女ゴコロとメガネ

カテゴリー:

東京と大阪でのメガネ専門店様向け研修が無事終わりました。

老眼の始まる団塊ジュニア世代の女性に

どうやったらもっと遠近両用メガネを掛けてもらえるのか?

f328b9678d32660b2a032a8850f07135_m.jpg

女性のスマホ利用時間は男性の1.4倍。

男性より女性の方が目の不調、不安の意識が高いにもかかわらず

女性はメガネを掛けたがらない。

私もそうでした…。

若いころに散々

「女の子はメガネを外した方が可愛い」

なんて、メガネからコンタクトへ!と啓蒙されてきた世代ですから…。

ずっと見慣れてきた顔

メイクやヘアスタイル、洋服と一番、可愛い…きれい…に見えるよう

バランスよく見えるよう努力してきたのに…

そこへメガネのフレームがド~ンッ!!

これって似合ってるの? 私、おかしくない? 人からどう見えてる?

そりゃあ、抵抗感があって当然なのです。

メガネは

目の見え方をサポートするという「機能性」

私の見え方(容姿)を左右するという「ファッション性」

どちらも納得させないとなかなか売れない商品なのです。

難しい分、まだまだ可能性が広がっていると世界です。

これからのメガネ業界

これからのアラフィー世代の質のよい暮らしのために

できることがいっぱいあるなぁと手ごたえを感じた研修でした。

| コメント(0)

コメントする

公式Facebook♪