HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2016年9月29日 配信

【女ゴコロ】Vol.148「モテる男②」

 

◆◇…女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.148:2016.9.29)…◇◆

 

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

・女ゴコロを学ぶ Vol.148

「モテる男②」

 

・編集後記

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Vol.148 「モテる男②」

 

─────────────────────────────────

 

 

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。

 

前回、このメルマガで「モテる男」の記事を書いたところ

その反響の大きさに驚いている。

 

「モテたいです!」何人の方からメールをいただいたことだろう…。

最近の若者の恋愛離れの話を聞くにつれ、寂しい思いをしていたけれど

まだまだ日本、捨てたもんじゃないぞ(笑)!

 

 

さてさて…前回にも述べたように人の好みは様々なれど

 

仕事でもプライベートでも通用する「頼られてモテる男」とは

力強くてグイグイ前を歩いて女性を引っ張る男性ではなく

 

判断力、行動力、知識、体力を備えつつ

女性を不安な気持ちにさせない男性だ。

 

 

前ばかり見て、自分をちっとも見てくれようとしない男性には

 

「ちゃんと自分を見ていてくれているのか?」

 

「本当に自分を愛してくれているのか?」

 

不安を感じるのが女性。

 

 

そして、ここで「見る」と言っているのは

単に表面的に「見る」ということではなく

 

髪型変えた、お化粧を変えた、ダイエットして少しやせた

仕事や勉強、家事、育児などをがんばっているなど

日々の中での「変化」「努力」を見て気づいてほしいということ。

 

言葉に出さない心の声、不満や不安、こうして欲しい

という気持ちに気づいてほしいということ。

(女性は実際には態度や表情、声のトーンなどでサインを出している)

 

 

女性は細かな変化をつぶさに見るのが得意で

人の表情や声などから相手の心を読み取り共感することに長けている。

 

それが好きな人、関心のある人なら尚更敏感だし

大切に思っている人なら当然のことでしょと思っている。

 

 

しかし、実際のとことろ男性は

 

細かな変化に気づくのは苦手だし

(過去から現在のつながり、プロセス、変化にあまり興味がない)

 

相手の表情や声から感情を察するのは苦手だ

(言ってくれなきゃわからないし、言葉通りに受け取る)

 

そもそもそういうことが重要だと思っていないので

気づくアンテナを張っていない。

 

そして気づいたとしても「言葉」にして相手に投げかけるのが苦手だ。

「言葉」になんてしなくても「態度」でわかるだろうと思っている。

 

 

でも、女には「わかんない」のだ。

いや、なんとなくわかってはいても

つどつど「言葉」にして伝えてもらわないと安心できないのだ。

 

 

「ちゃんと見ているよ。気にかけているよ」

「君が何に不安を感じているのか気づいているよ(聞かせて)」

 

 

そういう男性の方がマッチョな男より、

仕事でもプライベートでも頼られてモテる。

 

「何だか、めんどくせ~な!」

 

なんて声が聞こえてきそうなのは気のせいか…。

 

 

 

▼フェイスブックページ『木田理恵と女性視点について話そう!』▼    

http://www.facebook.com/onnagokoro

 

 

▼木田理恵 著書『彼女があのテレビを買ったワケ』▼ 

http://www.amazon.co.jp/dp/4767806976

 

 

 

━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

「モテる男」について書いてきたが、女性の皆さんも男性を理解する

ことで、少しは楽になれたり、誤解が解けたり、いらぬ心配がなくな

たりするのではないか…と思う。些細な変化に気づかないのも、

気持ちを察してくれないのも、言葉にして伝えてくれないのも、

あなたに関心がないのではなく、単に苦手なだけ、それだ大切だと

気づいていないだけかも知れない。そして、職場では「女」を前面に

ださないことが懸命だ。仕事はなんだかんだと「結果」の世界。

そして言葉にしてない気持ちを察してよという「察してちゃん」は

スムーズに効率よく仕事を進める上では周りにとても迷惑な存在だ。

管理職の9割を男性が占める企業の中では、郷に入れば郷に従え。

男性的なコミュニケーションを心がけることが実は自分のストレスも

軽減してくれる。木田

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽購読変更・配信の停止を希望される方は…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/

 

▽このメルマガのバックナンバーは…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/backnumber/

───────────────────────────────────

■発行責任■

株式会社女ゴコロマーケティング研究所 所長 木田 理恵

http://www.onnagokoro.com/

〒541-0046 大阪市中央区平野町2-2-12

TEL: 06-7178-0525

☆このメルマガに関する感想・お問合せは info@onnagokoro.comまで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【女ゴコロ】Vol.147「モテる男」

【女ゴコロ】Vol.149「子どもを産むのは裏切りか?」

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪