HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2014年3月28日 配信

【女ゴコロ】Vol.88「捨てる罪悪感」

 

◆◇…‥女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.88:2014.3.28)‥…◆◇

 

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

・女ゴコロを学ぶ Vol.88

「捨てる罪悪感」

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

◆◇━ 女ゴコロを学ぶ Vol.88 ━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

 

「捨てる罪悪感」

 

─────────────────────────────────

 

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。

 

いよいよ引っ越し日が決まりました!

えっ? まだ引っ越してなかったの?とよくツッコミをいただくのですが…(笑)。

 

なにせ、親との同居を始める前に家財道具の一切合財を処分した身としては

独立して新たに居を構え生活を始めるためには

ほ~んとにたくさんのモノを買わなくてはなりません…。

 

で、仕事の合間を縫って準備をしていたらこんな時期になっちゃいました。

 

リフォームが完成して、やれやれと思うのも束の間。

家電、家具、インテリア、食器、キッチン・バス・トイレ雑貨、タオル… etc。

 

あまりに買うものが多くて途方に暮れるといいますか

楽しむどころか、期限までに任務を果たさなくては!という気分であります。

 

いちいち細かくこだわっていては前に進まないのは承知の上だけど

 

やっぱり一度買ったら5年、10年と使うのだから

納得いくものを、間違いがなかったと思うものを買いたいと思うのは当然。

 

それが例え安価なモノでも…。

 

「いいじゃない。そんなの安いものなんだから。

落ち着いて、気に入らなかったらまた買いかえれば…。」

 

そんな風に言われ、一瞬少しは気が楽になるものの

 

「買いかえるってことはさ、まだ使えるのに捨てるってこと?

まだ使えるのに、簡単にゴミにしちゃうってこと?」

 

“断舎離”という言葉が流行り

 

片づけのコツは

仕舞ってあったものを数秒見つめて心がときめくかどうかで判断。

 

ときめかないものは全部捨てる。

もったいないとか、いつかは使うかもというように迷わないこと

と熱弁する片づけアドバイザーの方の言葉を聞いた時

 

なるほどなぁ…。

と思いつつ、何だか違和感を覚えた。

 

試しにやってみた。

なるほど、クローゼットの中は少しすっきりした気はするけれど

 

でも、なんだか心が痛む…。

使って、使って、使い込んで

そのモノの寿命をまっとうさせたとは言えないものを捨て

ゴミを増やし、環境を痛めつける行為を私は簡単にしてしまっているのだなと。

 

消費の大半は買い替え需要。

 

ということは、何かを買う時に必ず何かを捨てている。

 

売る側は、ただ新しい商品の高性能・低価格やトレンドを謳うのではなく

まっとうな消費者なら誰でも大なり小なり持っている

買うために捨てるという行為への罪悪感をしっかりと受け止め

アプローチすべきではなかろうか。

 

先日、あるネットショップからタオルを一式購入した。

 

数日後、届けた商品に不備はなかったかというメールの文章と共に

 

 

当店で、お買い上げ頂きましたタオルがご不要になられた際に、

当店にタオルを返送頂きましたら、地域の福祉施設・障害施設・ケアタウン

など様々な施設で再利用(リユース)して頂いております。

皆様からの善意が、これらの施設で笑顔を作っています。

是非、タオルがご不要になられた際にはご協力頂ければ幸いです。

 

 

というメッセージが添えられていた。

 

ここでしか絶対に買えないという商品ではないけれど

これからもここで買おうと心に誓った。

 

 

ご意見、ご感想はフェイスブックにいただき

皆さんとシェアさせていただけるとうれしいです!

もちろんすべてにお返事します!

 

 

▼フェイスブックページ『木田理恵と女性視点について話そう!』▼    

http://www.facebook.com/onnagokoro

 

 

 

 

━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

先日、保育園に息子を迎えに行ったら、ちょうど先生が子供たちに

「もったいないおばけ」の物語を読み聞かせていました。まだ使えるものを

何でもポイポイくずかごに捨てる女の子、しまいにはくずかごからにゅぅと

手が出てきて、おばけだぁっ!!と、子どもたちにもったいないという気持ち

を伝える絵本です。傍らで聞きながら子どもたちに「もったいない」を説く

私たち大人はどれほどのもったいない暮らしをしているのかと自問します。

本当の豊かさとは安易に買って、安易に捨てることではなく、自分にとって

本当に必要なものを見つけ、長く、愛して、使い切ること。

自身の仕事を通して、消費を煽る片棒を担ぐのではなく、そんなお手伝いが

したいと切に思うのでした。                木田

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽購読変更・配信の停止を希望される方は…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/

 

▽このメルマガのバックナンバーは…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/backnumber/

───────────────────────────────────

■発行責任■

株式会社女ゴコロマーケティング研究所 所長 木田 理恵

http://www.onnagokoro.com/

〒541-0046 大阪市中央区平野町2-2-12

TEL: 06-7178-0525

☆このメルマガに関する感想・お問合せは info@onnagokoro.comまで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【女ゴコロ】Vol.87「バイリンガル」

【女ゴコロ】Vol.89「営業電話は誰のため?」

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪