HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2016年7月27日 配信

【女ゴコロ】Vol.144「ラブレターを書こう!」

 

◆◇…‥女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.144:2016.7.27)‥…◇◆

 

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

・女ゴコロを学ぶ Vol.144 

「ラブレターを書こう!」

 

・「女性マーケター養成講座」9月26、27日開催

★お急ぎください!早割期間は7月31日まで★

 

・編集後記

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Vol.144 「ラブレターを書こう!」

 

─────────────────────────────────

 

 

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。

 

広告が効かなくなったと言われる昨今。

インターネットの普及などにより世の中に流れる情報量はとてつもなく増えた。

そのような状況を元電通のコミュニケーションディレクター佐藤尚之さんは

 

「私たちが世の中に流す情報は、世界中の砂浜の砂の一粒に過ぎない。」

 

と表現している。

 

2010年の1年間で、世界中の砂浜の砂の数と同じ1ゼタバイトの情報が流れ

2020年(東京オリンピック開催年)の情報の流通量は「35ZB」と予測されている。

 

お金を出して広告さえ出したら見てもらえる。お客さんが来る。

という時代はとっくに終わっているのだ。

 

いや、何億、何百億とお金を積んだらその圧倒的露出量で

消費者に届く確率は高くなるだろう。

 

しかし、そんなことのできる企業なんて極々一部だ。

 

では、そんな規模の情報投下ができない企業はどうするのか?

 

私は地道に一人、また一人とファンを増やしていくことだと思う。

 

 

自分たちの価値観に共感してくれそうな人がいる場所まで出向き

 

その人(たち)のココロを慮り

 

その人(たち)の喜ぶやり方で

 

その人(たち)のココロに刺さる言葉で

 

自分たちの思いを熱く、誠心誠意伝える

 

 

まさにそれは恋愛に似て

伝える言葉は「ラブレター」なのだと思う。

 

 

私はあなたのことが大好き。

だから私に気づいて!

そしてこんな私を好きになって欲しいの…。

 

そんな思いの熱量がなければ相手になんか伝わらないし

相手の行動を変えるなんてことはできない。

 

 

一方的に自分の言いたいことだけ

誰彼かまわずにまき散らしていてもうるさいだけだし

 

相手の気持ちなんてお構いなしに広告を送り続けていても

つきまとわれて嫌だという印象を与えるだけだ。

 

 

独りよがりでは恋愛は成就しない。

 

 

私のことを好きになってほしい。

私のことを理解してほしい。

そして私の望むやり方で付き合ってほしい。

 

その前に

 

あなたはその人(未来のお客様)のことが好きなのか?

あなたはその人のことをどれだけ理解しているのか?

あたたはその人の望むつきあい方を想像できているのか?

 

を考えよう。

 

 

そして心を込めて「ラブレター」を書こう。

 

 

 

 

ご意見、ご感想はフェイスブックにいただき

皆さんとシェアさせていただけるとうれしいです!

もちろんすべてにお返事します!

 

 

▼フェイスブックページ『木田理恵と女性視点について話そう!』▼    

http://www.facebook.com/onnagokoro

 

 

▼木田理恵 著書『彼女があのテレビを買ったワケ』▼ 

http://www.amazon.co.jp/dp/4767806976

 

 

 

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

 

「女性マーケター養成講座」9月開催決定!

 

★お急ぎください!早割期間は7月31日まで★

 

あと5日です!

 

───────────────────────────────

 

必要なのは「特別な才能」ではなく「気づき」と「トレーニング」

社内に埋もれた資源 "女性の資質" を開花させ、企業の成長に

貢献するマーケターに育てませんか?

 

女性視点とは何か?という本質的な学びと共に、

アンテナを立て、思考し、アイデアを出し、企画し

プレゼンテーションを行う一連の理解とできるようになるための

トレーニングも行います。80ページに及ぶテキストはすべて

お持ち帰りいただきますので、社内での共有、反復学習も

していただけます。

 

 

日時:2016年9月26日(月)13:00~17:30

2016年9月27日(火)10:00~17:30 の全2日間

 

場所:大阪産業創造館

 

費用:68,000円 

<早期申込み特典> 7/31までのお申し込みは65,000円

 

定員:20名(女性対象)

 

詳しくはこちら↓

http://www.onnagokoro.com/course/

 

 

 

━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

高いお金を払って広告を出さなくとも、個人で情報発信できる時代と

なりました。Facebook、Twitter、Instagram、LINE etc。挙げれば

キリがないけれど、その分、企業の広報や広告担当者に

コミュニケーション能力があるかないかで結果が大きく左右される

時代となりました。でもだからと言って悲観する必要はありません。

お客様を目の前にしたリアルのコミュニケーションと違い、それらは

基本、文章やビジュアルでのコミュニケーションが主。考え、戦略を

立て、表現に工夫を凝らす時間は十分に与えられているのです。

要はそのことに気づき、対策を練り、情報収集や学習、能力を高める

ためのトレーニングを積むかどうかの話。そして、その前にもっと

大切なのは自分自身がそのような情報に触れ、一消費者として

何を感じたかを意識してストックしていくこと。そして、ファンを

つくたければ自分も何かのファンになりファンの心理、行動を体感

し感受性を磨くことだと思う。自分や人のココロの動きに鈍い人は

人のココロを動かすコミュニケーションなどできないと思うのです。

木田

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽購読変更・配信の停止を希望される方は…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/

 

▽このメルマガのバックナンバーは…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/backnumber/

───────────────────────────────────

■発行責任■

株式会社女ゴコロマーケティング研究所 所長 木田 理恵

http://www.onnagokoro.com/

〒541-0046 大阪市中央区平野町2-2-12

TEL: 06-7178-0525

☆このメルマガに関する感想・お問合せは info@onnagokoro.comまで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【女ゴコロ】Vol.143「ああ!夏休みがやってくる!」

【女ゴコロ】Vol.145「売場の役割」

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪