HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2016年2月24日 配信

【女ゴコロ】Vol.134「200羽のアヒル」

 

◆◇…‥女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.134:2016.2.24)‥…◇◆

 

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

・女ゴコロを学ぶ Vol.134

「200羽のアヒル」

 

・3/17 山口県で講演をします!

 

・編集後記

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Vol.134 「200羽のアヒル」

 

─────────────────────────────────

 

 

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。

 

石川県に宝生亭という温泉旅館がある。

4人の子どもを育てる女将が奮闘する家族に優しいお宿だ。

 

決して大きくもなく、新しくもなく

施設にしても、環境にしても恵まれているとはいえないお宿だが

子連れ客や地元客で大変賑わっているそうだ。

 

ホームページを開いて、いきなり引き付けられた。

 

「貸切露天風呂にアヒル200羽」

 

すごい!入りたい!

いや、私がではなく、子どもと一緒に入ったらさぞかし喜ぶだろうと

子どものはしゃぐ姿が一瞬目に浮かんだのだ。

 

小さな子どものいる家では必ずと言っていいほど

小さなビニール製の黄色いアヒルが1羽はいないだろうか…。

 

他にもお魚を形どった水遊び用のおもちゃを狭い湯船に浮かべて

飽きもせず遊んでいた姿が懐かしい。

 

親と子とおもちゃで湯船がキュウキュウで

全然落ち着いてお風呂に入れないのが悩みの種だった。

 

あ~!温泉につかってゆっくりしたい。

 

と思っても子連れでは、他のお客さんにも気を遣うし

第一、温泉にただつかりに行くというのでは子どもが退屈する…。

 

ということで、わが家では毎年「温泉行きたいね…」と言いながら

子どもが生まれてから一度も温泉旅行に行ってなかったのだ。

 

「貸切露天風呂にアヒル200羽」

 

という言葉に

この旅館、子育てママの気持ちをほんとよくわかってくれていると

ズキュンと胸を打たれた。

 

多くの人は、ここにしかない価値を

 

最新の技術や、唯一無二の環境や資源だったりに求め

うちにはウリがない、恵まれていないと思考を停止したり

 

それらがあるばっかりに頼り過ぎ

技術が古くなったり、環境が変化すると一緒に廃れる道を歩む。

 

「アヒル200羽」

 

真似をしようと思えば、今すぐにできることだ。

ビニール製のアヒルを200個買えばいいのだ。

 

でも本物と偽物の違いはお客様には伝わるものだと思う。

 

本当に家族連れを喜ばせたいという気持ちから湧きあがった

アイデアだからこそ、きっと他の空間やサービスにも

一貫して家族が嬉しいストーリィがつながっているはずだから。

 

ほんとうの資源というのは

外的環境にあるものではなく私たちの中にあるんじゃないかなと

この旅館を見ていて感じた。

 

ご意見、ご感想はフェイスブックにいただき

皆さんとシェアさせていただけるとうれしいです!

もちろんすべてにお返事します!

 

 

▼フェイスブックページ『木田理恵と女性視点について話そう!』▼    

http://www.facebook.com/onnagokoro

 

 

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

 

3/17 山口県で講演をします!

───────────────────────────────

 

山口県中小企業団体中央会の次世代育成研修会にお招きいただき

3月17日に山口県で講演をさせていただきます。

県外からのご参加もOKとのことですのでご興味のある方は是非!

 

 

「女性視点マーケティング ~女ゴコロをつかむ8つのキーワード~」

 

日時:2016年3月17日 15:30~17:30

 

場所:ゆとりの宿 山村別館 長門市深川湯本533-1

 

費用:無料

 

主催:山口県中小企業団体中央会

 

詳しくはこちら↓

http://axis.or.jp/info/7777.html

 

 

 

━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

六甲山スノーパークに子どもたちと行ってきた。関西に住んでいながら

初めての訪問。20代はスキーにのめり込みスキーバスに乗って信州方面

のゲレンデに足繁く通ったが、人工雪の狭いスキー場なんていくら近い

からといって行かないわ…。なんて言っていたものだからこれまで行く

機会がなかったのだ。今回は子連れで初めてのゲレンデデビューという

こともあり、とにかく安全で安心して無理をせず…にピタッとあったの

が六甲山スノーパークだった。ここなら雪ゾリ専用ゲレンデや雪遊び

専用ゾーンがあって、安全だし。レンタルも充実していて手ぶらで行け

る。自宅から車で1時間半。10時半ごろに着くと同じように考える家族

連れでレンタル受付が大混雑だった以外は、とても快適に楽しく時間を

過ごせた。子どもと一緒にソリで滑り、雪だるまをつくり、雪合戦を

して童心に帰った。外遊びはやっぱり楽しいし、自然の中での子ども

の笑顔は最高だ。また、目立ったのが中国人観光客の姿。関西に旅行

に来たついでにちょっと足を運んで雪を楽しみに来たのだろう。

六甲山スノーパークはいつでも雪がある狭くて近いコンビニエンス

スキー場という昔のイメージとは違って、そのネーミング通り、都会

になっていた。「また来ようね!」と約束をして15:30には施設を出た。

それでも十分雪を堪能し、夕飯を家でつくる時間に十分間に合った。

木田

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽購読変更・配信の停止を希望される方は…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/

 

▽このメルマガのバックナンバーは…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/backnumber/

───────────────────────────────────

■発行責任■

株式会社女ゴコロマーケティング研究所 所長 木田 理恵

http://www.onnagokoro.com/

〒541-0046 大阪市中央区平野町2-2-12

TEL: 06-7178-0525

☆このメルマガに関する感想・お問合せは info@onnagokoro.comまで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【女ゴコロ】Vol.133「嬉しい!楽しい!バレンタイン」

【女ゴコロ】Vol.135「マイクローゼット」

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪