HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2016年1月27日 配信

【女ゴコロ】Vol.132「あなたがそこにいるだけで」

 

◆◇…‥女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.132:2016.1.27)‥…◇◆

 

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

・女ゴコロを学ぶ Vol.132

「あなたがそこにいるだけで」

 

・「女性マーケター養成講座」6月開催決定

 

・編集後記

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Vol.132 「あなたがそこにいるだけで」

 

─────────────────────────────────

 

 

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。

 

 

あなたがそこに

ただいるだけで

その場の空気が

あかるくなる

 

あなたがそこに

ただいるだけで

みんなのこころが

やすらぐ

 

そんな

あなたにわたしも

なりたい

 

これは、有名な「相田みつを」さんの詩です。

 

 

30代前半に知り合ったある仕事関係の方から

いただく年賀状に毎年、この詩が印刷されていました。

 

とても素敵な詩ですね。

 

でも実は私、この詩に大きなコンプレックスを抱いていました。

 

だからこの年賀状をいただくたびに胸がグサリ、グサリ…w。

 

私って職場では全く逆の人間ではないだろうか…。

私がいるだけで職場がピリピリしてる気がする。

ほんとはこんな詩にあるような人が理想なのに…。

 

 

その頃の私ったら

 

プロジェクトで結果を出す責任、数字の責任、部下育成の責任

そんなプレッシャーで余裕がなくいっぱいいっぱいの状態でした。

 

直面する「課題」「問題」をバッサ、バッサと解決していかなければ

「結果」が出ない。仕事が前に進まない。(と思っていました)

 

 

特に、クライアントである企業の経営者やキーマンの方々(ほぼ男性)

から信頼をしていただくためには

彼らの論理的思考に合わせて思考し、結果を出すこと…。

 

 

私の頭の中は常にシステム化思考、問題解決脳がフル出力状態。

 

するとどうでしょう。

相手の気持ちに共感する。相手に寄り添うといったことが

ついつい後回しになってしまうのでした。

 

そのころの職場は9割以上が女性の会社でした。

 

どちらかというと「人の気持ちを重視する共感思考」の輪の中で

「結果重視の問題解決思考」の鉈をブルンブルン振り回している状態

と言えば想像がつくでしょうか(笑)。

 

そして組織が「共感思考」が強ければ強いほど

その逆に、自分が「解決しなければ!」とその傾向を強めてしまう。

そうやって組織のバランスを保とうとしていたのだと思います。

 

そんなことを意識し、たくさんの経験(特に失敗)をすることで

 

共感思考の大切さ、問題解決思考の大切さ

そしてそのバランスの大切さが身に染みてわかるようになりました。

 

 

今、よくご相談を受ける「女性プロジェクト」もまた

 

このバランスをどう舵取りするかが

プロジェクトの正否を握っているといっても過言ではありません。

 

女性だからこそ

この両輪がうまく機能するチームビルディングが必要なのです。

 

あなたのチームはどうですか?

 

ご意見、ご感想はフェイスブックにいただき

皆さんとシェアさせていただけるとうれしいです!

もちろんすべてにお返事します!

 

 

▼フェイスブックページ『木田理恵と女性視点について話そう!』▼    

http://www.facebook.com/onnagokoro

 

 

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

 

女性マーケター養成講座 6月開催決定!

───────────────────────────────

 

昨年10月に開催し、好評をいただいた女性マーケター養成講座の

2016年度の開催日程が決定しました!

 

 

日時:2016年6月 9日(木)13:00~17:30

2016年6月10日(金)10:00~17:30 の全2日間

 

場所:大阪産業創造館

 

費用:68,000円 

<早期申込み特典> 4/30までのお申し込みは65,000円

 

定員:12名(女性対象)

 

詳しくはこちら↓

http://www.onnagokoro.com/course/

 

 

 

━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

女性ばかりの輪の中で、問題解決思考を発動するのは、なかなか勇気の

いることだ。女性はもともと場の空気を読み争いや揉め事が起きないよ

う相手の気持ちを考えて言葉や態度を選ぶタイプの人が多い。和を乱す

言動をする人は脅威となり、防衛のために排除するといった集団行動を

起こすこともある。YESかNOかをはっきりさせることや問題を明らかに

し解決方法を考え、取捨選択するためには時に誰かの意見を尊重しな

かったり、傷つけたりしてしまうかもしれない。そうすることで

相手に嫌われてしまうかもしれない。女性プロジェクトでリーダーに

なった経験のある人は誰しも一度は悩んだことがあるのではないだろ

うか…。でも、自分がこの先、仕事を愛し、キャリアアップを目指す

ならここから逃げてはいけないと思う。

「やさしい人ではなく、頼られる人になりなさい」

これは私が20代に受けた女性のためのキャリアセミナーである講師が

おっしゃったこと。あれから20年経った今でも、私の心に深く根付い

ている。先日あるプロジェクトに参加いただいたビジネスパートナー

の方に「木田さんがそこにいるだけで、現場の空気がピリッとして

明るく前向きな雰囲気になりました」とメッセージをいただいた。

私はようやく“相田みつを”の呪縛から解き放たれた(笑)。木田

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽購読変更・配信の停止を希望される方は…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/

 

▽このメルマガのバックナンバーは…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/backnumber/

───────────────────────────────────

■発行責任■

株式会社女ゴコロマーケティング研究所 所長 木田 理恵

http://www.onnagokoro.com/

〒541-0046 大阪市中央区平野町2-2-12

TEL: 06-7178-0525

☆このメルマガに関する感想・お問合せは info@onnagokoro.comまで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【女ゴコロ】Vol.131「後世に何を残せるか」

【女ゴコロ】Vol.133「嬉しい!楽しい!バレンタイン」

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪