HOME > メールマガジン > バックナンバー

女ゴコロをつかむメルマガ講座

2010年10月27日 配信

【女ゴコロ】Vol.11「ワーキングマザーとイクメン」

◆◇…‥女ゴコロをつかむメルマガ講座 ☆(Vol.11:2010.10.27)‥…◇◆
 

━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・女ゴコロを学ぶ Vol.11
「ワーキングマザーとイクメン」
・新着・お勧め情報
【1】サイトがプチリニューアル
【2】今週のブログより

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆◇━ 女ゴコロを学ぶ Vol.11 ━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

「ワーキングマザーとイクメン」
─────────────────────────────────

こんにちは!女ゴコロマーケティング研究所の木田です。
今日は「ワーキングマザーとイクメン」についてお話ししたいと思います。

仕事を持ち、働きながら子育てをする母親のことをワーキングマザーといいます。
ではイクメンとは?

育児に積極的に参加するメンズ(父親)、略してイクメン。
育児に参加する父親は“カッコいい”“イケている”というイメージを普及
させようと“イケメン”を思わせる言葉が定着したとかしないとか‥‥。


確かにタレントの杉浦太陽とか、つるの剛士、照英などはイクメンとしての
要素が女性にウケて人気が出ましたよね。

第4子の誕生にあたり人気絶頂期に芸能活動を2ヶ月間育休したのは“つるの剛士”
最近では大阪の箕面市長が、男性職員の育休取得促進のために2週間育休を
取るとのことで大変話題になりました。


実際、2週間や2ヶ月育休を取ったところで何の問題解決になるのだろうと
育児経験者は思いますが、ただ、男性の育児参加が社会的に話題になり、
賛同者が増えるという意味においては、歓迎したい話題です。

さて、話をワーキングマザーに移すと、
女性の積極的な社会進出や企業の女性活用推進、景気後退による共働き家庭の
増加と年々、働きながら子育てをする女性は増えています。

仕事を続けながら子供を産むというのは自分で選んだ道とはいえ、
だから大変なのは当たり前という言葉では片付けられない茨の道です。
どちらか片方だけでも、完璧にこなすのは難しいもの。
それを2役、みな平等に与えられた時間でこなしていかないといけないのですから。

ワーキングマザーへの支援策の代表としては、0歳から母親に代わって日中の
保育をしてくれる保育所を増やす待機児童対策と企業の育児休業制度が上げられます。

が、まだまだ需要に供給が追いついていない状態。
(今年度、施設が足りず保育所へ入れない待機児童数は4万人といわれています)

また実際には、
子供が小学校に上がり帰宅時間が早くなって就業が続けられなくなる小学校進学の壁。
子供の学童保育がなくなり預け先がなく不安の大きくなる小学4年生の壁など、
産前産後1~2年をサポートすればいいという問題ではありません。

 

ここで制度をどうにかしろと議論するつもりはありません。
女性を庇護しろと声高に叫ぶつもりもありません。

 

マーケティング的に考えると、困りごとが山積しているワーキングマザーの周りには
いまだ解決されていないニーズが山積しているということをいいたいのです。


言葉は悪いかも知れませんが、売れないといわれているこの時代に
ワーキングマザーの周りには宝の山がごろごろと転がっている状態ではないでしょうか?


問題はそのことに企業も、そこで働く男性陣も驚くほど疎いということ。


仕事と育児の両立問題を当事者である女性だけの問題と捉えることなく、

男性も企業も自分ごととして捉え、関わっていくことで
これから広がっていくであろうマーケットのニーズがもっともっと見えてくる。

他人事では、真のニーズは見えてきません。


マーケティング目線、仕事の能力や企業の業績にプラスになるという目線においても
世の中の男性がもっと“イクメン”化していくことをお勧めしたいと思います。

 


▼木田理恵の『女ゴコロブログ』更新中!▼
http://www.resco-f.com/onnagokoro/blog/
ツイッターでもつぶやき中 ⇒ http://twitter.com/kida_rie

 


◆◇━ 新着・お勧め情報 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥…◇◆

【1】サイトがプチリニューアル
─────────────────────────────────

レスコフォーメイションが過去実施した公開セミナーをまとめてご覧いただけ
るようになりました!

■TOPページに「公開セミナー」の見出しを追加
http://www.resco-f.com/


■公開セミナー開催ページの追加
http://www.resco-f.com/lecture/

⇒レスコセミナールーム(貸し出し可能)のご案内も。


■過去の公開セミナーページの追加
http://www.resco-f.com/lecture/backnumber.html

⇒アンケートに寄せられた受講生の声もご覧いただけます。


今後も魅力ある公開セミナーを企画実施していきたいと思います。
ご意見、リクエストなどありましたら、どしどしお寄せ下さいませ!

☆ご意見はコチラから ⇒ info@onnagokoro.com


【2】今週のブログより
─────────────────────────────────


▼權野博のブログ▼

RESCOシャチョー權野博のブログ「寄り道、近道、散歩道」。
少しの間、お休みをいただいていましたが、10月から再開しています!!
人間味溢れるつぶやきが大好評!

☆コチラから ⇒ http://www.resco-f.com/blog/

 

━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近、ホテルや飲食店で“女子会”という言葉をよく聞きます。
女性ばかりのグループ客を歓迎し、割引をしたり、料理やおしゃべりを
存分に楽しんでもらおうと、貸切時間を延長したプランを打ち出したり‥‥。
内容的には、これまでレディースデイと銘打って打ち出していたものと
さほど違いがないように感じますが、なんだか“女子会”といわれると
女の子だけのワクワク感やヒミツめいた特別感、おしゃれな感じがして
くるのは不思議ですね。
少し前から“女子力アップ”という言葉が流行っていたことも手伝って
いるのでしょう。
この“女子会”外での飲食だけでなく、家飲みやホームパーティでも盛ん。
“女子会”をキーワードにいろんな業界で販促が考えられそうですね! 木田

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【女ゴコロ】Vol.10「モノを買う男、ヒトを買う女」

【女ゴコロ】Vol.12「ママゴコロと家電選び」

女ゴコロをつかむメルマガ講座!
  • 女ゴコロをつかむメルマガ講座!メールマガジン会員登録
  • 女ゴコロをつかむメールマガジン!バックナンバーを見る

女ゴコロマーケティング研究所 木田 理恵の女ゴコロブログ

公式Facebook♪