HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2015年11月25日 配信

【女ゴコロ】Vol.128「着眼大局 着手小局」

 

◆◇…‥女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.128:2015.11.25)‥…◇◆

 

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

・女ゴコロを学ぶ Vol.128

「着眼大局 着手小局」

 

・編集後記

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Vol.128 「着眼大局 着手小局」

 

─────────────────────────────────

 

 

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。

 

「着眼大局 着手小局」

 

20代前半によくお仕事をさせていただいた設計施工会社がありました。

これは、その商談ルームに掲げられた額に書かれていた言葉です。

 

まだ、若かった私はこの言葉の本当の重さとか、難しさとかをわからずに

「誰だかわかんないけど、いいこというじゃ~ん!」

くらいにしか思っていませんでした(笑)。

 

ところが最近、数々の女性プロジェクトのお世話をさせていただくうちに

女性プロジェクトの成否は「着眼大局 着手小局」にかかっている

と言っても過言ではないなぁと思うようになりました。

 

 

「着眼大局 着手小局」

 

 

文字通り、

物事を大きな視点から見て、小さなことから実践するという意味です。

 

 

“着眼大局”

 

物事を全体的に大きく捉えて、その本質を見抜き要点をおさえること。

 

“着手小局”

 

細かなところに目を配り、具体的な作業を実践すること。

 

 

文字にすると、当たり前のようなことが、いざ実戦となると難しい…。

 

物事を大局で見ることのできる人は、

細やかに欠けその大切さに気づかないことが多い。

 

細かなところに目を向けることのできる人は、

目的を忘れて手段に過ぎない枝葉にハマってしまうことが多い。

 

着眼大局、着手小局を両方バランスよくできる人なんて稀有なのです。

 

 

女性プロジェクトで特に気を付けなければならないのは特に後者です。

 

女ゴコロをつかむには、細部へのこだわりが大切と常に言いますが

それはすべて、目的に帰結すための手段。

 

細かな作業にハマっているときこそ、一度立ち止まり

目的を再認識する“大局思考”が大切です。

 

先にも書いたように、両方できる人はほとんどいません…。

 

であるならば、プロジェクトスタート前にメンバー全員が

「着眼大局 着手小局」の重要性を認識し

大局を理解した上でのプロジェクトスタート

マイルストーンごとに大局からずれていないかを確認

リーダーは常に大局を軸に小局のバランス、調整を行うこと

 

などを意識して進めることが大切です。

 

 

女性プロジェクトで大切なのは、

自分たちが行ったことで成果が上がったと自信をつけてもらい、

社内外からもその重要性について認められ

次のステップへの階段を上がること。

 

大局からずれていくら細やかな作業をしたところで成果には

結びつきません。

 

“彼女たちのがんばり=成果”に結び付くよう

プロジェクトマネジメントをしっかりしていきたいですね!

 

 

ご意見、ご感想はフェイスブックにいただき

皆さんとシェアさせていただけるとうれしいです!

もちろんすべてにお返事します!

 

 

▼フェイスブックページ『木田理恵と女性視点について話そう!』▼    

http://www.facebook.com/onnagokoro

 

 

━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

先週、PTA主催のセミナーに行ってきた。テーマは「子どもを取り巻く

SNSの危険と対策について」。うちの子はまだ小学一年でスマートフォン

は持たせていないが、今どきの小学生のSNS事情はどんなものだろうと

興味本位での参加だった。まず、保護者の参加がとても少ないことに

驚く…。そして、話が進むにつれ、人間関係を構築したり、コミュニケ

ーション能力を磨いていく途上の幼い子どもたちが、否応なく24時間

つながりっぱなしの超情報処理能力、超コミュニケーション能力が求め

られるネット社会の渦に無防備に放り込まれている事実に愕然とした。

LINEいじめの実態などを聞いていると心が締め付けられる思いがした。

きっかけは、ほんの些細なことから…。いつ、自分の子どもが巻き込ま

れてもおかしくない現状。そして困ったことに、子どもをサポートし、

導かなければならないはずの親や教師にネット社会の危険性への理解

対策などのリテラシーがないこと。このようなセミナーの参加人数の

少なさを見ても如実だ。私たちが手にいれた便利な社会が、子どもたち

をどんな危険に晒し、ストレスの元凶となっているかをちゃんと考えて

対策をしていかなければならないと強く思った。   木田

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽購読変更・配信の停止を希望される方は…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/

 

▽このメルマガのバックナンバーは…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/backnumber/

───────────────────────────────────

■発行責任■

株式会社女ゴコロマーケティング研究所 所長 木田 理恵

http://www.onnagokoro.com/

〒541-0046 大阪市中央区平野町2-2-12

TEL: 06-7178-0525

☆このメルマガに関する感想・お問合せは info@onnagokoro.comまで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【女ゴコロ】Vol.127「あなたにとってのベスト」

【女ゴコロ】Vol.129「コウノドリ」

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪