HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2017年5月10日 配信

【女ゴコロ】Vol.163「かわいいの魔法」

 

◆◇…女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.163:2017.5.10)…◇◆

 

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

・女ゴコロを学ぶ Vol.163

「かわいいの魔法」

・6月15日 16日「女性マーケター養成講座」まであと1ヵ月!!

 

・編集後記

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Vol.163 「かわいいの魔法」

 

─────────────────────────────────

 

 

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。

 

先日ある雑誌の対談で女優が共演する男性俳優とこんな話をしていた。

 

 

女「M君は女ゴコロというものがわかってないわよね」

 

男「えっ?そうですか?」

 

女「そうよ。女の子をちゃんと見ていない。」

 

男「見てますよ!ちゃんと気づいたら

“その服かわいいね”とか声掛けるようにしています。」

 

女「ほら!わかってない!服褒めてどうするの!

そこは“その服、よく似合ってますね!”でしょ。」

 

男「え~?どっちも同じじゃないですか?」

 

 

皆さんはこの違いがわかりますか?

 

そうです。

 

前者は“服”をかわいいと褒め

後者は“人”をかわいいと褒めているんです。

 

まあ「服を褒める」でも間接的には

そんな可愛い服を選ぶあなたのセンスは素敵!と

本人を褒める要素は無きにしも非ずなんですが…。

 

女性客に選ばれる、好かれる商売をする時にも

この本人を褒めるという行為はとても重要なのです。

 

 

私が大好きでここ数年通っているプライベートサロンのお話。

 

ここの美容師のMさんはカット技術もさることながら

とにかく楽しそうに、嬉しそうに私の髪をカットしてくれます。

 

 

「う~ん!理恵ちゃん、可愛くなってきたよ~!」

 

「見て、見て、ほらお顔の印象がすごく明るくなったでしょ!」

 

「うん!可愛いわ!最高!ワクワクしちゃう~!」

 

 

とにかく褒めて褒めて、褒めまくってくれるのです。

カットされている自分も鏡を見ながら自然と笑顔。

褒められて嫌な顔する人いません!

 

なんだか本当に自分が可愛く変身したような気分になり

髪型だけでなく大きな「自信」を身につけて

髪が伸びるまでの1~2ヵ月を「可愛いの魔法」のかかった

状態で過ごすことができるのです。

 

これ、すごく大事なことで、お客様にとっては

なんでも買っておしまいではなく、買ってからが本番。

その髪型で過ごす毎日や、その商品を使い続ける毎日が

特別なモノになるかどうかは

買う時の魔法にかかっているといっても過言ではないのです。

 

なのに、お客様のこと褒めない人多いです。

お客様がどうやったら可愛くなるかを一生懸命考えて

自分の手によってだんだん素敵に可愛くなっていくお客様を

見て共に喜んでいる美容師さん少ないです。

 

「何センチ切りますか?」

「ここ段入れますか?」

「うしろはこんな感じでいいですか?」

「こんな形になりました。どうですか?」

 

気にしているのはハサミの入れ方と出来上がった髪の形だけ。

 

女性は髪を切りに美容室に来ているのではなくて

今よりも可愛くなるために、きれいになるために

美容室に来ているというのに…。

 

それを託されたあなたが一番に

「可愛くなった!」「きれいになった」と言ってやれなくてどうする。

自信をつけさせてあげなくてどうする。

 

モノと情報が溢れ

他にもっといいモノ、いい店、いい選択があったのではないかと

迷いや不安や後悔に引きずられそうなお客様を

「可愛いの魔法」でつなぎとめるのは

選ばれて、託されたあなた次第と言っても過言ではないというのに…。

 

これはどんな商売にも当てはまることだと思う。

 

 

 

 

▼フェイスブックページ『木田理恵と女性視点について話そう!』▼    

http://www.facebook.com/onnagokoro

 

 

 

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

 

6月15日、16日「女性マーケター養成講座」

 

■ 開催まであと1ヵ月 ■

 

───────────────────────────────

 

女性向け商品のメーカー、小売り、制作会社様など多種多様な

業界から参加お申込みいただいております。他業界で頑張る女性と

交流し、共に学び、刺激を受け合う滅多とないチャンスです。

開催まであと1ヵ月!是非、ご参加ください!!

 

 

日時:2017年6月15日(木)13:00~17:30

2017年6月16日(金)10:00~17:30 の全2日間

 

場所:品川APアネックス(東京)

 

費用:68,000円 

 

定員:30名(女性対象)

女性視点マーケティングを習得したい女性であれば

経験は問いません。

 

プログラム:

 

1.女性視点を身につける

・女性マーケターの必要性と資質に気づく

・女性脳、男性脳の違いとアプローチ手法

・多様化する女性のライフコースとライフスタイルを知る

・女ゴコロをつかむキーワード

 

2.事例研究

・女性視点マーケティング成功事例からオムニチャネル最新事例まで

 

3.女性マーケターの基礎トレーニング

・情報収集、発想法

・マーケティングの基本的な考え方

・論理的思考法、プレゼンテーション法

 

4.自社商品の企画

・自社商品(店舗)の強み・弱み分析

・女ゴコロをつかむ自社商品(店舗)の企画

・プレゼンテーショントレーニングとフィードバック

 

詳しくはこちら↓

http://www.onnagokoro.com/course/

 

 

<受講者の声 NEW !!>

 

社に戻りましてから学んだ事を活かすため日々がんばっております。

最後の講義(ワーク)でおなじテーブルになった方の意見も参考に

しながら考えた企画が採用になり、現在計画中です。

また、先週より自社パンフの見直を開始し、新しいパンフ制作に

入りました。機会がありましたら研修など、

また参加させていただきたいと思います。(雑貨メーカー)

 

 

男性と女性では、商品を選択する際にこんなにも違いがあると

は思いませんでした。消費財の8割を女性が選択しているという

現状を考えると、女性の特性を活かした女性マーケターが

これから必要とされていくことを実感しました。

とは言うものの、男性社会の中に位置づけられている

私たち女性は、男性の特質を理解し、誤解のないように

コミュニケーションをとっていく努力も必要ということに

気づきました。(情報サービス)

 

 

その他の声はコチラから↓

http://www.onnagokoro.com/course/voice.html

 

 

━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

息子が3年生になりました。保育所以来ずっと女性が担任だった

わが息子。初めて男性が担任ということで少々戸惑っている節が…。

今までの先生とどう違うの?と聞く私に「怒るとめちゃ怖い!」

「でも褒めるときはすごく褒めてくれる」「優しくはない…。」

まあ、男か女かではなく、先生の個性によるところは大きいと

思いますが、参観や習い事の付き添いなどで男の先生と女の先生

とを見ていると、叱るときのメリハリは男の先生の方がピリッと

していて、理屈の通じない特に調子に乗りやすい男の子の集団

がいる場合、女の先生では制御不能になっているところ

よく見かけます。逆に環境やその子の異変など、本人が口に

出して要求したりする前に気づいて声掛けしたり様子を気にして

くれるのは女の先生の方が敏感なようで…。私は、とにかく

両方のバランスが必要と思うので3年生というちょっとお兄ちゃん

になっていく過程で男の先生に担任になっていただいたことに

感謝をしつつ、子どもの変化や成長を楽しみにしたいと思います。

木田

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽購読変更・配信の停止を希望される方は…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/

 

▽このメルマガのバックナンバーは…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/backnumber/

─────────────────────────────────

■発行責任■

株式会社女ゴコロマーケティング研究所 所長 木田 理恵

http://www.onnagokoro.com/

〒541-0046 大阪市中央区平野町2-2-12

TEL: 06-7178-0525

☆このメルマガに関する感想・お問合せは info@onnagokoro.comまで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【女ゴコロ】Vol.162「ママと子どもの習い事」

【女ゴコロ】Vol.164「ギャップ」

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪