HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2011年3月 2日 配信

【女ゴコロ】Vol.19「毎日を丁寧に生きたい女の願望」

◆◇…‥女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.19:2011.03.02)‥…◇◆
 

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・女ゴコロを学ぶ Vol.19
「毎日を丁寧に生きたい女の願望」
・新着・お勧め情報
【1】MCEI大阪支部定例会での講演が決定しました!
【2】大阪インターナショナルギフトショー講演締め切り間近!
【3】今週のブログより

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆◇━ 女ゴコロを学ぶ Vol.19 ━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

「毎日を丁寧に生きたい女の願望」
─────────────────────────────────

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。
今日は「毎日を丁寧に生きたい女の願望」についてお話ししたいと思います。

一ヶ月前に入社した新入社員と話をしていた時のこと。

「最近の私の癒しは家事なんです。毎日のお弁当や夕食づくりに部屋の掃除…、
今までできてなかったけど、やってみると、毎日を丁寧に生きているって感じで
何だか、癒されるんです…。」

なるほどね~、何だか分かる。と思いながら、
今から10年前にあった、会社の同僚(男性)との会話を思い出しました。

 

同僚「木田くん、君はこの会社で仕事をしているけど、3年後、どうなって
いたい?」

私 「そうね~、私は、朝の通勤途中、道端に咲く花を見てきれいだなと思い、
夜、星空を見てきれいだなと思い、朝昼晩3度の食事をあ~、おいしい
と心から思って、眠りにつく。そんな生活をしていたいな。」

同僚「えっ?! そんなちっぽけなことを考えているの?」

私 「どうして? 私にとっては切実な願望なんだけど…。
じゃあ、あなたはどうなってたいの?」

同僚「僕は、この会社の売上を今の3倍にして、新聞に載るような大きな仕事
がしたい。」

今、思い出しても笑ってしまう。
私と同僚の会話がここまで噛み合っていないとは!
まさに、女ゴコロと男ゴコロの象徴的サンプル。(永久保存しておきたい…)


私が、道端の花を愛で、ご飯がおいしいと思える毎日を過ごしたいと答えた理由、

それは…、

忙しい毎日の中でも、小さな幸せを見つける心の余裕を持ちたいと思ったから。
3度のご飯がおいしいと思えるよう、心身ともに充実した生活を送りたかったから。

そのためには、仕事もやりがいがあって、自己成長していて、プライベートも充実。
誰かから大事に思われているという実感のある幸せな状態を手に入れている。

そんなイメージがあってのことだったのです。


毎日、忙しくて、自己成長も実感できない。肩を落として3食コンビニ弁当では、
道端の花にも気づかないし、ご飯もおいしい!って思えないですもの…。
(当時の私はそうだったのでしょう…)


そんな話に全く共感できない同僚(男性)に対して思った私の当時の正直な感想。

それは…、

------------------------------

会社の売上が3倍になって、あなたの仕事が新聞に載ったところで、
それであなたは、幸せになれるのですか…?

------------------------------


そりゃ、全く論点が違うよ。

と思う方々も多いと思います(確かに…!)。

しかし、似たような話をよく企業で耳にするのです。


「会社の中で、仕事のできる女性に昇給の話を持ちかけたら辞められた。」

「事業拡大の話をしてモチベーションを上げとようとしたら、
“それで私たちは幸せになれるのですか?何だか不安です”と言われた。」


男性管理職や経営者の立場になると、がっかりしてしまう出来事ですが、

女性の特性を知れば、対策の打ちようもあるのです。


事業拡大や昇給、昇格(≒結果重視)よりも、

自己充実や、自分やまわりの人たちとの幸せな関係性構築。
仕事を頑張ることによって得られる、私と周りの人たちの幸せ。
(≒プロセス重視)

 

向かっている方向は同じでも、やる気の火のつけ方は違う。


皆さんの会社やお店ではいかがでしょうか?

 


▼木田理恵の『女ゴコロブログ』更新中!▼
http://www.resco-f.com/onnagokoro/blog/


ツイッターでもつぶやき中 ⇒ http://twitter.com/kida_rie

 


◆◇━ 新着・お勧め情報 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

【1】MCEI大阪支部定例会での講演が決定しました!
─────────────────────────────────

MCEIという組織をご存知ですか?
MCEIは、マーケティングを学ぶ国内及び海外の人々を支援する事業を行い、
広く門戸を開放し、生涯学習教育に寄与し、人々の豊かな暮らしを実現すること
を目的とする組織です。
スイスのジュネーブに国際本部があり、世界各地の支部がマーケティングを
通じて交流しています。
その大阪支部の定例会にて、女ゴコロマーケティングのお話をさせていただく
こととなりました。

会員外のスポット参加もOKということですので、是非、お越しください。


<講演予定>

日 時 : 5月12日(木)17:00~
テーマ : 女性に共感されるマーケティングとは?(仮題)   
講 師 : 女ゴコロマーケティング研究所 所長 木田 理恵
会 場 : トッパンフォームズ


毎月、すばらしい方々が講演をされ、
会員企業間での、情報共有や共同マーケティングの取組みも盛んです。
ご興味のある方は、こちらのホームページをご覧ください。


▼MCEI大阪支部
http://www.mcei-osk.gr.jp/

 


【2】大阪インターナショナルギフトショー講演締め切り間近!
─────────────────────────────────

3月10日(木)11:00~12:30(マイドームおおさか)
大阪インターナショナルギフトショー内にて、女ゴコロマーケティングの
講演を行います。
事前申し込み締め切り間近です。
まだ、講演は聞いたことがないという方は是非、ご参加ください。


<セミナー内容>

消費意欲の旺盛な女性のハートをゲットせよ!
「男女の買い物価値観と女性マーケット開拓」

<講師>  木田 理恵 
株式会社レスコフォーメイション 
女ゴコロマーケティング研究所 所長

<日時>  3月10日(木)11:00~12:30

<場所>  マイドームおおさか 2F

<費用>  事前申込:3,500円(当日申込:4,000円)


▼お申し込みはコチラから
http://www.giftshow.co.jp/osakagiftshow/45oigsinvitation/seminar.htm

 


【3】今週のブログより
─────────────────────────────────


▼部長白江の研修日記▼

久々のスタッフブログ更新です…。
西へ東へ、販売スタッフ研修に全国を飛び回る白江の感動体験。
ロイヤルカスタマーって育てられるの?

http://www.resco-f.com/staffblog/

 


━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、我が家のテレビを地デジ化するために、家電量販店に行きました。
リビングのテレビは、早くから地デジ対応だったのですが、母と妹の部屋の
テレビがまだということで、女ゴコロリサーチのために同行したのです。
ブルーレイ対応とか、HD(ハードディスク)内蔵だとか一応説明を受ける
ものの、明らかに母と妹は上の空…。私のつたない解説に耳を傾け、なんと
10分後に、テレビ2台、DVDレコーダー1台の合計18万円お買い上げ。
まるで、スーパーで大根でも買うように、「じゃあ、これで」ってな感じで。
「え~!そんなに早く決めていいの?」と聞く私に、「だって、どうせ、
聞いたってわかんないんだもん。ごちゃごちゃ説明聞くのめんどうくさいし、
早く終わらせたい。第一、どれ買ってもいまどきそんなに変わんないんで
しょ。」とのたまう妹。確かにそうかもしれないけれど…。
折角の買い物だもの。本当はもっと楽しく、ワクワクして、納得して買い
たいはず。そんな女ゴコロを満たす家電量販店をつくりたい!
そんなマーケティング魂がメラメラと湧いてきたのでした。      木田

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【女ゴコロ】Vol.18「友チョコを贈る女性の心理」

【女ゴコロ】Vol.20「愛と勇気と元気を!」

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪