HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2015年9月 2日 配信

【女ゴコロ】Vol.123「時短と罪悪感」

 

◆◇…‥女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.123:2015.9.2)‥…◇◆

 

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

・女ゴコロを学ぶ Vol.123

「時短と罪悪感」

 

・女性マーケター養成講座

 

・編集後記

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Vol.123 「時短と罪悪感」

 

─────────────────────────────────

 

 

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。

 

低迷する消費の中で、調理済み食品や総菜調味料など加工食品の売り上げが

伸びている。

 

未婚率が上昇し、お一人様世帯が増えたこと。

働く女性が増え、家事を少しでも時短したいというニーズが高まっていること

などがその要因として考えられるが、

 

それにしても、スーパーへ行くとそのアイテム数の多さに驚く。

 

手持ちの調味料を合わせればできそうなものが

レトルトパック一つに全部入っていて

メインの食材を切って、炒めて、和えるだけ。

特にそういった惣菜調味料のコーナーのアイテムが半端なく多い…。

 

味噌や醤油も最近は出汁入りのものが増えてきたし

 

冷凍食品の食感や味もどんどん良くなってきている。

 

では、どんどん手間が省けて

主婦大喜びかというと、事態はそんなに単純ではない。

 

 

食品メーカー江崎グリコの調査では

 

毎日の家事にかける時間が足りないと答えた主婦は63.1%

(うち有職主婦74.0%、専業主婦52.2%)

 

そんな中で、家事の質を落としたくないと答えた主婦は86.2%

90.8%の主婦が家族からの評価が気になる家事があると答え、

そのうち料理が占める割合は63.8%とダントツ1位だ。

 

つまり、家事の時間は短くしたいが、質は落としたくないし

家族に手抜きだ、おいしくないと評価されたくないということ。

 

 

主婦が家で食事を作る理由は、「安く済む」「家で作る時間がある」の他、

「手料理を食べさせたい」「安心安全」「栄養がある」が上位を占める。

 

“ 効率 + 家族への愛 ”

 

働く女性が増え、家事、育児を効率化し時間短縮させるというニーズは

今後も高まることは間違いないが、それだけでは母の心は満たされない。

 

むしろ、そういったものを購入するたびに自己嫌悪し、罪悪感に苛まれる

女ゴコロをどう救ってあげるのかが開発者や販売者の腕の見せどころでは

ないだろうか?

 

家事を効率化しつつも、家族の健康や安心安全、喜び楽しみなど、

家族の幸せのためにこの選択は間違っていないと後押ししてくれる

プラスαの価値、言い訳となる要素がこれからの商品開発には求められる。

 

 

ご意見、ご感想はフェイスブックにいただき

皆さんとシェアさせていただけるとうれしいです!

もちろんすべてにお返事します!

 

 

▼フェイスブックページ『木田理恵と女性視点について話そう!』▼    

http://www.facebook.com/onnagokoro

 

 

 

 

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

 

「女性マーケター養成講座」概要

 

───────────────────────────────

 

先日、とあるセミナー会場で劇的な再会を果たしました。

3年前に女性マーケター養成講座にご参加いただき、女性視点の店づくり

成功事例で取材をさせていただいたスーパー「マルヨシセンター」の

女性スタッフとお会いすることができたのです。

 

当時、その女性はレジチーフとして売場づくりや販促に参加し活躍

されていたのですが、今はその功績が評価され本部で女性プロジェクトの

マネジメントに関わるまでになられました。

 

「木田さん、あれからうちの会社はもっともっと進化しているんですよ!」

 

そう語った彼女のイキイキした顔が忘れられません。

 

 

「女性マーケター養成講座」に参加された

株式会社マルヨシセンター様の事例

http://www.onnagokoro.com/course/report.html

 

 

■女性マーケター養成講座 

 

 

日時:2015年10月8日(木) 13:00~17:30

2015年10月9日(金) 10:00~17:30 の全2日間

 

場所:AP品川アネックス

 

定員:30名  

 

費用:68,000円/名

 

講師:木田理恵 株式会社女ゴコロマーケティング研究所 所長 

 

詳細・お申込み先:

http://www.onnagokoro.com/course/

 

■カリキュラム

 

1日目

 

1.女性視点を身につける

・女性マーケターの必要性と資質に気づく

・女性脳、男性脳の違いとアプローチ手法

・多様化する女性のライフコースとライフスタイルを知る

・女ゴコロをつかむキーワード

2.事例研究

・女性視点マーケティング成功事例からオムニチャネル最新事例まで

3.女性マーケターの基礎トレーニング(前編)

・情報収集、発想法

 

2日目

 

3.女性マーケターの基礎トレーニング(後編)

・マーケティングの基本的な考え方

・論理的思考法、プレゼンテーション法

4.自社商品の企画

・自社商品(店舗)の強み・弱み分析

・女ゴコロをつかむ自社商品(店舗)の企画

・プレゼンテーショントレーニングとフィードバック

 

 

■受講生の声

 

 

木田さん、みなさん、2日間大変お世話になりました。

本当に目から鱗の落ちる2日間でした。グループワークが多いので、

ステキな参加者のみなさんからたくさんの刺激を受けました。

2日目の帰り道には次から次に発想が広がっていくので

忘れないようにメモしながら帰りました。

夜になっても眠れないくらい!モノの見方がちょっと変わると、

ネタはどこにでも見つかるものなんですね。

興奮さめやらぬうちに翌日企画書をまとめて、社長に伝えました。

そして4つの企画のうち3つはすぐに進めようということになりました!

本当に素晴らしい講座でした。すでに周囲にクチコミしています(^^)

(住宅メーカー)

 

 

研修から1週間があっという間に過ぎてしまいました。

2日間という短い期間でしたがとても充実した内容で、

木田先生ワールドへすっかり引き込まれてしまいました。

本当にありがとうございました。そしてなんと、今日は早速、

突然上司から企画書の制作依頼がありました。

企画書を作るのは初めてですが、2日間習得したことを思い出しながら、

しっかりと取り組んで行こうと思います。(広告代理店)

 

 

自社の分析をすることで表現力、発信力などが不足していることに

気づいた。もっと会社の理念や価値などを会員やスタッフにわかって

もらえるように働きかける必要があると思いました。

実際にワークショップで実施した技法を取り入れてもいいと思う。

(健康・美容)

 

 

その他の声はこちら

http://www.onnagokoro.com/course/voice.html

 

 

━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

新学期が始まりました!1日に始業式を済ませ、持って帰ってきた学校の

連絡袋の中には、明日から持ってくるモノのリストやお手紙がいっぱい。

仕事が終わってから食事の用意、後片付けを済ませ、学校からの手紙に

目を通し始めたのだが、「そんな急に言われても~(泣)」ということが

いっぱいで…。おまけに翌日から私は出張で家にいない。自分の出張の

準備に、子どもを2日間実家に預ける準備、学校の持ち物準備…etcと、

昨夜は少しパニクリながらなんとかこなした。朝、お弁当をつくって

なんとか7:40に子どもを送りだし、それに続いて家を出ようとした

瞬間、「あっ、持たせたはずの“お道具箱”がなんで玄関にあるの?!」

ということで、出張荷物とお道具箱を自転車に乗せ、必死で集団登校の

息子を追いかけたのでした…。なんとか間に合ってホッとしていますが

にしても、働くママの小学1年奮闘記はまだまだ前途多難な模様です…笑。

 

木田                                     

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽購読変更・配信の停止を希望される方は…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/

 

▽このメルマガのバックナンバーは…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/backnumber/

───────────────────────────────────

■発行責任■

株式会社女ゴコロマーケティング研究所 所長 木田 理恵

http://www.onnagokoro.com/

〒541-0046 大阪市中央区平野町2-2-12

TEL: 06-7178-0525

☆このメルマガに関する感想・お問合せは info@onnagokoro.comまで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【女ゴコロ】Vol.122「マーケティングの現場に女性のチカラを!」

【女ゴコロ】Vol.124「女性プロジェクト」

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪