HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2011年8月10日 配信

【女ゴコロ】Vol.29「プロなら商品を楽しむ達人であれ!」

◆◇…‥女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.29:2011.08.10)‥…◇◆
 

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・女ゴコロを学ぶ Vol.29
「プロなら商品を楽しむ達人であれ!」
・新着・お勧め情報
10月7日「女性マーケット獲得の極意 セミナー」開催決定!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆◇━ 女ゴコロを学ぶ Vol.29 ━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

「プロなら商品を楽しむ達人であれ!」
─────────────────────────────────

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。
今日は「プロなら商品を楽しむ達人であれ!」についてお話ししたいと思います。


以前、ファミリーや女性向けのラインナップが豊富なある自動車ディーラーで
“女性のお客様のココロをつかむために何をするか”
というテーマで販売スタッフの方達とディスカッションさせていただきました。


パパが主に運転するファミリーカーも、ママ(女性)の意見が影で影響することが多く
女性攻略は必須なのです。

車のスペックや商品知識に乏しく、また興味関心のない女性客に
従来のスペック重視や競合車種比較の商品説明をしていても
ココロをつかむことはできません。

自分がこの車に乗ったら、自分がこんな風に見えて、こんなに便利になって、
こんなところに行くのもス~イ、スイ! 毎日が楽しい!楽チン!家族もハッピー!
なんてのをイメージしてもらったらきっと、女性客のココロをグッとつかみ、
“買いたいスイッチ”をONにできるんじゃないかというところまで話がまとまりました。


では、具体的に何をしようかという話になり、
まず近隣の女性ドライバーが車で行くところ(利用シーン)を洗い出すことに…。


そうなるとパタリと意見が出なくなってしまいました。
参加者の2/3は男性なので仕方ないかなとは思いつつ、
皆さんの奥さんや彼女、女友達、女性の同僚、部下の話から推測してもらって
いいのですよと投げかけました。

返ってきた答えは、


「休みが家族と合わないので、休日に家族で車で出掛けるなんてことありません」

「毎日、仕事で帰るのが遅く妻とそんな話をしたことがないのです」

「この辺で流行ってる車で行けるランチのお店?いつもコンビニ弁当だしな…」

「インターネットで調べる?社内のパソコンはネットにつなげるのが禁止だし…」

「車で行くデートスポット?女性が喜びそうなところはわからないな…?」


皆さん、とってもまじめに仕事に打ち込む販売スタッフです。
でも、私達の想像以上に車のある生活を楽しんでいなかったし、
普段からアンテナも張っていなかった。


私達はよくライフスタイルの提案や生活シーンの提案という言葉を口にします。
商業施設のコンセプトにもよくこの言葉が使われます。

その提案の立場において、お客様との接点となる人が生活を楽しんでいなければ、
少なくとも、自分が売る商品・サービスのある生活を楽しんでいなければ、
お客様に提案できるはずがないのです。

商品説明マニュアルや販売マニュアルをつくって知識を詰め込むよりも

その商品・サービスをとにかく使って楽しんで、どんな風に感じたか
何がよかったかをスタッフ同士で共有する体験をさせたほうが
販売につながる接客ができるようになると思うのです。


スタッフの方にも

「仕事だからやる」「言われたことをただきちんとやる」という発想から
折角、この商品と関わったのだから、プライベートでもとことん楽しもう!
という意識が必要だし、

経営者や管理職の方も

「遊ぶな!まじめにただひたすら効率よく売れ!」という発想から抜け出さないと
いけないと思うのです。


ものを並べただけで売れない時代だからこそ考えたいですね!



▼木田理恵の『女ゴコロブログ』更新中!▼
http://www.resco-f.com/onnagokoro/blog/




◆◇━ 新着・お勧め情報 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

10月7日「女性マーケット獲得の極意 セミナー」開催決定!
─────────────────────────────────

女性向けの商品・サービス開発担当者さまに特におすすめのセミナーです。
マーケティングに関わる方から、女性プロジェクトを任された管理職の皆様、
特に男性は目からウロコが落ちること間違いなし!


オトコ目線では失敗する!
「女性マーケット獲得の極意 セミナー」
~男が分からなかった女性の購買心理~


【概要】
1.女性を知る:女性のインサイトと買い物行動

・女性のマーケットに対する影響力
・男女の買い物価値観の3つの違い
・女性のライフコースと買い物価値観

2.女性のココロをつかむ:女性のココロをつかむツボ・ポイントと事例解説

・女ゴコロの買い物スイッチを押す8つのキーワード
・女ゴコロに響くコミュニケーション4つのキーワード

3.事例から学ぶ:女ゴコロをつかんだ最近のヒット商品から学ぶ

4.女性の声を活かす:企業に必要な女性視点マーケティング推進のポイント

・女ゴコロをつかめるマーケターになるために【男性編・女性編】
・今、求められる共創型企業とは?


【開催日時】2011年10月7日(金) 13:00~17:00

【場  所】青学会館(東京都渋谷区)

【料  金】38,000円+消費税1,900円 …合計39,900円


詳細・お申し込みはこちら

⇒ http://www.marken.co.jp/marken_seminar/2011/10/post_333.shtml


━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

池袋のサンシャインシティの屋上にある「サンシャイン水族館」が32年ぶりに
リニューアルしました。海に潜るのも、水族館で魚を見るのも大好きな私。
東京に住んでいたころに1度行ったことがありますが結構好きな水族館でした。
とってもコンパクトで、飼育されている数もダイナミックな演出も少ないのですが
なんだかよいのです。魚がほんわかくつろいでて、まったり過ごしている感が…。
サンシャイン水族館といえば、構造的に制約がある分、見せ方や企画展示で
おもしろくお魚を見せてくれるのがオハコですが、そこに「人間のエゴ」というか
「身勝手さ」がないのです。都内の某水族館にあるような、殺風景な狭い水槽に
カクレクマノミ(ニモ)を数百匹入れちゃうようなことはしないのです。
(クマノミさんは家族でイソギンチャクと共生して、ヒラヒラの中から出たり
隠れたりするのがかわいいし、一番安心して過ごせるはずなのです…)
何が言いたいかというと「そこに愛はあるのか?!」ということ。
そこに愛があるのか、ないのかは行ってみたら肌で感じとれます。誰だって。
愛のない場所には人は集まってきません。居心地悪いしね…。
リニューアルしたサンシャイン水族館、早く見てみたいけど、ちょっと恐い。
どうかその愛は変わらぬ形で継承していてね!          木田

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【女ゴコロ】Vol.28「お金の切れ目が縁の切れ目?優良顧客施策」

【女ゴコロ】Vol.30「心に残る別れ際の一言」

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪