HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2014年8月 7日 配信

【女ゴコロ】Vol.97「女性比率90%の飲食店」

 

◆◇…‥女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.97:2014.8.7)‥…◆◇

 

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

・女ゴコロを学ぶ Vol.97

「女性比率90%の飲食店」

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

◆◇━ 女ゴコロを学ぶ Vol.97 ━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

 

「女性比率90%の飲食店」

 

─────────────────────────────────

 

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。

 

遠方へ出張の際は、時間節約のために大抵

新幹線の中にお弁当を持ち込み食事を済ませる派なのですが

 

大阪市内で外出の仕事があるときには

まさか在来線の中で食事をすることはできないので

飲食店でランチを済ませることになります。

 

できるだけキレイで、もちろん食事もおいしく、雰囲気よく

落ち着けるところはないかと考えるのですが

 

あれこれ迷った結果、結局はいつも同じ店に行くことになってしまいます。

 

ここのところのお気に入りは“Aftarnoon Tea TEAROOM”。

 

毎週のように通っていますが、ここ、常に女性比率90%以上なんですよね。

 

たま~に男性がいても彼女に連れられて仕方なく…という感じ

男性同士、男性一人客は皆無です。

 

食事が目が飛び出るほど「おいしいっ!」という訳ではないのですが

なんで、ここまで女性に人気なのか…。

 

女性が飲食店に求める価値って食事だけじゃないんですよね…。

 

・明るく温かみのある照明

・清潔感のある店内

・テーブルには小さくてもかわいい季節の生花

・豊富なスィーツ&ティー

・週替わり&定番の中から選べるおしゃれランチ

・スタッフのエプロン姿がかわいく

立ち居振る舞いから話す声のトーンまで“Aftanoon Tea”してる

・店頭販売のスィーツやギフトもかわいくセンスがある

 

一人で入っても心地いい感じだし

友達同士で入ってもメニュー選びの段階から話がはずむ

 

店内のロケーション、雰囲気から

そこにいるお客さんがなんだか幸せそうに見えるから

抵抗感なくスゥ~っと店に入れちゃう。

 

これ、女性比率の高いスターバックスとか、

ちょっと年齢層が上がるけど栗原はるみプロデュースのカフェ“ゆとりの時間”

にも共通するなと思うのです。

 

スタッフの愛想悪くても、店汚くても

うまい!安い!早い! 量が多い! という料理の質そのものが高ければ

受け入れられやすい男性視点的なマーケットとはかなり違いますね。

 

飲食店の事例はとてもわかりやすく

皆さんなるほど!と思われると思うのですが

 

これって、いろんな業種のいろんな店にも参考になることだと思います。

 

店舗やショールーム、自社サイト…。

 

商品そのものの質にこだわるだけでなく、その周辺価値にまでこだわり

女性に「なんとなく好き!」「なんか心地いい」といわせる演出が

質そのものの評価を押し上げ集客、リピート、客単価アップにつながる。

 

是非、異業種だからと関心の枠から外すことなく

積極的に異業種で女性に人気のブランドや店を研究し

よきところは取り入れていただきたいなと思います。

 

 

 

ご意見、ご感想はフェイスブックにいただき

皆さんとシェアさせていただけるとうれしいです!

もちろんすべてにお返事します!

 

 

▼フェイスブックページ『木田理恵と女性視点について話そう!』▼    

http://www.facebook.com/onnagokoro

 

 

 

 

━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

7月末に子どもを連れて“食物アレルギー対応 沖縄満喫の旅”という

ツアーに参加してきました。小麦、乳、卵、そば、ピーナツに重篤な

アレルギー反応を示すうちの子はまず外食ができません。外食ができない

ということは旅行なんてもってのほか。夏休みならではの体験をさせて

やりたいと思っても食事がネックとなり諦めていたのですが、食物アレルギー

対応専門の旅行会社“QOLトラベル”さんのお蔭で夢の沖縄旅行が実現しました。

参加したのは東京、大阪、名古屋、福岡、宮崎と全国各地にいる同じような

境遇の親子30人。細部に渡って安全確保。その上で子どもたちが楽しめる

ようにと盛りだくさんのイベントを用意してくださり、親も子供もほんとうに

リラックスして楽しめました。いつもは命にかかわる問題なので、外出は

いつもピリピリなんです。このツアーで一番印象的だったのは、海を一望

できるカフェでのディナーバイキング。普段は食べられるもの探すのが大変

なんですが、ここではなんでも食べていい!子どもは初めて食べるタコライス

に夢中になっていました。「ママっ!これお家でも食べたい!」そんな言葉を

聞いてか聞かずか…。厨房の中からシェフが出てきてビュッフェに並んだ

料理のレシピを配ってくれました。おいしくて、心の温まる、そして目にも

美しく楽しいお料理をつくってくれたシェフ。作り手の人柄や思いって

やっぱり料理そのものに出るのだなぁと思います。持って帰った手書きのレシピ

を見る度にココロがじ~んと温かくなります。今週末はタコライス! 木田

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽購読変更・配信の停止を希望される方は…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/

 

▽このメルマガのバックナンバーは…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/backnumber/

───────────────────────────────────

■発行責任■

株式会社女ゴコロマーケティング研究所 所長 木田 理恵

http://www.onnagokoro.com/

〒541-0046 大阪市中央区平野町2-2-12

TEL: 06-7178-0525

☆このメルマガに関する感想・お問合せは info@onnagokoro.comまで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【女ゴコロ】Vol.96「家庭の事情」

【女ゴコロ】Vol.98「キレイの先にある幸せ」

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪