HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2017年2月22日 配信

【女ゴコロ】Vol.158「選択」

 

◆◇…女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.158:2017.2.22)…◇◆

 

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

・女ゴコロを学ぶ Vol.158

「選択」

 

・6月15日、16日「女性マーケター養成講座」開講!!

 

・編集後記

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Vol.158 「選択」

 

─────────────────────────────────

 

 

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。

 

先週、子どもの授業参観に行ってきました。

2年生最後の授業参観は「生活発表会」

 

この日に向けて朗読や楽器の練習を一生懸命やってきた息子。

 

去年は大切な仕事の予定と重なり行けなかったので

今年は必ずとスケジュールの調整を早くから行っていた。

 

にも関わらず

その2週間前に尊敬しているある方の

滅多とない講演が東京で開催されるのを知ってしまった。

 

日程は参観日と同日。

 

行きたい…。

 

この講演に行けば今後の仕事にいや人生に

大きなプラスになるかも知れない…。

 

授業参観は来年もあるし

子どももママに来てもらうことにこだわっていないかも知れない。

 

ココロは大きく揺れたけれど

結局私は授業参観を選んだ。

 

当日、舞台のひな壇に立つ息子と目を合わせながら

「がんばれ!」「よしっ!」と心の中で声援を送った。

 

発表会が終わって嬉しそうに「ママ!」と駆け寄る息子を見て

「ああ、来てよかった」と思った。

 

人生は選択の連続だというけれど

 

子育てをしながら仕事をしていると

その選択の幅は途端に広がり複雑になっていく。

 

朝起きたら子どもに微熱があるようだ…。

今日は急ぎの仕事もある…。

 

無理して学校に行かせるか?

仕事を強引に調整して早めに病院に連れて行くか?

子どもは休ませるが親に預けて自分は仕事にいくか?

 

よくある場面だが

その時々の状況も負荷も影響度も全然違う。

 

職業人としては好ましい答えも母親から見たらNOになる。

母親としては好ましい答えも職業人から見たらNOになる。

 

周りの人たちから向けられる目も

相手が職業人として見ているのか、母として見ているのか

また個々の環境、価値観、こうむる影響でまるで異なる。

 

「子どもの熱で仕事を休まれるのは困る…」

「子どもが熱を出しているのに仕事に行くなんてひどい母だ」

 

まるで次元の違うことを都度

選択肢の先にあるメリット、デメリット、人への影響を考えて

判断しなければいけない。

 

どちらを選んだって100%の正解なんてないし

どちらかに何らかのしわ寄せはやってくる。

どちらか側の人から批判を浴びるかもしれない。

 

どちらを選んだってこれでよかったのかなと自分を責める。

 

だから自分の中に軸を決め、マイルールを決める。

 

これでよかったのかなと迷った時に

自分で決めた軸に立ち戻り、照らし合わせて考える。

 

周りの目や後ろめたさや目先のことにに惑わされずその軸に沿い

100%ではないけれど最良の選択をしたのだとココロを鎮める。

 

企業で言うところのクレドと行動指針というところだろうか。

 

私はこれを意識して

後悔するということがなくなった。

 

 

人生の選択が多く迷える女性にには特に

一度立ち止まって“マイクレド”をつくることをお勧めしたい。

 

 

 

▼フェイスブックページ『木田理恵と女性視点について話そう!』▼    

http://www.facebook.com/onnagokoro

 

 

 

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

 

6月15日、16日「女性マーケター養成講座」募集開始!!

 

■ 東京開催です!■

───────────────────────────────

 

2006年から始めた「女性マーケター養成講座」も気づけば10年。

述べ700人以上の方に受講いただきました!

 

「今まで仕事をしてきて、初めて“女に生まれてきてよかった”と

思いました!女性だから迷うこと、気づくことををこれからは仕事に

活かして、人の役に立ちたい」

 

第一回開催時に受講生からもらった言葉が今もなお、私を突き動かします。

是非、たくさんの女性に受講いただきたいです。(男性枠は3名まで)

 

 

\ 受講生が700名を超えました!/ 

 

 

日時:2017年6月15日(木)13:00~17:30

2017年6月16日(金)10:00~17:30 の全2日間

 

場所:品川APアネックス(東京)

 

費用:68,000円 

<早期申込み特典> 4/30までのお申し込みは65,000円

 

定員:30名(女性対象)

 

詳しくはこちら↓

http://www.onnagokoro.com/course/

 

 

 

━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年から続いていたハードスケジュールが少し落ち着いたので

年末にできなかった事務所の書類整理に取り掛かっている。

いつかまたいるかも?いや単に整理が面倒だったためにたまりに

たまった書類たち。今回はクロネコヤマトの機密文書リサイクル

サービスも手配しちょっと本気で取り掛かっている。が、しかし

立ちはだかるのは残すもの、残さないものの分別と、ホッチキス

の芯外し…。数が多いのと意外と力がいるのと指先ボロボロに

なるのとに悪戦苦闘しながらやっと段ボールひと箱分整理でき

この外した芯をどうやって捨てようか?とググってみると

「なんですとっ?!」ホッチキスの芯は取り外さなくても

いいですと!!調べたら資源ごみに出す場合も紙を溶かす時に

簡単に除去できちゃうので外さなくていいそうな…。

知らなかった…。無駄に時間と筋肉痛を費やしてしまった。

しかし、これだけゴミの問題が取りざたされているのだから

運転免許みたいにゴミの捨て方教習とか行政でやってくれない

かな…。e-ラーニングとか使って、受講して合格すれば

行政サービスの特典つくみたいな。みんなの手間もゴミも減って

市民も行政も地球もうれしい。三方よしなんじゃない? 木田

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽購読変更・配信の停止を希望される方は…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/

 

▽このメルマガのバックナンバーは…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/backnumber/

───────────────────────────────────

■発行責任■

株式会社女ゴコロマーケティング研究所 所長 木田 理恵

http://www.onnagokoro.com/

〒541-0046 大阪市中央区平野町2-2-12

TEL: 06-7178-0525

☆このメルマガに関する感想・お問合せは info@onnagokoro.comまで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【女ゴコロ】Vol.157「世界一〇〇なホテル」

【女ゴコロ】Vol.159「お気に入りのタオルがあるだけで」

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪