HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2015年4月23日 配信

【女ゴコロ】Vol.114「買い物は自宅でポチッ!」

 

◆◇…‥女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.114:2015.4.23)‥…◇◆

 

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

・女ゴコロを学ぶ Vol.114

「買い物は自宅でポチッ!」

 

・セミナーのご報告

ECオムニチャネルセミナー第2弾!「女ゴコロ×SNS大研究」

 

・編集後記

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Vol.114 「買い物は自宅でポチッ!」

 

─────────────────────────────────

 

 

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。

 

小学校では先週から給食が始まりました。

うちの子は、重度の食物アレルギーなので、給食メニューの半分は

乳、小麦、卵などが入っているため食べられません。

 

学校と相談をして、原因食材を除去して学校から提供してもらうもの。

代替食材を使ってつくった給食メニューと同じ(似た)おかずを

家から持っていくものを取り決め、毎日、対応しています。

 

家から持参となると

できたての給食と違ってどうしても冷めてしまうのが悩みの種。

 

なんとか、みんなと同じように温かい昼食を用意してやれないか?

そう思っていたところに、

同じく食物アレルギーのお子さんを小学校に通わせているママさんから

私はこのスープジャーを持っていかせているよと

あるサイトに掲載されたジャーの写真を見せてもらいました。

 

なるほど!

 

でも、実際の大きさとか形状とかを目で見て、触って確かめたいな…。

サイトをみれば、寸法や容量は数字で表記されているのですが

女脳がそうさせるのか、なかなかイメージがわかないものなんですよね。

 

取りあえず向かったのはロフト。

 

今、流行っているせいか、た~くさんのスープジャーがありました。

でもお目当てのものがない。

みんな大きすぎて、子どもに持たせるのはちょっと…。という代物。

 

これだけの大型店でも店頭に陳列できる量

バックヤードにストックしておく量には限界があります。

すべてを品揃えるのはなく、ターゲットや商品を絞り込むのは当然。

 

結局、その後、いくつも店をハシゴしましたが

ちょうどいい感じのものは見つけられず、疲れて帰りました。

 

仕方ない。

 

現物を見ることはできなかったけど、

教えてもらったあのサイトで、あの商品を買うか…。

 

思い立ってパソコンを開いて、商品名を検索。

容量違い、色違いを比較して注文に至るまで3分。

 

あのスープジャーを探し求めて1日中

歩き回ったのはなんっだったんだろうと思うほどのあっけなさ(笑)。

しかもAmazonだったので送料も無料。

 

慣れないスープジャーに給食づくりの日々。

スープ以外のものを温かいまま入れて傷まないかしら?

と心配になってインターネットでQ&Aを検索していたら、ほどなく

 

Amazonの私へのおすすめ欄のところには

“スープジャーレシピ”の本がズラリ。

 

すごいですね。

お客様のニーズを察知して、タイミングを逃さず、関連購入を促す。

 

コンピュータなんかより高度なコミュニケーション能力を持つはずの

人間、プロの販売員でも、これ、できない人の方が多いですから…。

 

たまに素っ頓狂なこともしますが

(何度、自分で書いた本をAmazonに購入をおすすめされたことか…笑)

 

それもご愛嬌、健気に頑張っているんだなぁと思っちゃいます。

 

あっ、コンピューターのプログラムが自動的にやっていることなので

健気もなにもないのですが…。

 

最近、ネットでの買い物がますます便利になるものだから

宅配利用率が高くなってたいへんです。

 

何が、大変って?

段ボールや梱包資材のゴミが増えることです。

うちの家庭だけでこのゴミってことは日本中、世界中で考えると

いったいどれだけのゴミが増えているのか…。

 

便利さと引き換えに、環境を汚しているという良心の呵責。

意識のどこかで買い物欲求のブレーキなっている気がします。

 

買った商品を通い籠のようなものにまとめて週に一回配達してくれ

籠も緩衝材も持ち帰ってリサイクルしてくれるようになったらいいのに

なんて考えます。

 

そうなったら環境にも、お財布にもやさしいのに…。

 

 

 

ご意見、ご感想はフェイスブックにいただき

皆さんとシェアさせていただけるとうれしいです!

もちろんすべてにお返事します!

 

 

▼フェイスブックページ『木田理恵と女性視点について話そう!』▼    

http://www.facebook.com/onnagokoro

 

 

 

 

 

◆◇━ セミナーのご報告 ━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

 

ECオムニチャネルセミナー第2弾!「女ゴコロ×SNS大研究」

 

────────────────────────────────

 

2015年4月17日に東京で行われたECオムニチャネルセミナーは

150名の方にお越しいただき大盛況でした!

登壇している私が言うのもなんですが、これだけの内容を無料で

やっちゃうなんて、主催のシステムインテグレ―タさんって

なんて太っ腹なんだろうと…(笑)。

 

ソーシャルメディア研究所の熊坂氏、ELLE SHOPのマーケティング

マネージャーの荒井氏との対談もとても楽しく盛り上がりました!

 

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました

 

そうそう、会場でお話した「女性マーケター養成講座」

今年の秋、開催に向けて企画中です。

プログラムもレジュメもバージョンアップできればと

考えていますので楽しみにしておいてくださいね!

 

 

 

━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

なんでこんなにネットで買い物をするようになったんだろう…。最近、

よくそんなことを考えます。ここならあるはず!と思って行ったリアル

の大型店に行ってもしっくりくるものがないことの方が多い。なぜか。

今の世の中、商品が多すぎる。選択肢が多すぎる。いくら大型の店でも

すべての商品を品揃えることは物理的にできない。だから、こんなに

たくさんの商品が陳列されているのに、肝心の私の欲しいものはない…。

というような絶望的なことが起こる。一方、ネットならどんなマニアック

な商品であっても自宅に居ながら日本中、世界中から探すことができる。

でも、理性的に自分の意志で検索してする買い物って自分の想像の域を

超えないのでつまらなかったりする。リアルの店はその店しかできない

編集力や世界観、モノ単体ではなくその店が意志を持って品揃えをして

いるということに価値を見出さないと存在意義がなくなってしまうの

じゃないかと思う。リアルとネットは戦っている土俵が違うのだ。

ネットは後発組なのでそのことを自覚して戦略的に戦っている店が

多いがリアルはどうか…。お客様の多様化する買い方、商品、情報との

タッチポイントを考えるとネットもリアルもその強みを活かして

両方を複合的にやるのが理想だと思う。

まさにオムニチャネル。これから外せない考え方だと思います。木田

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽購読変更・配信の停止を希望される方は…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/

 

▽このメルマガのバックナンバーは…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/backnumber/

───────────────────────────────────

■発行責任■

株式会社女ゴコロマーケティング研究所 所長 木田 理恵

http://www.onnagokoro.com/

〒541-0046 大阪市中央区平野町2-2-12

TEL: 06-7178-0525

☆このメルマガに関する感想・お問合せは info@onnagokoro.comまで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【女ゴコロ】Vol.113「買い物に求めているもの」

【女ゴコロ】Vol.115「小学一年の壁」

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪