HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2011年3月17日 配信

【女ゴコロ】Vol.20「愛と勇気と元気を!」

◆◇…‥女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.20:2011.03.17)‥…◇◆
 

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・女ゴコロを学ぶ Vol.20
「愛と勇気と元気を!」
・新着・お勧め情報
【1】前回のメルマガへの反響
【2】お困りのことはないですか?
【3】MCEI大阪支部定例会での講演が決定しました!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆◇━ 女ゴコロを学ぶ Vol.20 ━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

「愛と勇気と元気を!」
─────────────────────────────────

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。


まずはじめに、2011年3月11日に発生いたしました東北地方太平洋沖地震の
被害にあわれた方、ご家族、関係者の皆様には心よりお見舞い申し上げます。
そして、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

あれから、繰り返しテレビで流れる悲しい光景を見ながら、こういう時、
西日本にいて被害にあわなかった自分はどうあるべきか、ずっと考えています。

被災された方々の安否や痛み、悲しみ、不安を思い、胸が潰れそうになりながら、
一方で、自分が同じように悲しんでいていいのかと、頭の中で何かが鳴っています。


本当に、本当に悲しいことだけど、

私たちは、復興しなくてはいけない!
私たちは、未来に希望を持たなくてはいけない!

被災地で苦しむ人や子どもたちのために…。


だから、悲しみにくれるのはやめよう。
だから、いつものように元気に明るく過ごそう。
だから、自分に今できることを一生懸命しよう。

と考えました。

1.節電をする(関西から電力供給できないのが本当にもどかしいですが…)
2.義援金をおくる
3.ボランティアをする
4.不安を煽ったり、伝播するような言動は慎む
5.今の仕事を通して、少しでも人の役に立つことをする

 

被災を免れた私たちが西日本にいてできることは、
これからの復興の道のりをみんなで支えるということだと思います。
そのためには、普通に生活し、消費し、いつもよりも仕事をがんばる!

(これ以上、経済の低迷に加担しない!)

ヘコんでたら、人の役に立つことなんてできません!
西日本から、愛と勇気と元気を!

 


▼木田理恵の『女ゴコロブログ』更新中!▼
http://www.resco-f.com/onnagokoro/blog/


ツイッターでもつぶやき中 ⇒ http://twitter.com/kida_rie

 


◆◇━ 新着・お勧め情報 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

【1】前回のメルマガへの反響
─────────────────────────────────


前回のメルマガ“【女ゴコロ】Vol.19「毎日を丁寧に生きたい女の願望」”
多数の反響をいただきました!
ありがとうございます。

その一部を許可を得て、ご紹介させていただきます。


▼前回のメルマガはこちらから
http://www.resco-f.com/mailmag/backnumber/2011/03/vol19.html


………………………………………………

株式会社アップルワールドの内之宮様より

今回のメルマガはかなり刺さりました。
男性と女性の価値に対する考え方の違い。私も仕事人間ですので、
会社が大きくなって有名になって世界に羽ばたいて欲しいと思います。
金銭で価値を判断し、お金が無い(もしくは支払いなど取り扱いが悪い)
企業とは付き合わない。男社会はその通りです。
妻は、もちろん給料も大切ですが、毎晩早くに帰って来ることを望みます。
娘と毎日必ず話をして欲しいと思っています。
私は逆に娘が寝てしまっている時間に帰る(残業する)ことの方が価値がある
と勝手に思っているのかもしれません。(昨晩も寝顔での対面となりました。)
私の部下は女性だけです。こういうお話を聞くと、よく仕事が出来るからと
お金でその人に見返りを与えるのではなく、もっと大事なこと、もっと先に
やらないとならないこと、そういうことがあるのではないかなと考えます。
昇給させたら辞めちゃった、というのはよく理解できます。
風通しのいい、仕事がしやすい環境を作っていくことが大切なのではないかなと。
今日はひなまつり、早く帰ります。


………………………………………………

医療機器会社にお勤めの堀川様より

いつも含蓄に富んだメルマガを楽しく拝読しております。
今回の編集後記面白かったです。
家電店って大体男性志向ですよね。性能と理論・・・。
男性だって性能に詳しい、マニアックな人はそんなに多くないです。
むしろこのテレビを買えば生活がこんなに変わる、便利というトークの方が面白いはず。
DVDなら、同時録画が3番組OKとか、
スイッチを入れてからのタイムラグがなくパッと映る(我が家のは数秒かかります)
PCやスマホと同様にショッピングが可能など・・・・
利用者目線の売り場やトークになってないのですね。

ぜひ木田さんの目線で女性にわかる家電店をつくってください。
よろしくお願いします。
5月のMCEIにはぜひ参加いたしたいと思います。

 

 

♪ご感想ありがとうございました!

内之宮様のような管理職の方が増えると、男性も女性も幸せにキャリアを
築いていける世の中にきっと近づいていくと思います。

堀川様、応援ありがとうございます!私の知人の男性は、男だから家電に
詳しいと思われてしまうことをプレッシャーに感じ、「実はわからないと
いえない」と言います。男性の本音も是非、もっと聞いてみたいです!


女ゴコロマーケティング研究所では、皆様から寄せられた声を積極的に
ご紹介していきたいと思います。
ご意見、ご感想をお待ちしております! 

 


【2】お困りのことはないですか?
─────────────────────────────────

レスコフォーメイションでは、ショッピングセンターや小売店の接客、
サービス、売場づくりの研修業務を行っています。

●販売スタッフの士気を高めたい
●防災や万一の時のお客様対応、誘導を再徹底したい
●お客様に安心してお買い物を楽しんでいただきたい
●お客様をとにかく元気にしたい


レスコフォーメイションが会社としてできること。
それは、商業を営む人と、買い物をするお客様、双方が笑顔でハッピーに
なれるお手伝いをすることです。

もし、お困りのことがあれば、ご一報ください。

<TEL  >  06-6952-8155
<E-mail>  info@onnagokoro.com
<HPより>  /inquiry/

 


【3】MCEI大阪支部定例会での講演が決定しました!
─────────────────────────────────

MCEIという組織をご存知ですか?
MCEIは、マーケティングを学ぶ国内及び海外の人々を支援する事業を行い、
広く門戸を開放し、生涯学習教育に寄与し、人々の豊かな暮らしを実現すること
を目的とする組織です。
スイスのジュネーブに国際本部があり、世界各地の支部がマーケティングを
通じて交流しています。
その大阪支部の定例会にて、女ゴコロマーケティングのお話をさせていただく
こととなりました。

会員外のスポット参加もOKということですので、是非、お越しください。


<講演予定>

日 時 : 5月12日(木)17:00~
テーマ : 女性に共感されるマーケティングとは?(仮題)   
講 師 : 女ゴコロマーケティング研究所 所長 木田 理恵
会 場 : トッパンフォームズ


毎月、すばらしい方々が講演をされ、
会員企業間での、情報共有や共同マーケティングの取組みも盛んです。
ご興味のある方は、こちらのホームページをご覧ください。


▼MCEI大阪支部
http://www.mcei-osk.gr.jp/

 

━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お仕事をさせていただいていた、七田チャイルドアカデミー様のメルマガに
とても感動する記事が掲載されていましたので、転載させていただきます。
=====
こうちゃんママの友人からこんなメールが送られてきました。
「避難所でおじいさんがこれからどうなるんだろうと漏らした時、
横にいた高校生くらいの男の子が大丈夫!大人になったら僕らが絶対元に
戻します!って背中をさすって言っていたらしい。
大丈夫!未来あるよ!!」
=====
思わず、涙がでてきました。
私たち、大人が塞ぎこんでちゃいけない!愛と勇気と元気を!      木田

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

【女ゴコロ】Vol.19「毎日を丁寧に生きたい女の願望」

【女ゴコロ】Vol.21「今、小売業ができることを考えよう」

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪