女の武器

カテゴリー:

先日、参加した病時保育のNPO法人ノーベル主催ワールドカフェ
「大阪を子育てと仕事を当たり前に両立できる街に」では
本当に多くの気づきと学びを得ることができました。

 

中でも印象的だったのが、
"子育てと仕事の両立のために必要なしくみ、しかけ、環境は?"
という問いに対し、皆で意見を出し合ったこと。

 

その中で、ある方が「単位時間当たりの成果で評価する企業が増えること」
と意見され、とても共感しました。

 

子育てと仕事の両立で一番ネックになるのが時間。

 

時短勤務になるから、残業ができないからと言って
その人本人の評価が下がってしまう企業は少なくありません。

 

ワーキングマザーが限られた時間で仕事をし、
人並み、あるいは人並み以上の対価(お給料)をもらおうと思えば、
単位時間当たりの成果を上げるしかありません。

 

しかし、どうやって?

 

実は、私、20代の時からずーっと考えていたんですよね。
当時から男も女もない、長時間労働が当たり前の仕事をしていたので、
自分の将来を考えた時、不安な気持ちが人一倍あったかも知れません。

 

いつか子供を産んで、男性と同じように長時間労働ができなくなったとき、
このままでは、お払い箱だ・・・。

 

男性と同じコトを、同じようにこなすだけでは、
そりゃあ、長時間、残業もいとわずできる男性の方が重宝する。
私が経営者だったとしてもそう思う。


 

智恵を使わなきゃ!

 

時間というハンデを跳ね返すくらい、自分にしかできないこと(価値)をつくらなきゃ!

 

子育ての時間を確保するために自分の働きやすい条件を会社に提示しても
「あなたにしかできないからお願い」と仕事を依頼される人材になりたい・・・。
短時間でも十分な給与をもらえるよう時間単価を今の2倍、3倍にしたい・・・。
 

その頃は、女としての幸せであるはずの結婚・出産・子育てが
キャリアの障害になるという考え方が主流だったんですよね・・・。

 

いろんな人に会って、話を聞いて
いろんなことにチャレンジして
動いて、あがいて見えてきたもの。


 

それは、女だからこそ経験できる人生の転機、ライフステージの変化を
キャリアにできる仕事をしようということ。

 

女を捨てて、男以上に働くのではなく
女の人生を謳歌しつつ、それをビジネスに活かして自分にしかできない成果を出す。

 

私が、女性視点のマーケティングに特化した仕事をしようと
決めたきっかけでした。

 

仕事とプライベート、好循環の始まりです。


 

お陰様で、今、3歳の子供を育てながら、
女として母としての体験を活かしていろいろな会社の女性マーケティングの
コンサルティングや研修を
ご指名でいただけるようになりました。

 

ここまでくるには本当にいろんな葛藤があったけど
これからももっと飛躍するためにいろいろあると思うけど

 

私は今、20代の頃に漠然と描いていた
幸せなキャリアを築いてきたのではないかと思います。

 

 

そして今度は、女性が幸せにキャリアを築くお手伝いがしたいと思っています。
私が強みとしてきた女性視点の考え方や、スキルをお伝えすることでお役に立てればと思います。

 

幸せにキャリアを積める女性が増え、そのお陰で企業が潤い、お客様が喜び、
社会ももっとよくなると信じて・・・。

 

それが、今まで私に関わって気づきや学びを促してくれた皆さんへの恩返しにもなるのではないかと。

 

 

女性ならではの才能を開花させ
最強のマーケティング力を身につける!


「女性マーケター養成講座」 6月7日、8日 in東京

| コメント(0)

コメントする

公式Facebook♪