HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2016年4月 8日 配信

【女ゴコロ】Vol.137「女性プロジェクトの落とし穴」

 

◆◇…‥女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.137:2016.4.8)‥…◇◆

 

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

・女ゴコロを学ぶ Vol.137

「女性プロジェクトの落とし穴」

 

・「女性マーケター養成講座」6月は満席となりました!

緊急! 次回開催日のお知らせ

 

・編集後記

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Vol.137 「女性プロジェクトの落とし穴」

 

─────────────────────────────────

 

 

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。

 

仕事柄、女性視点マーケティングを実践するための

女性プロジェクトの立ち上げにかかわることが多いのですが

今日はその中からの気づきをシェアしたいと思います。

 

事前にご担当者(決裁権者)とお話をして、プロジェクトの役割や使命

目標、タイムスケジュールなどを決めていても、

実際はプロジェクトのメンバーが招集され、キックオフをしてみないと

どこまでのレベル感、スケジュール感で進められるかは見えてきません。

(ほんとはメンバー選出が一番の鍵だったりするんですが…)

 

外部で企画書をつくって、制作、運営も外注任せであれば別ですが。

(その方が楽だったりします…W)

 

女性プロジェクトの使命は

女性マーケティングの実践と成果を上げることだけでなく

 

それを実践し続けることができる“人材育成”と

それを受け入れサポートし共に成長していく“社内風土づくり”

 

むしろ、企業の成長のためには目の前の成果よりも

そっちの方が大事だったります。

 

とはいえ、短期間に目に見える成果がないと求心力が弱まるので

両方をどのタイミングでどうカタチにしていくのかというのが

コンサルタントの力の見せどころなんですが…。

 

たくさんプロジェクトに関わってきて

これは時間がかかるなぁと思うケースがあります。

 

それは、招集された女性たちがすっかり組織に染まりきっていること。

わかりやすく言うと「おやじ化」しているケースです。

 

長年培われた会社の風土だったり

その中での仕事の与えられ方だったり

女性に対する(暗黙の)評価の基準だったり

 

そんな中で「優秀である」と評価されて選抜される女性の中には

すっかり思考回路が“男性脳化”“組織脳化”していて

 

女性ならではの感性や生活体験からくる瑞々しい発想ができない人が

多いのです。

 

それもそのはず今までどちらかというとそういう発想は

組織の中では否定され、価値がないと評価されてきたのですから…。

 

彼女たちは、一生懸命、会社の期待に応えようと

女性ならではの感性を封印し、男性と同じように思考する努力を

してきたんですね…。

 

そういうメンバーがプロジェクトの大半を占めるとまず

 

自分が女性であるということを自覚し

自分の感性、感覚を肯定し

自分の心の変化、周りの女性の心の変化に敏感になることから

 

徐々にはじめてもらいます。

 

「女性向けの商品を企画するとき、企画をする女性本人が

笑顔でないと、お客様を笑顔にする商品なんかつくれない」

 

これは、私が尊敬する

長年女性向け商品企画に携わってきたある女性の言葉です。

 

上司の顔色や、会社の都合や、これまでの慣習を気にしていては

いい発想なんてできないんです。

 

上司の役割は「そんなこと気にしなくていい」と口で言うだけでなく

本当にそういう環境をつくり、道をつくってやることです。

 

そして、間違ってはいけないのが

発想は「女ゴコロ」だけれども、それをカタチにしていくのは

男性脳的なシステム化発想だったり

組織を動かす力だったりするということです。

 

 

もしや、女性プロジェクトをつくっただけで安心していませんか?

 

 

 

ご意見、ご感想はフェイスブックにいただき

皆さんとシェアさせていただけるとうれしいです!

もちろんすべてにお返事します!

 

 

▼フェイスブックページ『木田理恵と女性視点について話そう!』▼    

http://www.facebook.com/onnagokoro

 

 

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

 

■緊急告知■ 6月開催分は“満席”となりました!!

 

女性マーケター養成講座 9月開催決定!

───────────────────────────────

 

6月9日、10日に予定しておりました女性マーケター養成講座は満席と

なりました。まだ、2ヵ月あるから…とご検討いただいていた皆様、

誠に申し訳ございません!!

ということで、急遽、次回開催日を決定いたしました!

またちょっと随分先ではありますが、2016年度の開催はおそらく

これで最後になると思いますので、お早めにお席を確保いただければ

と思います。

 

 

日時:2016年9月26日(月)13:00~17:30

2016年9月27日(火)10:00~17:30 の全2日間

 

場所:大阪産業創造館

 

費用:68,000円 

<早期申込み特典> 7/31までのお申し込みは65,000円

 

定員:20名(女性対象)

 

詳しくはこちら↓

http://www.onnagokoro.com/course/

 

 

 

━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

昨日、ある女性プロジェクトのキックオフセミナーに行ってきた。

メーカー・代理店の女性が中心に会を主催し、販売店の女性スタッフ

を集めて女性視点マーケティングについて共に学ぶというものだ。

私はその講師を務めているのだが、会の運営はすべて主催者側の女性達。

いつも感心させられるのは、その細やかな心配りと演出。きちんと私の

レジュメを予習し、女性が喜ぶ五感の演出とおもてなしを実践されて

いるのだ。初対面での顔合わせ、知らない人だらけの中で、初めて外に

学びに来る人もいて、皆、緊張の面持ちで会場に現れる。しかし、

運営スタッフの笑顔とウェルカムボード、アロマのいい香り、選曲の

よい素敵な音楽、花をあしらったネームプレートなどなどに迎え入れ

られ、会場は和やかなムードに包まれてセミナーが始まった。

何を話すかも大事だが、どんな環境で、どんな風に扱われ、どんな心境

で話を聞くのかもとても大事。これは、女性視点マーケティングで

女性客のココロをつかむために重要なこととして伝えている。

そういう経験(気づき)のない人が、お客様にそうしてあげることは

できないと思う。暗い部屋に閉じ込めていくら勉強させても身には

ならないと思っている。  木田

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽購読変更・配信の停止を希望される方は…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/

 

▽このメルマガのバックナンバーは…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/backnumber/

───────────────────────────────────

■発行責任■

株式会社女ゴコロマーケティング研究所 所長 木田 理恵

http://www.onnagokoro.com/

〒541-0046 大阪市中央区平野町2-2-12

TEL: 06-7178-0525

☆このメルマガに関する感想・お問合せは info@onnagokoro.comまで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【女ゴコロ】Vol.136「嫌なオンナ」

【女ゴコロ】Vol.138「重版出来」

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪