HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2013年2月21日 配信

【女ゴコロ】Vol.63「土足で入ってこないで!」

◆◇…‥女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.63:2013.2.21)‥…◇◆

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・女ゴコロを学ぶ Vol.63
「土足で入ってこないで!」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆◇━ 女ゴコロを学ぶ Vol.63 ━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

「土足で入ってこないで!」
─────────────────────────────────

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。

平日に激しく出張に出ているせいもあり、ここ数ヶ月、
土日はゆっくり息子と家でお留守番生活をしています。

普段できない分、子どもとスキンシップを図っていっしょに遊んだり
手づくりのおやつづくりやちょっと手の込んだ夕食づくり
溜め込んだ家事を子どもの相手をしながらちゃっちゃと片付けたり

そんな時に限って邪魔をしてくれるのが…

そうです。あれですあれ。

営業電話。


大抵は、もうっ!今、手が離せないのに!!一体なに?!という時にかかってくる。


ママっ!ママっ!続き読んで!行かないでっ!という子どもの手を振り払ったり
ハンバーグのミンチをこねてた手を大急ぎで洗って濡れた手を拭く暇もなくだったり
アイロン掛けの途中で子どもに、絶対さわっちゃダメだから!火傷するからね!と
叫びながらっだたり…。


とにかく、大変な努力をして慌てて電話の前にたどり着くのです。


なぜそうまでして慌てて出るかというと、家に電話をかけてくるくらいだから
電話の主はなんか大切な…、今しか電話でしか伝えられない用があるんだろうと
もしかするとそれは身内の大事な忘れ物とか、事故とか、不幸とかを知らせる
一刻を争う事態なんじゃないかと推測するから…。

コミュニケーションのカタチはここ数年で大きく変わりました。

今や携帯は1人一台。そして、伝達手段のほとんどはメールです。
今その時、絶対に口頭で伝えなければならないこと以外はほとんどメールです。

その理由の一つに私は、相手への思いやりがあると思うのです。

私は今、大丈夫だけど、ひょっとして相手は今、都合が悪いかもしれない。
今でなくてもいい話は、相手が都合のいい時に開いて見れるメールにしとこう。

私のワーキングマザー友達は、お互い忙しいのをわかっていて
近況報告のやりとりのメールにさえ、こう付け加えます。

「忙しいと思うから返信はいいよ(*^^*)」

もちろん返信はしますが、その気遣いに涙が出そうになる時があります。


なのに、あの営業電話ったら…。


一方的に、感情のない機械のように
相手の都合も感情も言葉も一切無視して
商品のセールストークを繰り広げる傍若無人ぶり。


最初はやんわり断り続けるも、相手が話をやめそうにもないので
半ば、けんか腰に無理やり電話を切る。

後に残るのはただただ、不快感と怒りと怒ってしまった自分への嫌悪感…。
横で大事な時間を中断されて、不機嫌になりギャァギャァと喚くわが子…。

セールスされた商品を買わないばかりか
そんな利己主義で人の心を持たない会社が大嫌いになる出来事。


いい加減にやめませんか?
お客様の大切な時間と心に土足で入って喚き散らすのは…。


いやいや、うちはそんな営業電話していないし…。

でもね。これって店頭やショウルームでも同じことだと思うのです。

お客様が商品を見たいと足を運んでいるのに
ろくに見させもせず、ろくに話も聞かず、ただただ自分の都合で
お客様を捕まえては自分の話したいセールストークを一方的に話す。

これも立派な土足営業。

商品を連呼し、喚き散らせば売れる時代は終わりました。
売れるどころか、相手の心や都合を考えない行動はますます嫌われます。
モノやサービスは溢れているから嫌われ者からわざわざ買わなければ
ならない理由はありません。

コミュニケーションの手段が多様になり、便利になった時代には
ますますそれを使う側にモラルや人としての心
それを使いこなすスキルが問われているのではないかと思います。


ご意見、ご感想はフェイスブックにいただき
皆さんとシェアさせていただけるとうれしいです!
もちろんすべてにお返事します!


▼フェイスブックページ『木田理恵と女性視点について話そう!』▼    
http://www.facebook.com/onnagokoro


━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バレンタインデーに4歳のうちの息子が始めて、女の子からプレゼントを
もらってきた。相手の女の子の名前はあいりちゃん。「ゆうとくんなぁ、
あいりちゃんはユウギくんにあげるんやと思っててんけど…。」
4歳にしてもう三角関係??とびっくりしながら、あいりちゃんに貰ったという
ミニカーとお手紙を見せてもらった。「へぇ~、一生懸命書いてくれたんだねぇ」
と言いながら、ほとんど字の体裁をなしていないその絵をよーく見てみると、
そこにはママに手伝ってもらったであろうひらがなで“だいき”と書いてあった。
おおっ?第三の男出現?三角関係じゃなくて四角…?あいりちゃんってば!!
毎朝、毎晩、あいりちゃんにもらったミニカーを肌身離さず手に持って、口に
くわえるくらい大事にしているわが息子に対して、やっぱりこれは黙っておいた
ほうがいいよね…。と心を痛める毎日(笑)。でも、最近、少しずつひらがなを
読めるようになってきた息子はもしかして“だいき”という名前を読めていて
気づかない振りをしているのだろうか…。だとしたら切ない…。
なんて想像しながら、私は男の子の母を楽しんでいるのでありました。
男の子の母っておもしろい!!!         木田

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【女ゴコロ】Vol.62「不からの大逆転」

【女ゴコロ】Vol.64「映画館に行くということ」

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪