HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2013年7月10日 配信

【女ゴコロ】Vol.71「売り込みの果てにあるもの」

 

◆◇…‥女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.71:2013.7.10)‥…◆◇

 

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

・女ゴコロを学ぶ Vol.71

「売り込みの果てにあるもの」

 

・新着・お勧め情報

【1】女性が幸せになるお店づくり研究ワークショップのお知らせ

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

◆◇━ 女ゴコロを学ぶ Vol.71 ━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

 

「売り込みの果てにあるもの」

 

─────────────────────────────────

 

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。

 

今、実家のマンションでは空前のリフォーム流行りです。

築28年、そりぁ、あちこちガタがきているはずです。

 

木田家もつい3か月ほどまえにキッチンをリフォームしました。

この際だからと壁床も新品に…。

 

当然ご近所さんには音とか振動のこととかご迷惑をかけるので

うちの母がご挨拶に行くといったところ、業者さんから、

 

「ご本人が行かれるといろいろあるので

私たちが代わりに行きます。最近はどこもそうされています。」

 

と言われたそうだ。

 

確かに集合住宅はいろんな方が住んでらっしゃるけど、

近所づきあいがないこともないし自治会だってちゃんとある。

いざというときのためにも、ちゃんと本人が行って話をした方がいいと思うのに

業者がそれを止めるなんておかしな話だなあと、その時は聞き流していました。

 

ところが先日、実家に帰ると母がプンプン怒っていました。

 

何があったのか聞くと

 

2フロア上の、しかも横の並びでいうと6軒も離れた家が

今度リフォームをするといって案の定、業者が挨拶に来たのだそうです。

 

 

「今度、○○○号室で工事をさせていだきます。ご迷惑をおかけしますが

よろしくお願いいたします」

 

と挨拶をし、

その方は、なにやらたくさんものを詰め込んだロゴ入りの大きな紙バックを

母に手渡しました。

 

母は、こんなに離れたうちの家まで挨拶に来られるなんて

なんて律儀な、ちゃんとした会社なんだろう。

おまけにこんな手土産までもって…、と思い

 

丁寧に丁寧にお礼と労いの言葉を掛けたそうです。

 

 

そして、家に入り中を開けてみると

でるわでるわ…、その会社の広告が!

 

会社案内や施工事例集、お客様の声を集めた冊子にチラシ…。そして…

 

それだけ。

 

せめて、粗品のタオルの一枚でも入っていたら別なんでしょうけど、

いえ、別にモノをくれとは言ってません。モノに困ってはいませんから…。

気持ちです。気持ち…。気持ちの問題です。

 

当然、マンションの自治会ではリフォーム工事のため出入りしている業者に

他の家への営業行為を一切禁止しています。

 

今回は、工事でご迷惑をかける近隣へのご挨拶を業者が行うということを

悪用しての立派な営業活動。

 

ルールを無視しているということより、

施工主の気持ち、近隣に住む人の気持ちを完全に踏みにじっている行為。

 

どこの施工主が、迷惑をかけるかもしれない近隣の方に挨拶とかこつけて

業者に営業活動をしてほしいと思っているでしょう…。

 

こんな風に人の気持ちを悪用する会社には絶対リフォームを頼まない。

一事が万事、そんな社風の会社に決まっている。

私たち家族の頭に強烈にインプットされました。

 

情報も選択肢もあり余るほどある時代。

 

お客様の気持ちや、お客様との関係性を全く無視した

強引で手前勝手な売り込みは効果がないどころか会社に致命的なダメージを与える。

 

旧態依然とした会社には早くそれに気づいてもらいたいと思います。

やってもやっても結果が出ない。

いいお客様が集まってこない…。

これでは、社員のモチベーションも下がり悪循環です。

 

うちの会社は大丈夫?

 

いえ、誰だって一生懸命売りたいと思ったら陥りやすいことです。

 

一度、会社側からの視点や論理を横に置いて

自分がもし同じ立場のお客様だったらどう感じるだろう?何を考えるだろうと

考えてみることが必要ですね。

 

 

 

 

ご意見、ご感想はフェイスブックにいただき

皆さんとシェアさせていただけるとうれしいです!

もちろんすべてにお返事します!

 

 

▼フェイスブックページ『木田理恵と女性視点について話そう!』▼    

http://www.facebook.com/onnagokoro

 

 

 

◆◇━ 新着・お勧め情報 ━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

 

「女性が幸せになるお店づくり研究ワークショップのお知らせ」

 

─────────────────────────────────

 

7月21日に北九州市で「女性が幸せになるお店づくり」というテーマで

講演をさせていただきます!

 

主催のJKDT女性建築デザインチーム スター代表の籠田淳子さんは、 

女性社員が各自の事情に応じて働けるようワークシェアリングを取り入れるなど、

女性経営者ならではの働き方の導入や女性視点をデザインや設計に生かした

まちづくりプロジェクト、女性の活躍の場を創造してきた業績などを認められ

2013年6月28日、内閣府「女性のチャレンジ賞」(男女共同参画担当大臣賞)を受賞されました。

 

全国、どこからでも参加可能です。

当日はワールドカフェも開催!ぜひ、会場でお会いしましょう!

 

日時:7月21日(日)12:30~16:00

第一部 12:30~14:00 木田 理恵 講演

第二部 14:00~16:00 ワールドカフェ

セミナー詳細、

 

 

場所:北九州市男女共同参画センター ムーブ5階

 

参加費:2,000円

 

定員:50名

 

  

申し込み方法:お申込み用紙をFAXしていただくか、以下までメールをお送りください。

 

 

■FAXの場合

 

<お申込み用紙> http://www.zmken.co.jp/wp-content/uploads/2013/07/JKDT1.pdf

<FAX番号>  093-531-1000

 

■メールの場合

 

<メールアドレス>info@zmken.co.jp 

<宛名> JKDT女性建築デザインチーム 有限会社ゼムケンサービス

<件名>「女性が幸せになるお店づくり研究」参加希望

<記載内容>お名前、ご住所、電話番号、E-mail

 

■お問い合わせ先

TEL093-931-1000 E-mail:info@zmken.co.jp(担当:上野/安藤)

 

 

━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

最近、ポストによく子どものサッカークラブから、新規部員募集の広告が

入っています。子どももあと3か月で5歳になるので考えてもいいかなぁと

思い、一番気軽に入れそうなクラブの体験会に参加してみようと思いました。

チラシの情報だけでは不安なので、ネットの書き込みや、そのクラブのHP、

facebookなど覗いてみてとっても気になることが…。というのが、クラブの

子どもや親たちにむけて“スカウトキャンペーン”なるものをやっていて、

クラブの新規部員一人スカウトで1000円、二人で2000円、3人で3000円の

お金をあげるので、みんな頑張って部員をスカウトしよう!というもの。

子ども相手のクラブなのに何だか嫌な感じ…。インセンティブにお金…。

ということは、スカウトする人、子どもの動機はお金欲しさだということ。

良いクラブだったら、自然と人に紹介したくなるものを、自ら、当クラブは

お金というインセンティブをつけないと、部員ですらクチコミや紹介は

してくれないのですと言っているようなものではないか…。真相を確かめ

たくて、体験会の問い合わせ電話をしてみた。案の定だった…。まだ、

体験する前だというのに強引なアピール、営業に辟易としてしまって、

その場で退散。たぶん一生、このクラブに子どもを入れることはないし、

知人に聞かれたら「やめといたほうがいいよ」とクチコミするだろうな。木田

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽購読変更・配信の停止を希望される方は…▽

☆コチラから ⇒ http://www.onnagokoro.com/mailmag/

 

▽このメルマガのバックナンバーは…▽

☆コチラから ⇒ http://www.onnagokoro.com/mailmag/backnumber/

───────────────────────────────────

■発行責任■

株式会社女ゴコロマーケティング研究所 所長 木田 理恵

http://www.onnagokoro.com/

〒541-0046 大阪市中央区平野町2-2-12

TEL: 06-7178-0525

☆このメルマガに関する感想・お問合せは info@onnagokoro.comまで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【女ゴコロ】Vol.70「正しいことをしたければ偉くなれ?」

【女ゴコロ】Vol.72「女性のニーズがあふれている」

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪