HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2011年2月14日 配信

【女ゴコロ】Vol.18「友チョコを贈る女性の心理」

◆◇…‥女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.18:2011.02.14)‥…◇◆
 

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・女ゴコロを学ぶ Vol.18
「友チョコを贈る女性の心理」
・新着・お勧め情報
大阪インターナショナルギフトショーでの講演決定!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆◇━ 女ゴコロを学ぶ Vol.18 ━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

「友チョコを贈る女性の心理」
─────────────────────────────────

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。
今日は「友チョコを贈る女性の心理」についてお話ししたいと思います。

2月14日はバレンタイン!
皆さんは、いくつチョコをもらいましたか?

バレンタインといえば、女性から思いを寄せる男性にチョコをプレゼントする
というのが一般的ですが、最近では、「友チョコ」という習慣が定着化し、
女性から女性へチョコをプレゼントする人が増えているようです。

数年前、仕事で知り合った女性は、

「この忙しいのに、娘の友チョコ作りを手伝わないといけないので、
この週末は大変なんです!」

とこぼしていました。

聞くと、学校でクラスの女子に手作りの「友チョコ」を贈りあうのが流行って
いるらしく、20個、30個と大量の手作りチョコを作る手伝いを、その母親が
しなければならないとのこと。

イマドキの子どもは携帯電話の普及もあって、
「み~んな繋がってるよね! 友達だよね!」という確認の意味もあって、
このような現象が起こっているのだろうかと思いつつ、

バレンタインで母と娘が一緒に手作りでお菓子を作るなんて、
いいコミュニケーションになっていいかもと思ってはいたのですが…、


江崎グリコが行った10~20代の女性に対する最近の調査によると

「今年チョコをあげる予定の相手」はという問いに対して、

回答の1位は「女友達」で71.5%。

彼氏(34.3%)、男友達(25.8%)を大きく引き離す結果となり、
特に中高生では、9割以上が「女友達にあげる」と回答したそうです。

10代の女子が「友チョコ」ブームを牽引し、社会人にまで広がりを見せている
ことが見て取れますね。

ではなぜ、「友チョコ」が普及したのか?

理由をいくつか考えてみました。


1.コミュニケーション手段としてのプチギフト


お中元やお歳暮などといった儀礼的なフォーマルギフトが低迷する中、バレンタイン
に限らず、親しい人や大切な人に日頃の付き合いやコミュニケーションの一環として
贈るプライベートギフトやカジュアルギフト、単価の低いプチギフトなどの需要は
急速に伸びています。

好きな人にチョコを贈るイベントに乗じて、

「あなたに好意をもっていますよ」
「これからもよろしくね!」

と、洒落っ気をこめて気軽に女友達や同僚にチョコを贈る。しかも、1つ数百円からの
予算で“甘くて、幸せな気分”を贈れるバレンタインデーは、人との関係性を重視する
女性にはもってこいのイベントだといえるでしょう。

 

2.コト(手作り)を楽しむイベントとしてのバレンタイン


友チョコの王道は“手作り”です。インターネットで「友チョコ」の画像検索を
かけるとでるわ、でるわ、手作りチョコの画像が!
「友チョコ&友スイーツ」という手作りレシピの本まで出版されています。
母と娘でチョコ作りに励む家庭もあれば、「デコチョコ」作りに励む女性もいます。

チョコはお菓子作り初心者でも簡単に手作りできるし、デコレーションも自由自在。

おいしいブランドチョコを買って、味わう楽しみもありだけど、
チョコのデザインやパッケージをあれこれ考え、材料を買い、キッチンでチョコ作り
そんな過程も楽しみたいのであれば、断然、手作りです。

バレンタインをモノを買うだけでなく、コトを楽しむイベントとして、
味わいつくす。

そんな女性の前向きな消費が感じ取れますね。

 

日本では年間のチョコ消費量の2割を占めるというバレンタインデー。
チョコを贈る習慣は、製菓業界が販売促進目的のために仕掛けたのが始まりという
のは、あまりにも有名な話ですが、

これほど定着し、普及したのは、ただ売るための販促ではなく

多くの人の心を“ワクワク、ドキドキ”させ、
人と人とのコミュニケーションや、愛、感謝の気持ちをカタチにするといった
普遍のテーマがあってこそだと思います。


他の業界でも、是非参考にしたいものですね!

 

ちなみに、私は、「ご褒美チョコ派」

↓ ↓ ↓

▼木田理恵の『女ゴコロブログ』更新中!▼
http://www.resco-f.com/onnagokoro/blog/


ツイッターでもつぶやき中 ⇒ http://twitter.com/kida_rie

 


◆◇━ 新着・お勧め情報 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

大阪インターナショナルギフトショーでの講演決定!
─────────────────────────────────

3月10日(木)11:00~12:30(マイドームおおさか)
大阪インターナショナルギフトショー内にて、女ゴコロマーケティングの
講演が決定しました! 

まだ、講演は聞いたことがないという方は是非、ご参加ください。


<セミナー内容>

消費意欲の旺盛な女性のハートをゲットせよ!
「男女の買い物価値観と女性マーケット開拓」


モノが売れないのは不況のせい…。安いものしか売れない…。
本当にそうでしょうか?
ライフタイルや価値観が多様化する中、メーカーや小売店が消費を牽引し、
よいと思う商品を扱っているだけでは、モノは売れなくなりました。
消費財のブランド決定権の8割を女性が握っている今、女ゴコロをしっかりと掴み、
商品の企画・設計や販売を行っていくためには、何をすべきなのか?
男女の買い物価値観の違いにスポットを当て、具体的な事例を織り交ぜながら、
お話をいたします。商品開発に関わる方から、販売、サービスに関わる人まで、
今後、ますます活発化する女性マーケットを開拓したい方、必見のセミナーです。


<講師>  木田 理恵 
株式会社レスコフォーメイション 
女ゴコロマーケティング研究所 所長

<日時>  3月10日(木)11:00~12:30

<場所>  マイドームおおさか 2F

<費用>  事前申込:3,500円(当日申込:4,000円)


▼お申し込みはコチラから
http://www.giftshow.co.jp/osakagiftshow/45oigsinvitation/seminar.htm

 

━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日の大阪は、先週の金曜日に引き続き、雪やこんこです。ホワイトクリ
スマスならぬ、ホワイトバレンタインデーですね!しっかりと事前に、自分
用にと“ご褒美チョコ”を買い込み、会社の後輩からは“友チョコ?”を貰
い、う~ん、充実したバレンタインだぁといい気分に浸っていたら、あっ、
肝心の男性陣にプレゼントするチョコを買い忘れていたのに、さっき気付き
ました…。どうしよう…。この雪じゃあ、買いに行くのも大変!
まぁ、甘いもの好きじゃないしね。ビールとつまみで晩酌といきましょうか。
トホホホホ。                                    木田

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【女ゴコロ】Vol.17「空間認知の男、平面認知の女」

【女ゴコロ】Vol.19「毎日を丁寧に生きたい女の願望」

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪