思いと共に。

 

 

確かにディスカウントやネットに押されて需要は減っているんだろうと思う。

でも、それでも百貨店で買いたい人、百貨店で買う理由があると思う。

 

そこに売場を構えるのであれば

その期待に応える売り場づくり、接客の工夫をすべきではないか…?

売場が広く取れなくても、接客に時間が取れなくても

できることはあるはずだ。

 

売場や販売員は、単に売るための装置ではなく

その施設全体の「考え方」「あり方」を表す声なき声だ。

 

私には

「どうせ置いたってそんなに売れやしない、儲かりもしない。

だったらこんな程度で充分だろ。ほんとは辞めたいくらいだ。」

 

という声が聞こえた気がした。

父の日に最高の気分で最高のプレゼントを贈りたい。

そんな気持ちで訪れた場所で嫌な声を聞いてしまった。

 

 

 

▼フェイスブックページ『木田理恵と女性視点について話そう!』▼    

http://www.facebook.com/onnagokoro

 

 

 

 

━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

結局、父の日にはプレミアム焼酎飲み比べセット(佐藤・中々)を

購入した。そこそこ名前も知られているし、お酒にまつわる薀蓄や

贈り物に贈った人の満足の声もたくさん載っていた。贈り物選びを

簡単に済ませちゃったな…。という少しの罪悪感はありつつ、

手元に届いた父からのお礼の電話の声がとても嬉しそうだったので

まぁいっか…。というか、自分も飲み比べがしたい衝動が抑えきれ

なくなってしまった。なにかの記念日に適当に理由をつけて自分用

に買っちゃおうかな…と思う。少し贅沢なものは人へのプレゼント

人からのプレゼントをきっかけに自家用消費につながることはよく

あることなのだ。  木田

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽購読変更・配信の停止を希望される方は…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/

 

▽このメルマガのバックナンバーは…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/backnumber/

─────────────────────────────────

■発行責任■

株式会社女ゴコロマーケティング研究所 所長 木田 理恵

http://www.onnagokoro.com/

〒541-0046 大阪市中央区平野町2-2-12

TEL: 06-7178-0525

☆このメルマガに関する感想・お問合せは info@onnagokoro.comまで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【女ゴコロ】Vol.166「本質と伝え方」

【女ゴコロ】Vol.168「スーパーのレジ係」

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪