HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2011年11月 9日 配信

【女ゴコロ】Vol.36 「トミカに学ぶ子どもとママのつかみ方」

◆◇…‥女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.36:2011.11.9)‥…◇◆

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・女ゴコロを学ぶ Vol.36
「トミカに学ぶ子どもとママのつかみ方」
・新着・お勧め情報
満員御礼!
「女性マーケター養成講座」 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆◇━ 女ゴコロを学ぶ Vol.36 ━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

「トミカに学ぶ子どもとママのつかみ方」
─────────────────────────────────

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。
今日は「トミカに学ぶ子どもとママのつかみ方」についてお話ししたいと思います。

思えば、個人的に好きか嫌いかは別として、
クルマの内装デザインからグッズの企画、ディーラーイベント、女性市場開拓と
社会人になってからず~っとクルマに関する仕事に多くかかわってきました。

しかし、今ほどクルマを身近に感じ、メーカーや車種名を連呼する毎日を
過ごしていることはありません。

その原因は、先月3歳になったばかりの息子。

そう、ご他聞にもれず、うちの子もトミカが大好きな男の子なのです…。

「ママ~!絵本読んで~!」

と持ってくるのは、必ずと言っていいほどトミカ図鑑。

母としては、もっと情操教育によさそうな絵本を読み聞かせたいのだけれど、
好きなんだから、仕方がありません…。

しかも、どのページを開いてもただただ、いろんなトミカがズラリと
並んでいるだけの写真のいったいどこを読めというのか?


そう、彼がして欲しいのは、
「これは?これ。」
と指差すクルマの名前をただ読み上げてほしい、それだけなのです。
(一体それのどこが楽しいのか…)


言われるがまま読んでるうちに、やがておもしろいことに気づきました。
載っているクルマは、かっこいいスポーツカーやレスキューカーばかりではありません。

佐川急便や山崎パン、アルソックなど、企業の運搬車がそのままトミカに
なっているではありませんか。

大人の私から見ると正直かっこよくない(ゴメンなさい!)、売れそうにもない。
なのにどうして?

これ、小さな頃からトミカに慣れ親しんできた男性には当たり前のことかもしれませんが、
女姉妹に囲まれて育ってきた、私のような女性にはとっても新鮮な気づきだったのです。


毎日毎日、クルマを指差しながら、
佐川急便や山崎パン、アルソックと連呼させられ、

CMでそのロゴを見つけては、子どもが「佐川急便!」「アルソック!」と叫び、
外を歩けば、トラックを見つけて「あっ、山崎パン!」


いつもテレビをつければCMが流れ、
いつも外を歩けば企業のブランドロゴがついた車が走り、
私たちは情報の洪水の中で見ているようで見ず、聞いているようで聞いていない。

ところが、子どもを通して見る、聞く機会が増えることで途端に
埋もれていた情報が見えるようになり、聞こえるようになる、
なんだかその会社のことが気になって、親近感さえ覚えてしまう。

それどころか、今の私は意識もしていなかった企業名を毎日連呼している。

これってすごいことではないですか?


そういえば、まだあります。

うちの息子は、おいしいものを食べると「i'm lovin' it」といい
私がパソコンで調べものをはじめるとインテルのマークを指差し「パン、パパパ、パーン♪」
といいます。

マクドナルドに行ったことのない息子は、CMのイメージと音だけから
「おいしい=i'm lovin' it=Mのマーク」を連想し

パソコンやCPUが何かなど全く知りもしないのに
「ママが触って音や絵が飛び出す四角い箱=パン、パパパ、パーン♪=インテルのマーク」

を連想し、それを母に伝えるのです。

そして母の頭の中では、「おいしい=マクドナルド」「パソコン=インテル」という
イメージが自然と出来上がっていくのがわかります。



理屈ではなく、直感なんですね。


昔から、ファミリーを捉えたければブランドロゴや名称、音を子どもが言いやすいものにと
いわれてきましたが、子どもを持つ母となって初めて、その威力に気づかされたのでした。


皆さんは、子どもが親しみ、そのブランド名やブランドを想起させる言葉を口にしたくなる。
そんな工夫や取り組みをしていますか?





▼木田理恵の『女ゴコロブログ』更新中!▼
http://www.resco-f.com/onnagokoro/blog/




◆◇━ 新着・お勧め情報 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

満員御礼!
「女性マーケター養成講座」 
─────────────────────────────────

11月10・11日開催!
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
┃ 
┃ 女性社員をたった2日間で
┃ 企業に貢献するマーケターに育成!

┃ 「女性マーケター養成講座」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お陰様で、満席となりました。
女性マーケター養成講座は明日からです。

どんな楽しい学びの時間になるか、今からワクワクです!


⇒ http://www.resco-f.com/onnagokoro/course/




━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ちなみに、うちにはベネッセのキャラクター「しまじろう」のトミカもあり
ます。「しまじろう」のクルマって街を走ってたっけ??
絵本売って、ミニカー売って、イベント入場料とって、スポンサー料とっても
尚、人を引き付け続けるトミカ。その魅力もすごいけど、そのシステムも
すごいなと感心します。女性の私には、どれも同じに見えるミニカーに夢中に
なっている息子、いや男の子達。どうして彼らはタイヤのついた四角い箱の
小さな小さな差異を見つけて夢中になり、コレクションしたくなるのか?
ある日、twitterでつぶやいたら、「それは男のロマンだから」とある男性が
こたえてくれました。「やっぱり、ようわからん!」
どなたか、トミカにはまる男性心理を私に教えてくれませんか?(笑) 木田

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【女ゴコロ】Vol.35「女ゴコロをつかむサービスの正体」

【女ゴコロ】Vol.37 「子どもとママ、ふたりのハートをつかむキーワード」

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪