HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2014年1月29日 配信

【女ゴコロ】Vol.84「女性は"花"が好き?」

 

◆◇…‥女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.84:2014.1.29)‥…◆◇

 

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

・女ゴコロを学ぶ Vol.84

「女性は“花”が好き?」

 

・新着・お勧め情報

「2/13“フラワーバレンタイン”トークショーのご案内」

青山フラワーマーケット × 女ゴコロマーケティング研究所

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

◆◇━ 女ゴコロを学ぶ Vol.84 ━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

 

「女性は“花”が好き?」

 

─────────────────────────────────

 

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。

あと、2週間と少しでバレンタインデーですね!

 

デパ地下などでは、世界各国から選りすぐりの芸術的なチョコレートが

店頭を賑わせています。

 

ところで2月14日のバレンタインデー

女性から男性に愛の告白という意味を込めてチョコを贈る習慣は

日本のチョコレートメーカーが仕掛けたプロモーションが発端だったと

いうのはあまりにも有名な話ですが、

 

世界的には「男性から女性に花を贈る日」として

根付いているということをご存知でしたか?

 

なんて素敵な文化なんでしょう!

 

こういう習慣が日本にも根付けば、

愛情を表現することの下手な日本男児でも行動を起こせそうです。

行動が変われば、意識が変わる。

 

いずれフラワーバレンタインデーというきっかけに頼らなくても

ちょっとした気遣いや愛の表現の一つとして花を贈る習慣ができる。

 

日本中に美しく温かな愛が溢れ

女性も男性ももっとハッピーになる!

 

ああ、すいません、、、

ついつい妄想が暴走してしまいました(笑)。

 

そもそも、花にそんなパワーがあるのか?

女性はみんな花が好きなのか?

 

 

答えはYESです。

 

女性は

 

「花が好き」

「花が好きと言っている私が好き」

「花が好きと言っている私を愛おしそうな目で彼から見られている私が好き」

 

純粋に花の美しさ、愛らしさ、華やかさが好きという感情が強いのはもちろん

ですが、花は、女性を美しく、愛らしく、華やかに魅せるベストアイテムでも

あるのです。

 

自分で買うのもいいですが

花はやっぱり贈られるのがうれしいですよね。

 

皆さんは、花を贈るときどのように花を選んでいますか?

 

 

贈る相手が持っている雰囲気をイメージしたり、好きな色を想像したり

旅立ちには門出を祝って華やかな…

元気になって欲しいなという気持ちを込めてビタミンカラー…

おしゃれなあの人には季節感を先取りして個性的に…

 

時に誕生花や花言葉に思いを寄せて…

 

 

贈られた本人も、いただいた花を見ながらこう想像します。

 

「どうしてこの花を私に選んでくれたのかしら?」

「わたしにこんな印象を持っているのね…」

「私がこの花、この色が好きってことどうしてわかったのかしら?」

 

 

そうです。

花を贈るって、

その人が選んでくれたプロセスがとっても感じやすい行為なんです。

 

“女性は結果よりもプロセスを大切にする”といいますが

 

「私のために一生懸命考えて花を選んでくれた」というプロセスが

本来持っている花の美しさをさらに輝かせ

強い印象となって脳裏に焼き付きます。

 

そういっちゃうと何だか花贈りのハードルが高いように感じるかも

知れませんが、大丈夫です。

 

 

照れ屋で、不器用で、花なんて柄にもないと思っていたあの人が

店に入るだけでも勇気がいっただろうに

がんばって私のために花を選んでくれたというプロセスが大事なんです。

 

しつこいようですが、結果よりプロセス…。

 

大きさや金額ではありません。

是非、今年のバレンタインデーにはチャレンジしてみてください!

 

 

 

ご意見、ご感想はフェイスブックにいただき

皆さんとシェアさせていただけるとうれしいです!

もちろんすべてにお返事します!

 

 

▼フェイスブックページ『木田理恵と女性視点について話そう!』▼    

http://www.facebook.com/onnagokoro

 

 

 

◆◇━ 新着・お勧め情報 ━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

 

「2/13“フラワーバレンタイン”トークショーのご案内」

 

青山フラワーマーケット × 女ゴコロマーケティング研究所

社長:井上英明氏      所長:木田理恵

 

─────────────────────────────────

 

日常生活の中に気軽に花を取り入れる…。

日本にカジュアルフラワーという文化を創り出したといっても過言ではない

あの青山フラワーマーケットを経営する株式会社パーク・コーポレーションの

井上社長とトークショーをすることになりました!

 

女ゴコロをギュッとつかむ青山フラワーマーケットは

いつも注目していたブランドなのでほんとうにワクワクしています。

 

先着25名、しかも無料ですので

興味のある方は急いでお申し込みください!!

 

 

無料トークショー

「伝えるチカラ ~花から始まるコミュニケーション~」

※詳細はコチラ(直接PDFファイルが開きます)

http://onnagokoro.com/shared/images/onnagokoro/top/event_140213.pdf

 

日時:2月13日(木) 19:00~20:00

 

場所:赤坂BizタワーB1 エスプレッサメンテ イリー

お申し込み・お問い合わせ先

 

「伝えるチカラ」フラワーバレンタイン応援 無料トークショー事務局

E-mail :  fv-seminar@keynes-a.com

 

 

青山フラワーマーケットとは…

 

2000年にリーズナブルなプライスでカジュアルに花を提供する

青山フラワーマーケットの多店舗展開におけるフラッグシップ・ストア

開発を実施。私たちは、冷蔵ケースを取り外し、3分以内で顧客が

“買おう”と意志決定できる展示システムを提案し、アイデンティティ

から、ユニフォーム、サイン、パッケージに至るまでデザインを開発

しました。また分かりやすい価格帯で、リビングやキッチンに飾る花を

ブーケで提案する “ライフスタイル・ブーケ” を開発ししました。

この新しいモデルは冠婚葬祭のような特別な用途だけでなく、日常的に

花を購入することを促進しました。現在では、渋谷駅構内の1店舗のみ

で、年間4億円を売り上げるほどの人気。2009年度は69店で48億円の

売上を上げています。

 

 

━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

昨夜、素敵なイベントに参加してきた。完全放牧野生牛を食す会。食肉を

加工・販売する新保吉伸さんという方が主催している“肉Meets”と

いう取り組みの一環なのだが、生産者、加工・販売者、シェフ、お客様が

参加し、その食肉が育った背景や苦労、どのような特長があって、どんな

工夫をして加工し、調理したのか、その本人から直接話を聞きながら共に

食すのだ。そんな風に食べる料理はとても絶品で、ただ美味しい、お腹が

いっぱいになるというだけでなく、感謝というか、一体感というか、心が

あたたかく満たされた最高の気分だった。なにより印象的だったのは、

生産者の笑顔。私たちは普段食べているもののほとんどの生産者の顔を

知らない。その生産者も消費者が誰とどんな風に、どんな顔をして自分が

育てたものを食べているのかを知らない。もっともっと、互いが知ろうと

したならば、知る機会、共に時間を共有する時間を得られたならば、

食の安心・安全の問題はきっと良い方向に向かうのだろうなと考えさせら

れる夜だった。                 木田

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽購読変更・配信の停止を希望される方は…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/

 

▽このメルマガのバックナンバーは…▽

☆コチラから ⇒  http://www.onnagokoro.com/mailmag/backnumber/

───────────────────────────────────

■発行責任■

株式会社女ゴコロマーケティング研究所 所長 木田 理恵

http://www.onnagokoro.com/

〒541-0046 大阪市中央区平野町2-2-12

TEL: 06-7178-0525

☆このメルマガに関する感想・お問合せは info@onnagokoro.comまで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【女ゴコロ】Vol.83「衣食住・育+仕事」

【女ゴコロ】Vol.85「この"コ"」

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪