2011年2月アーカイブ

カテゴリー: ,

バレンタインの季節がやってきました!

バレンタインといえば、女性から意中の男性にチョコレートを

プレゼントするのが慣わしですが、

この時期、活気づくチョコレート売場を見ていると食べたくなるんですよね!私も…!

いつもは、プレゼント用にプラス、自分へのご褒美チョコも買うんですが、

今年は、お仕事をさせていただいている“フェリシモ”さんから

“幸福のチョコレート”という素敵なカタログをいただいたので、そこから物色!

このカタログがとってもステキheart01

バイヤーさん、チョコ職人さんの思い入れや、

買いつけに行った際の旅日記をイラストや文章で綴っていたり、

何だか、自分も旅気分を味わいながら、ついつい感情移入をしてしまいます。

あれも食べたい!これも食べたい!と、 

あれこれ迷った挙句、4点まで絞りこんだのですが、

気がつくと、なっなんと、注文総額1万円を超えていました!!

2月6日(締め切りギリギリ)に注文し、手元に届くのは3月初旬のホワイトデー前。

聞くと、ほとんどが直輸入チョコで、注文を受けてから現地に発注し、

まとめて空輸されるので、日本ではなかなか味わえないチョコを手ごろな価格で

提供できるのだそう。

そんなこと聞いちゃうと、私のチョコが職人さんの手で丁寧に箱詰めされ、

遠いヨーロッパの国々から長旅を経てやってくるのだな~と想像しては、

チョコへの愛着が増すのでありました。

待っている時間も、なんだかほんわか幸せになれる…、

あぁ、まさにこれこそ、 “幸福のチョコレート” ではないですか!

 

とそんな話を、お仕事をさせていただいているマーケティング本部の方にお伝えすると、

早速、こんなお返事をいただきました。

 

==========

『幸福のチョコレート』をご注文(10,000円!)いただき、
本当にありがとうございます!
チョコたちを待つのがしあわせだと言ってくださったことを、担当者に
伝えると、猛烈喜んでいました。
お客さまにそんな風に思っていただけるのが、私たちにとって何よりです!
担当者は、「待たれるチョコの方がもっとしあわせだと思う」と、
 これまたしあわせそうでした^^

また余談ですが…
クリスマス直前にベルギーに遊びに行ったのですが(プライベートです)、
今回のカタログで初上陸してくださるショコラティエがある街に立ち寄る
スケジュールだったので、弊社のバイヤーに場所を聞いて突然訪問してきました。
もう大歓待!!
チョコラティエの父子二人が忙しいのに奥からわざわざ出てきてくれたり、
お店の全種類のチョコレートを詰めてくださったり
(!私は10ピースしか買ってないのだけど)、
日本での評判を聞いてくれて、送りだすのがすごく楽しみだああああ!
の、大騒ぎでした。

作り手も愛情いっぱいです。
こうしたことにかかわれるのがしあわせです。

申し込んでお待ちいただくお客さまあって!このしあわせの輪がつながると
また、新たに木田さまのメールをきっかけに再確認しました。
ありがとうございます!

==========

 

なんて、素敵なんでしょう!!!

「売れるためにはどうするか?」

といった小手先の話が多い世の中、

やっぱり私は、 「そこに愛があるのか?」 が一番大事だと思うのです。

作り手も、売り手も商品に対する愛があり

このおいしいチョコを一人でも多くの人に届けたいというお客様への愛にも溢れている。

そんな思いはお客様にも届き、幸せの輪を広げるのです。

“フェリシモ”さんの経営理念には

「ともにしあわせになるしあわせ」 という考え方があります。

私はこの経営理念が大好きです。

 

フェリシモ フードバイヤー“みり”さんのブログ

 

女性視点のコト・モノ・店づくり 「女ゴコロマーケティング研究所」

| コメント(0)

公式Facebook♪