HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2014年7月16日 配信

【女ゴコロ】Vol.96「家庭の事情」

 

◆◇…‥女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.96:2014.7.16)‥…◆◇

 

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

・女ゴコロを学ぶ Vol.96

「家庭の事情」

 

・新着・お勧め情報

■7/22 埼玉限定「女性視点のものづくりセミナー」あと5名

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

◆◇━ 女ゴコロを学ぶ Vol.96 ━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

 

「家庭の事情」

 

─────────────────────────────────

 

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。

 

紆余曲折あったわが家のリフォームも先日ようやく1ケ月点検が終わりました。

(実際は3か月経ってるんですけどね…)

 

そこで衝撃の告白がありました。

 

ず~っと、担当してくれていた女性が

“家庭の事情”で今月いっぱいで退職するとのこと…。

 

この仕事が大好きなので

いま辞めちゃったらもったいないから

仕事と家庭、なんとか両立しようと頑張っていましたが

とうとう自分一人のがんばりでは立ち行かなくなってしまいましたと…。

これ以上、両立を望もうとすると両方にも迷惑をかけてしまうと…。

 

一番最初に対応してくれた女性も

ほどなく妊娠がわかり、30代半ば

もともとあまり身体が丈夫でないということもあり昨年末で退職していました。

住宅業界はハードな仕事です。

両立はできないと判断したのでしょう。

 

寂しいですね…。

 

施主と施工会社という関係でありながら

一生懸命でいて、まだまだ荒削りな彼女を見守り

成長のお手伝いをしているつもりでいましたから。

 

深くは事情を聞きませんでしたが

 

「じゃあ、落ち着いたら戻ってくるんでしょ!待ってるから。」

 

と伝えると

 

「はい。会社がそれを許してくれるなら。」

 

という返事が返ってきました。

 

「許すも何も、あなたが会社にとって必要な人材なら

大歓迎なんじゃない?!

私の元部下で新卒採用されてから2度、退職&復職している子がいるわ。

今は、辞めてた間に他の会社や学校で身につけたスキルを活かして

会社の貴重な戦力になっている。」

 

 

女性の活躍推進を考えるとき

私は直線的なキャリア形成や画一的な勤務体系では立ち行かないと思っています。

 

多様な働き方や多様なキャリア形成について理解が広がらないまま

女性管理職の数だけ増やそうとしても

相反する現実の狭間で苦しみ、傷つく人が増えるだけじゃないかと心配をしています。

 

育児休暇や介護休暇、時短勤務にフレックス、在宅ワーク

それでも立ち行かなければ、一時休職、退職…。

 

そして復帰、復職(正社員として!)。

 

ライフステージにあわせて柔軟に働き方を変える。

 

働き方を変えたこと、勤務した時間ががその人の評価に影響するのではなく

その人の能力、成果を評価する。

 

そんな柔軟さと評価の仕組みがなければ

少子化に歯止めをかけ、子育てと女性活躍推進(女性管理職比率の向上)の

両立は厳しいのではないかなと思うのです。

 

 

8年前、私自身が新卒採用し、手塩にかけて育てた優秀な女性が

結婚と同時にご主人の仕事の関係で地方に移り住むため退職しました。

 

本当に優秀な人材だったので当時は残念だなと思いましたが

 

いつか地元に貢献する仕事がしたいと夢を持ち続けながら

3人の子どもの子育てに奮闘する彼女の姿を見ていると

 

私はとても希望を感じるのです。

 

彼女が仕事に本格的に復帰するときが来たならば

きっといい仕事をするに違いない。

 

家事と育児と仕事に奮闘し

うれしいことも、たいへんなことも味わったその体験が

きっと大きな価値を生み出すのだと。

 

そんな彼女が大きな羽を広げて

思う存分仕事ができる、そんな世の中であってほしいと心から思います。

 

 

 

ご意見、ご感想はフェイスブックにいただき

皆さんとシェアさせていただけるとうれしいです!

もちろんすべてにお返事します!

 

 

▼フェイスブックページ『木田理恵と女性視点について話そう!』▼    

http://www.facebook.com/onnagokoro

 

 

 

◆◇━ 新着・お勧め情報 ━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

 

■7/22 埼玉限定「女性視点のものづくりセミナー」あと5名です!

 

─────────────────────────────────

 

埼玉県の女性主体の商品開発支援事業の一環でセミナーをさせていただきます。

女性向けの商品開発・マーケティングに取り組みたい方、また、そのための

女性プロジェクトを立ち上げたい方に最適のセミナーです。

 

受講を希望される方は下記までお問い合わせください。

 

<テーマ>「お客様目線のものづくり」

~女性を活かし、新商品・サービスを生むためのコツ~

 

<講 師>  女ゴコロマーケティング研究所 所長 木田理恵

 

<日 時>  平成26年7月22日(火) 午後1時30分~4時30分

 

<会 場>  With You さいたま セミナー室5

 

<料 金>  無料

 

<参加資格> 埼玉県内事業者(すでに募集のあった一次申込者優先となります)

 

<お申込先> 株式会社キャラウィット

TEL 045-227-6307   E-mail info@carawit.co.jp

 

 

▽ 詳細はコチラ

http://www.pref.saitama.lg.jp/page/syouhinnkaihatutousemina-.html

 

 

 

━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

先週から10日間ばかりの間にセミナー講師の仕事が相次いでいました。

どれも“女性視点マーケティング”や“女性活躍推進”に関わる話なので

根っこは共通するのだけれど、業種は宿泊施設、住宅、リフォーム、美容室

自動車と多岐に渡り、受講される方々の性別、年齢層、職種、価値観、背景

も様々。短期間で頭をリセットし、注入、放出の繰り返し、ON、OFFの頻繁

な切り替えが必要となり頭と心のよいトレーニングとなりました。

私の場合、与えられた台本通りに話すのが大の苦手で、「心からそう思う」

「そう願う」という状態に持っていかないと口から言葉が出ないように

なっていて、結果的に同じようなレジュメの内容になっていたとしても

毎回毎回、リセットして、感じて、考えて、心から思うことを口に出すと

いう繰り返しをしています。なので、多業種を短期間でセミナーすると

なると結構な鍛錬が必要で、また、話す時に自分の集中力とエネルギーを

最大出力にしようと思うと、ONとOFF、自分をコントロールすことも大事。

うまく山をそのセミナーの開始直前持っていかないと、波に乗り切れない

なんてことも…。お蔭様で今月前半のセミナーはすべて無事終了し、来週

からの後半戦に気持ちよく備えられそうです!        木田

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽購読変更・配信の停止を希望される方は…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/

 

▽このメルマガのバックナンバーは…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/backnumber/

───────────────────────────────────

■発行責任■

株式会社女ゴコロマーケティング研究所 所長 木田 理恵

http://www.onnagokoro.com/

〒541-0046 大阪市中央区平野町2-2-12

TEL: 06-7178-0525

☆このメルマガに関する感想・お問合せは info@onnagokoro.comまで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【女ゴコロ】Vol.95「女性視点のホテル」

【女ゴコロ】Vol.97「女性比率90%の飲食店」

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪